2021年12月 3日 (金)

Old Photos

親愛なる熊崎へ
悪天候で退屈している君へ、以下の古い写真達を捧げる。

12031_20211203202901 Ka-6Eの羽布張り替え作業。技術的な資料は出て来て無いけど写真が数枚出てきた。
 スキャナーが見当たらないので、取りあえずカメラで撮影した。
 作業前に落書き。左端にリムーバを塗っている刷毛が少し映っている。。。バカだ。
12032_20211203202901  ネズミの巣が出てきて盛り上がる。
 若い・・・。




12033_20211203202901  仕上げ塗りの前に水研ぎだろうか?。全く記憶に無い。こんなことして良いのか?。やっぱりバカだ。
 羽布は化繊が入った?ヤツでどこから買ったか忘れた。ドープは昔は買えていた日特のヤツ。上塗りはガンでフタル酸系。
12034_20211203202901  こっちはW-19。搭乗が私で、向かって左から今は亡き丸山、髪の有る(笑)T教官、蓮佛さん?。
 丸山はこの後シマノに就職し、直ぐに亡くなってしまった。そして今、うちの長男がシマノに居る。これも運命か。
12035_20211203202901  何故こんなに背景が白い写真が?と思ったけど、高度計が1320m辺りでバリオも+なので、「雲に入っちゃうよ~!」的な写真かもしれん。
 本当に昔からバカだ。でも勢いは有ったな。

12036_20211203202901  こっちは真面目な仕事の写真で911のオルタネータ。
 このタイプはベアリング回りが分解しやすいけど大径ベアリングが少し特殊。そして何故かこの個体は、スリップリングがほとんど減って無いのに小径ベアリングがゴリゴリしていた。
12037_20211203202901  レギュレータは単体で試験。このタイプは接触不良のトラブルが起こりやすいので、私のヤツも3回ほど接触不良を起こした後で頭に来たから丸形端子のヤツに作り替えた。


12038_20211203202901  制御電圧は14.7V辺り。オルタネータのお尻でこの電圧なので、電圧降下とか有ってバッテリ端子電圧はもう少し低下する。
 でもこのくらいならヘッドライトを点けなければ14V以上は維持できるはず。

| | コメント (4)

2021年12月 2日 (木)

I cheated the inverter.

12021_20211202205401 オリジナルの0.01Ωを測定して見た。一応は4端子法だけど汎用のマルチメータだからなあ。。。




12022_20211202205401  うーん、正しいのかどうか解らん。






12023  注文していた0.005Ωが来たのでこちらも4端子法で測定。





12024  うーん、極小抵抗測定に特化した計測器を使うゾーンなんだろうな。それか1000mAくらいの定電流源を作って電圧降下を読むか。
 早く組立てたかったのでこれ以上の測定は止めた。

12025  フィルタ的な部分だけ0.01Ωを残して、その他は全部0.005Ωにした。これだとピーク電流30Aなので製品仕様をオーバーしてしまう。
 もう一台有るのでそっちは0.01Ωと0.005Ωの並列で22.5A狙いで行ってみよう。
12026  組み上げた。ネジも余らなかった(笑)。多分行けると思うけどDC400Vは何度やっても怖い。




12027  重たいだけの能無しの田淵のパワコンは放り投げる様に下ろして芋の横に放置。
 改造したIDECはエラーも吐かず順調に立ち上がった。浄化槽のポンプとか弱いヤツから試したら良さそう。
 本当なら純抵抗のホットプレートが良かったけど、出して来るのが面倒だったのでデロンギのエスプレッソメーカを繋いで見た。
 これは定格が1450Wとかなり凶暴なヤツ。オリジナルのIDECでは半分くらいの確率で落ちてしまうので使えなかった。でも今回は美味しいコーヒーが出来た。表示を見ていると0.7kWか0.8kWと出ている。と言う事は半分の感度に騙す改造は成功したと言うことだ。
 ハハハ、やったね。長期的には解らんけど取りあえず想像通りの動きで嬉しい。もう一台も改造して2連で行こう。よく考えたら強いのを1台よりも弱いのを2台の方が非常時には強いはず。片方が生き残る可能性が有るから。
 こういうのは面白いけどなかなか前に進まない。お金も時間もかかる。教科書が無いから仕方無い。でも教科書通りは面白くないから仕方無い(笑)。

| | コメント (2)

2021年11月30日 (火)

How is the current detected?

11301_20211201182601 故障した田淵のパワコン、連絡が無いので販売店に「どうなっとるんだ?」的なメールを出したら次の日に予定を確認する電話が来た。でもそれからまた全然連絡が無い。同じような話を別の所からも聞いてしまったので、もう私の中では田淵電機は無いのと同じ会社。本当に日本が劣化して無いか?、悲しいねえ。
11302_20211201182601  悲しんでいても電気は点かないので、古いIDECのパワコンを引っ張り出して来た。これは・・・と言うか日本の法律か自主規制の為に自立時は1.5kW制限が有る。それを適当に改造してしまおうという話。
 買電時は4.0kWまで行けるのだからパワー回路的には余裕があるはず、でも難しい事は解らない。そこで電流検出部をだまして感度を半分にしてしまい、結果的に自立時に1.5kWと思って居るけど実際には3.0kW出ている様にしてしまおうという訳。
11303  メチャシンプルな基板。電流検出的な部分を探して見ると左上と右下にそれっぽい部分が有る。セメント抵抗とフォトカプラ的な組合わせ。
 左上のフォトカプラ1個の方は回路ブロック的に直流入力部の電流検出と思われる。
 右下の抵抗が5個でフォトカプラ2個の方は交流の最後の方なのでここが出力電流の検出部で間違い無いだろう。その横に並んでいる抵抗は電圧検出だと思う。私も自分で考えた回路では同じ事をしたから。
 400V近い電圧を数Vまで分圧するには、同じ抵抗をずらーっ並べるのがプリミティブで解りやすい。しかも同じ抵抗なら温度変化に対しても同じ変化しかしないし、発熱の具合も同じ。バカっぽく見えるけど悪くないと思う。
11304  で、回路をスケッチしながら抵抗を外してみた。0.01Ωが5個使って有る。多分4個が電流検出用のシャント抵抗で、残りの1個がコンデンサと組み合わせて有るからフィルタ的な何か難しい事(笑)をしていると思う。
 考え方が正しければ、仲間はずれの1個は0.01Ωのままで残した方がよさそう。そして残りの4個の0.01Ωは半分の0.005Ωに交換。
 果たしてそんな抵抗が有るのか、有ったとしてもその辺のステンレス線でもU字に曲げて半田付けした方が良くないか?、とか色々考え中。

2021年12月02日 追記
 以前に1.5kW制限を考察したときに書いていたのに忘れて居ました。本機の4.0kWは200V出力時なので、パワー素子からの制限は100Vなら2.0kWになるはず。と言う事で電流検出抵抗を減らすとしても、半分の0.01Ωを0.005Ωにして、2.25kW狙いがカンジニアリングとしても正しい考え方と思います。
 こんな荒っぽい事をやるなら、安全率食い潰して3.0kWでも良いやと思うのも自由ですが、理屈の部分とやるかやらないかの部分は分けて考えないとダメですね。

| | コメント (2)

2021年11月29日 (月)

Solid-state DME Relay

11291_20211201180901 今までは基本的に改造元を送って貰い、ピン部分を流用して新しい基板に交換する「改造」方式を基本としていた。
 これは故障したDMEリレーを無駄にしないとか、予備で持って居た分を改造したりすればコストが少し安くなるしSDGs的にも悪く無い道だと思ったから。
 でも最近は互換品だけじゃ無くて純正品も構造を変えてきたりして、もう改造では対応できなくなってきた。そこで勿体ない話だけどこちらで手配した新品を解体し、そのピン部分を使った完成品だけを販売する方式だけにする事にした。
11292_20211201180901  結構悩んだけど、いくつか買い集めた中からしっかりしているけどそれほど高くなくて、今後も継続して売っている様なヤツを選んだ。
 回路的には一つ前のバージョンと基本的に一緒で、ポンプ側はFETを3並列、DME本体側は2個並列。
 3個並列は964の平ピンタイプでトラブル例があった為に強化した訳だけど、安全率が上がる方向なので930にも採用してみた。たぶん一部のポンプの消費電流が馬鹿でかいのだと思うけど、こちらでは把握出来ないから出来るだけ強化しておくしかない。
 放熱板用のパターンも準備して居たけど、10Aを流しても電圧降下が15mVとほとんど発熱が無い。そのために放熱板は930では無しにした。
 それよりもパターンの抵抗の方が気になったので、パターン上に銅線を半田付けして面積を増やしている。

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

Under the table

11262_20211126210101 6P-CDIのメカ的な部分が完成したので残りは電気的な部分。
 いつも交換するような部品はあらかじめ交換してしまい、あとは測定しながら問題がありそうなヤツを変えて居る。
 一気に全部を変えた方が良いような気がするけど、それだと原因が解らずにやって居る感が有ってトラブルに負けたような気がする。
11261_20211126210101  とは言っても基板に乗っている部品代は安いヤツばかりなので、年代とか考えたら一気に全部交換が良いかも知れない。でもそれを言い出すと基板もゼロから作った方が良い話になる。
 うーん、難しいね。

11263  3Pは調整する所はほとんど無いけど、6Pは1カ所だけ調整箇所がある。デスビからの信号を受けるところ。
 擬似信号で調整をしているけど、本来ならその車に乗せて調整出来たらもっと良いと思う。でもそこまでするならLM1815辺りを使ってゼロから作った方が良い。
 LM1815で受ける新基板とか作って見たい気がするけど、数ヶ月に1個しか入らないヤツの為に変な形状の基板とか作ったら大赤字だな。YouTubeに上げたら変な外人が3人くらい感心してくれる程度か。

11264 今日のちゃしろは何故かテーブルの下。テレビとかで見て良いなあ・・・と思って居たけど、実際に犬が部屋の中に居るとあらゆる物が毛だらけになって良いモンでも無い事が解った(笑)。

| | コメント (4)

2021年11月25日 (木)

Ruptured capacitor

11251_20211125214701 ポルシェ用の6ピンCDI作業。電子回路的な作業じゃ無くて、機械的な作業ばかりしている。
 コンデンサが破裂していた。容量は少ないけど残っているけど、最初の試験で感じた不調の主因はこれみたい。

11252_20211125214701  今風の新しいCDI用コンデンサに交換する。今回みたいに破裂して居なくてもリフレッシュの場合は交換するようにしている。



11253_20211125214701  焼損して訳の解らんジャンパが飛ばして有った端子も再生した。
 基板表面も汚いけど、まだいくつかの交換作業が残っているのでその後で洗浄しよう。

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

Lunar Eclipse

 夕方のちゃしろの散歩が丁度月食のピークにかかった。皆既では無いと書かれていたけどその通りで、指輪の宝石部分が右から時計回りに下に移行していった。
 真っ暗に成ったらちゃしろに「コロンブス様にもう一度月を取り戻してくださいとお願いするんだ」と言おうと思っていたけど、そこまで暗くならずに肩透かしを食らった感じ。
 地球と月の軌道が合わさってこのような見え方になるのだと思うけど、歩きながら考えただけでは良くわからなかった。地球の影から地球の大きさが何となく想像出来た。

11191_20211120074201  作業中の6ピンCDI。コンデンサ固定のリベットの頭に何か塗ってある。トランス固定のビスの頭が潰れて居る。。。
 なんか嫌な予感のするCDIだ。



11192_20211120074201  擬似信号を入れたら点火はする。でも音が不規則でなんかおかしい。体感できていたかどうかは解らんけど、完調では無かった事は確か。




11193_20211120074201  中を開けたら小さくギャッ。
 基板と端子を繋ぐ板状の部品が失われて居て、違う場所からジャンパ線が飛んで居る。改造なのかパッとしない修理なのか。
 ここから見える部品は何も交換などされて居ない様だ。

11194_20211120074201  基板から立ち上がった端子の「Y」型の股部分に配線を入れて、軽く固定してから半田付けする構造になって居る。振動下にある半田付けなのでBOSCH様も気を遣っている訳だ。
 でもこの写真はどう見ても半田でチョンと付けてあるだけ。時々「Y」型の部分が折れるけど、ここまで全部が折れてしまったりは経験が無い。しかも折れたら穴に入れるとか何か対策が欲しい気がする。
 うーん、中を開けるのがこわい(笑)。そして電子回路を物理的に弄ってあったり壊して有るのの修理は意外とめんどくさい事が多い。



| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

Pretty much work

11161_20211116212701 先週からやって居た356のダイナモが完成した。
 アーマチュアの巻線に原因不明の痛みが有ったので修正、あとは焼けて黒いどころかブツブツになって居たコンミュテータを切削。まだ余裕が有ったので生き返る事が出来て良かった。
11162_20211116212701  接続部の絶縁チューブは全滅、巻線の被覆も紙を巻いてワニス処理も何もしてない感じなので触ったらボロボロ。




11163_20211116212701  端子に接続されている側もボロボロに崩れ落ちている。良く見たらここのチューブも紙質の物だったみたいだ。




11164  悩んだけど結局全部やり替えることになった。





11165  中央の接続部は捩って半田付けし、熱収縮チューブをかぶせて、





11166  その上から繊維質の絶縁チューブをかぶせて完了。
 あとはモータリングしながらブラシの馴染みを出して、最後に発電試験したらおしまい。
 念のためにブラシとブラシホルダも確認と清掃をしたけど、特に引っかかる感じは無かった。取りあえず入庫時よりもスムーズにして置いた。

| | コメント (2)

2021年11月15日 (月)

I'm disappointed.

11151_20211115201701 ちゃしろの散歩に行く前にトイレに行ったら電気が点かなかった。換気扇も止まっているから球切れじゃ無くて元が死んでいる感じ。嫌な予感がする。
 取りあえず暗い中でオシッコしてちゃしろと散歩して帰って来た。色々考えて居たけど予想通りに嫁さんが「ご飯が炊けてない」と言う。当たり前だ、パワコンが死んでいるのだから。
 説明書通りに色々やってみたら、運転準備までは行くけどWifiの信号を見つける事が出来ない。この機種はWifi経由でスマホから操作する様になって居るのでスイッチとか何も無い。Wifiが死ぬと言う事は操作盤が消え去ったのと同義、はあ。。。
11152_20211115201701 取りあえず一部の回路だけは九電との切り替えスイッチを残して居たので助かった。それ以外も九電と太陽光のコンセントを2個並べて設置したりしていたので、最悪の事態には成ってない。でも困るし悲しい。

11153_20211115204701  サポートに電話をかけるけど繋がらない。しばらく待ってやり直したら繋がった。症状を聞いて内部の故障だろうからサービスマンを寄越すと言う。脚立が必要か?とか色々聞かれて最後に「販売店に連絡して販売店から再度依頼をし直してくれ」と言う。はあ?だ。田淵電機だけのルールだろうか?、それともこの業界の標準なのか?。
 イラッと来るけど怒っても仕方無いので販売店に連絡した。経緯を話したら「私は受付なので担当者から再度連絡する」と電話が終わった。
 待っていたら昼過ぎにメールが来た。メールで連絡をくれるのはありがたい。ここでも改めて住所とか記入を求められた。どうなっているんだろう?。これでやっとメーカに連絡する準備が出来たので、改めてメーカから連絡があるから待てという。
 でも夕方のちゃしろの散歩まで連絡は無かったし、今になってもメールも入ってこない。私には珍しく日本製の高いのにしたのに酷く失望している。故障した事とその後の対応に無駄がありすぎる事に。
 このパワコンは購入後にも仕様上のゴタゴタがあったけど、1年も経たずにWifiが死ぬとか運が悪い。別の言い方をすれば信頼性が低い製品とも言う。そしてその後の対応でも複数の人と何段階も遣り取りする必要が有る。これが今の日本を象徴している様な気分になって悲しい。これなら次は中国製を買う。もっと信頼性が低くても良い、すっぱり買い換えられるくらい値段が違うし、前に進まない話を何人もとやるとか、私の一番嫌いな作業だ。

| | コメント (4)

2021年11月11日 (木)

It's pretty burned.

11111_20211112211301 昨日書いた356のダイナモ。分解して中を見ているけど結構焼けて居た。
 コンミュテータがここまで焼けるのは何故だろう。今までの例だと過電流、ブラシの面圧不足、カットアウトリレーの動作不良、等があったけど実車をじっくり見る事が出来る訳じゃ無いので、良くわからないままに成る事が多い。
11112_20211112211301  こっちはフィールドコイル。2個のコイルを接続しているリード線はほぼ裸だった。本当の裸は接続の半田付け部だけだけど、それは絶縁被覆が生きていればの話。
 巻線の保護被覆もパリパリに破れ初めて居る。これを修復するには界磁鉄心を外す必要が有って、脱着に関してはコイルの巻き替えと変わらない行程になってしまう。
11113_20211112211301  こっちは自分の作業。Goproの偽物カメラに外部マイクを付けようと思い、マイクロUSBのジャンク端子を漁った。
 マイクロUSBのオスとタイプAのオスという意味不明のアダプタがあったので切り刻んで見たところ、プラスとマイナス線しか結線して無かった。
11114_20211112211301  仕方無いから中までほじって見たら、中の端子も電源線2本分しか無かった。
 ハハハ、徹底しているわ。これは使い道が無いから使って無いけど、これと同様のアダプタで通信とか試みたら悲惨な事に成る。
 何事も疑ってかかるというか、上手くいかないときは初心に帰って見直す事が必要という訳か。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧