2023年1月30日 (月)

I'm not good at woodwork.

01301_20230130230701 苦手な細かい木工をシコシコやってドアを取り付けた。色んな部分が歪んでいるので、蝶番の位置も鉛直ではダメでかなり傾けないと開閉時にどこかに当たってしまう。



01302_20230130230701  完成したら何となく調和した。表面が耐久性の無さそうな合板なので色を塗らないといけない。変な色を塗ると嫌らしいので、無色のニスか少しだけ色の付いたヤツくらいにした方が無難かな?と考え中。
 色を塗る前に名前は知らんけど風が抜けないように10mm角位の角材を周囲に打ち付ける必要が有るな。

 今日は英語のレッスンを4本も受けた。イングリッシュセントラルの通常のヤツと、ネイティブキャンプでインド人のレッスンと、DMMでフィリピン人のレッスンと、最後にレアジョブでフィリピン人の体験コース。
 人口とか将来性を考慮するとインド英語も理解出来た方が良いので?インド人の先生を選んだ。でもこの先生はほとんどインド人的じゃ無い英語を喋る。うちの義理の娘のインド英語よりも聞き取りやすいと言ったら、私はほぼ英語だけの環境で過ごして居るからと言われた。ちょっと目的と違った先生を選んでしまった(笑)。
 DMMはごく普通の年配のオバチャンが出て来た。イングリッシュセントラルの年配のオバチャン先生と一緒で安心感があるし話も通じて何も悪く無い。でも良くも無い。昼に先生が沢山居るかどうかが問題。
 寝る前にレアジョブを受けたらやられた。体験レッスンで自己紹介プラスα程度の気楽さで受けたら、レベルチェックの後で体験用の普通のレッスンが始まった。これが結構難しくて久しぶりに泣きそうになった。嫁さんに聞くとデイリーニュースだとそんな事は無いと言うので、なんか教科書的なレッスンを選んでくれたみたいだ。
 さて、何処にするかまだ決め切れて居ない。まあ何処でも変わらん気がするな。最終的には先生との相性でレッスン後の気分が決まり、英語に触れた時間で上達度が決まる感じか。

| | コメント (2)

2023年1月29日 (日)

I made a door.

01291_20230129214101 プチプチの性能が良かったのでドアを作った。今日は1日中霰みたいな天気で、全部室内で作業したのでマキタの掃除機が大活躍。最初はこういう用途に開発されたのが良くわかる。
 2x4よりも小さい杉の角材と4mmくらいのベニヤを買って来た。4mmのベニヤはすべすべなのに1,300円くらいと安かったけど、シナベニヤでは無くて良くわからん軽くて弱い木だった。まあ今回の用途には十分だけど接着剤を併用した方が良かったかも?と感じる程度の強さ。
01292_20230129214101  木工の技術が無いから骨組みの角材は100mmくらいのコースレッドで無理矢理止めただけの乱暴な構造。
 古い家で開口部の形が歪んでいるので、現物会わせでシコシコ切り出して組立てた。
 あとは蝶番とロックのハンドルを付けたらできあがりで、使えそうなら塗装するか壁紙でも貼ろうかと思っている。
 1枚目の画像に養生テープが付いて居るけど、一旦プチプチの有る環境に慣れたら無しでは耐えられなくなった。仕方無いのでできかけの扉を開口部に引きずり込んだ状態。このままでは開閉が出来ないので、テープで取っ手を付けてある。これだけでハッキリ暖かい。

 昨日書いて居たネイティブキャンプ。今日はアーティクルベースのレッスンを受けて見たけど料金面で新たな発見があった。
 ここは受け放題で1月6,500円くらいと格安だけど、それは待機している先生を無作為に?取った時だけ。お気に入りの先生を予約してレッスンを受けるには1回に200円かかる。30回予約したら6,000円が追加でかかるわけで、それだとトータルで12,500円くらいの教室になってしまう。ここでも良いかな?と思って居たけどちょっと違うかもしれん?と思い始めた。やっぱりDMMとレアジョブも確認すべきか。
 あと、今日のイングリッシュセントラルのレッスンでお気に入りの先生にさよならを言っていたら、Gngooと言うのを知って居るか?と聞かれた。ここは先生の選別試験が難しいらしくて「私では受からない」と言っていた。気に成って調べたら1月に4万近くかかる学校で、流石に先生の給料も良かろうと思った次第。

| | コメント (3)

2023年1月28日 (土)

Effectiveness of double glazed windows

01281_20230128215801 動画も上げたりして少しだけ拘っているポルシェ930系のオートヒータ。基板だけの修理依頼が来たので、良い機会と基板だけのチェック機器を作った。
 ピンピッチとか厚みは同じ規格が見つかったけど、ピン数まで同じは見つからなかったのでいい加減な工作でお茶を濁す。
01282_20230128215801  まだ室内側のエミュレートが出来て無いので、その部分だけはAssy用のテスト機を代用している。
 サーボモータのエミュレートも出来たので、あとはこれを一体型の箱に入れたら完成。まあ少しずつだけど前進している。

01283_20230128215801  我が家の断熱も前進というか前進のための試験をして居る。
 一部の窓にシートを貼ったりした事はあったけど、今回は真面目に?全部をプチプチで覆ってしまった。
 なんか体感出来るくらいの差がある。嫁さんも同じ事を言う。そこで調子に乗って別の開口部も閉めてみることに。
01284  ここは物置になって居る小部屋へ通じているけど、その小部屋も立て付けが悪いので隙間風がピューピュー入る。そこにプチプチを貼って行き止まり作戦。
 こちらもハッキリと効果が解る。部屋中の気温差が小さくなって過ごしやすい。寒くない様に燃やす薪の量が凄く少なくても良い。
 凄いな、これだけで体感出来る差が出るとは驚きだ。この感じならドアを作ったりするモチベーションが湧いてきた。

 昨日書いたオンライン英会話の件、ネイティブキャンプに仮登録して25分レッスンを2回受けてみた。
 最初の先生は回線が悪く、音声の遅延も大きいし後半は4回くらい切れたりした。悪くないけど先生の経験が浅い感じ。2回目はレッスン回数の多い先生にして見たら回線の具合も内容も良かった。
 いつ見ても数名以上は直ぐにレッスンできる先生が居るのは凄い。先生を選ばなければいつでもレッスンが出来る訳だ。そしてイングリッシュセントラルよりも先生の年齢層が全般に若い感じがする。
 マニラのKTVで話すわけじゃないので(笑)、オンライン英会話の先生が若くても嬉しい訳じゃ無い。どちらかと言うとフリートークの時の話が合わないのでお互いに辛い時が多い。
 体験レッスンは7日間有るので、明日からバンバン?受けて感じを掴んでみたい。今日の感じでは結局相手をしてくれる先生次第だな、と。

| | コメント (6)

2023年1月25日 (水)

Husqvarna 450 Rancher

01251_20230125202501 ニュースが10年に1度の寒波と言うので10年前を思い出して水道の水を細ーく出して置いた。そのおかげで朝も凍結せずに済んだけど完全では無かった。
 一部の系統の水が出ない。じっくり考えたら減圧弁が入った系統だと言うことが判明。たぶん金属製の減圧弁が先に凍結してしまったんだろう。減圧弁に風呂の残り湯をかけたら簡単に復旧したので良かった。
 明日以降も寒いみたいなので、純正の発泡スチロール保温材に追加してプチプチを3重に巻いて見た。さてどうかな?。

01252_20230125202501  懸案の伐採が済んだので後は私の仕事。そのための準備という事で大きなチェンソーを整備した。
 ハスクバーナの450Rancherと言うヤツだけど、検索しても和文だとこのブログくらいしかヒットしない珍しい?機械。

01253_20230125202501  ハスクバーナの英語サイトだと311件もレビューがある機種なのに不思議だ。対して550Xpはレビューが77件と少ないのはプロは書き込んだりしないからか?。


01254_20230125202501  車でよく言われるのは日本だと最高機種しか売れないので、外車メーカは最高機種しか輸入しないと言う話。チェンソーも同じでプロ用の一番高いヤツしか正規輸入は無いのかも知れない。


01255_20230125202501  整備性も良いし気に入っている。バーの固定がナット1個とかスペックで比較すると弱い所がポツポツ有るけど、まあ作業者がパッとせんヤツだから丁度良いんじゃ無かろうかと思う。
 死んだり怪我したりしないように作業しよう。

| | コメント (4)

2023年1月24日 (火)

Felling a tree on the cliff edge

01241_20230124212701 日曜日に書いて居た木を切った話。ようやく編集してYouTubeにアップしました。
 編集と言えないレベルの、単に短く切り詰めただけの作業だけど私に取っては難しい。仕事でやって居る人は編集者がいるのが良くわかる。こんな事やっとれんわ。
 あとは回りの竹を片付けて、倒して貰った椎の木を切って割って薪にして、この場所にツリーハウスは無理にしてもベンチくらいは置けたら良いかな?、と考え中。

01242_20230124214401  初めての経験なので追記。
 風呂の蛇口が凍って居た。松本に居たときは家の中でも凍って居たけど福岡では初めてかもしれない。
 普段見ない所は汚いなあ(笑)。

| | コメント (4)

2023年1月22日 (日)

We finally felled the tree.

01221_20230123182501 先週のリベンジで助っ人が一人増えて、チルホールも1台増えた。その結果無事に予定通りの方向に椎の木を切ることが出来た。
 動画を撮っていたのでそれを公開したかったけど、ぜんぜん編集が出来なくて静止画しかアップできて無い。
01222_20230123182501  こんな崖の縁の木なんか自分で切れるわけが無いし、チルホール2台とワイヤーとか助っ人とか頼んでいたら確実に頼んだ方が安い。
 基本的に少々高く付いても自分でやるタイプの人間だけど、今回だけはたぶん自分では無理だと感じた。
01223_20230123182501  同じくらいの椎の木を切った事はあるけど、今回は崖の縁だし下には納屋があるので難易度が桁違い。プロは流石で狙った方向にピッタリと倒した。


01224_20230123182501  我が王国の眺めが少し良くなった。作業に来た人からも「ここに家を建てろ」と言われた位でかなり眺めが良い。丁度天守閣に登った位の高さと思うけど、戦国大名はこんな景色を見ていたのかと思うと感慨深い。
 取りあえず良かった。無事に切れてホッとした。

| | コメント (2)

2023年1月17日 (火)

28 years ago

 テレビニュースで阪神大震災の話をしていた。もう28年になるとは驚きだ。あの地震の10時間くらい前だろうか、私たち家族は嫁さんの実家が有る交野市から広島市まで車で帰っていた。
 自然の前では人間は無力で有る事を感じると同時に、地球の時間軸で考えると10時間とか一瞬でほぼ同時だと思う。運命と言う物を信じたくも成る。

01171_20230117202701 作業中の写真を撮り忘れたけど、良く有る修理でオドメータギヤの崩壊。
 コイツはギヤの形が複雑なタイプで作業も少し面倒臭い。折角開けたのでコンデンサもチェックしたら容量が6割くらいまで減っていたので全部交換した。

01172_20230117202701  こっちは356用の6Vレギュレータ。BOSCHのデッカイタイプなので各機能毎にリレーが独立している。
 全ての機能が生きては居たけど設定は少し狂っていた。一番不味かったのはカットイン/アウトの電圧。これが低すぎた。

01173  この電圧が低すぎるとエンジンが高速回転から低速回転になった時、もしくは停止したときにダイナモがモータとして回る様な接続に成ってしまう。
 このモータはクランク軸を回そうとするから当然ながら大電流が流れる。そのためにそういう電圧よりも高めで接続を切る必要が有るし、モータとして回る方向に電流が流れると磁力が弱まって接続が切れる様な配線になって居る。
 これは電圧が低かったので逆電流が流れてしまい、逆電流で磁力が弱まってようやく接続が切れていた感じ。その結果として接点が焼けてしまっている。
 焼けてはいるけど接点を交換する程じゃ無かったので、研磨して電圧を再調整したら完成。

| | コメント (2)

2023年1月16日 (月)

We couldn't knock down the tree.

01161_20230117184601 懸案事項だった我が帝国の木。流石にこれは自分では倒せないと思って業者に頼んだ。
 売り込みに来た業者は税抜き30万と言ったので保留にして居たら、近所のこの手の事をやって居る人が税込み12万でやると言ったので頼んだ。
01162_20230117184601  年配の一人はこのあたり一帯に「大木切ります」の看板を出している会社で働いていたらしい。経験は有るだろうけど老化に伴う判断力の低下はどうかな?。

01163_20230117184601  雨の中作業が始まった。ビデオでも撮ってみようと思って同行したけどスパイクじゃ無い長靴なので滑る滑る。
 田舎の個人向け作業なのにヘルメットをかぶっている。段取りとかも危なっかしい所は無い。大丈夫そうな感じ。
01164_20230117184601  ただ唯一感じたのは上の方を引っ張るワイヤーロープの位置が低い。これは本人達も言っていた。雨なので上の方まで木登りしたくない気持ちも有ったみたい。

01165_20230117184601  チルホールで引っ張りながら下の方を少しずつ切っていく。でも傾きが大きくて思うように木が倒したい方向に動かない。
 そのうちにバンッと音がした。なんとチルホールの安全ピンが剪断されてしまった。このチルホールではこれ以上の張力は加えられないと言う事だ。
 安全ピンは手持ちが無かったみたいで、さらに雨も降って条件も悪いので後日の再トライとなった。下の方はだいぶ切り込んで有るけど、チルホール本体は壊れてないので張力はかかったまま。台風が来たらヤバイかも知れないけど、まあ次回までこの状態を保てると思う。
 さて、再トライはどんな手法で行くんだろう?。上にかけ直すのか、チルホールかウインチを追加するのか、このまま無理矢理引っ張るのか。。。
 上手く行かんことは有ると思うけど、人が死んだり怪我したりはして欲しくない。この場所は見晴らしの良い我が帝国に成るのだから。

| | コメント (2)

2023年1月15日 (日)

Fake PORSCHE CR-3

01151_20230115214801 私の白骨号にはBMWの何かに付いて居たカーステが付いて居る。これを買うときに調べたのだけど、日本仕様の930とか964あたりには松下の作ったCR-2とかCR-3と呼ばれる機械が付いて居たらしい。
 でもその時点で既に高かったので買えずに近い時代のBMWの何かを買って付けた。
01152_20230115214801  CR-2は当時のヤフオクでも殆ど見つからず、唯一買えそうなのはCR-3に似たベンツのカーステだった。でもそのときはそこまで拘りは無かった。
 ハイマウントストップランプを付けたので少し自分の車を弄るのに勢いが付き、この勢いでカーステも純正にしようと思った。
01153_20230115214801  でも8年くらい経っているのでCR-2は見つからずCR-3ですらメチャ高い。そこでベンツの似たヤツを探したけどこちらも1万以上する。その中で4個纏めて2,990円というのが有ったので買って見た。
 安いのには理由が有って右下のボタンが取れて居る。今日の作業はそのボタンのインチキ修理。
01154  硬めの木材からボタンのような物を削り出し、写真の感じで適当な骨組みを作ってでっち上げた。




01155  塗装の質感がイマイチだけど車内は薄暗いので良くわからんだろう。





01156  矢印とか文字は白なので難しいけど、次男が置いていったブラザーのテプラみたいなヤツには白文字が有ったのでロゴマークも含めて偽物を作ってみよう。


01157  ちなみにこれが本物のCR-3。でも海外のサイトとか見ると日本仕様だけの様な感じを受ける。
 と言う事で、あまり拘る必要も無さそうな感じ。マークが上手くいかなかったら、今のBMWのヤツに戻そう。 

01158  今日のちゃしろ。いつもの様に悪い。犬は400語くらいを理解出来るらしいけど、「八代に返品するぞ!」と言っても通じてない感じだった。

| | コメント (0)

2023年1月10日 (火)

She went back home.

01101_20230110205301 どうなることかと思っていたけど、嫁さんのお母さんが帰った。我が家に平穏な時間が帰って来た。神様ありがとう。
 晩飯のあとでちゃしろが居なくなったので見に行ったらこの状態。お母さんが寝ていた布団の上で寝ている。
 何回かこの上に上がって怒られて居たけど、ようやく念願が叶って彼も喜んで居るだろう。今日はこのまま寝かせてやるか。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧