2022年5月17日 (火)

How to build a car.

05171_20220517210601 晩飯の後でなんか音がするなあ・・・と思って見に行ったら、ちゃしろが包装紙をバリバリ破って遊んでいた。そして次の瞬間に「あっーーーー!」 と叫んだ。届いたばかりの本も噛んでいたから。
 海外の技術系ユーチューバーと言うか、なんか面倒くさい理屈っぽい実験ばかりやって居るヤツが紹介して居た本。英語版の方が安かったし英語の勉強に成るかも?と思ったけど日本語版にした。届いて日本語版を選んだ自分を褒めた。厚みが40mm以上有ったから(笑)。
05172_20220517210601  パラパラと捲っただけなので良くわからんけど、著名なF1カーの設計者であるエイドリアン・ニューウェイの自叙伝的な本らしい。
 ビジネス本的な帯が付いて居たけど(ちゃしろによって破り去られたが・・・)、理屈っぽいユーチューバーが面白いと書いているくらいなので面白いと期待している。
 何でもそうだけど一般的ランキングとか、どこかの会社が調査した順位とかは参考になった試しが無い。そんなんじゃ無くて自分と感性が似ているなと思うブログやYouTubの作者が面白いと言うヤツは面白い。
 インターネットの世代とか言われても、最終的には理解できるヤツ経由の口コミに落ち着くのは面白い。ただ、その口コミがワールドワイドに成ったことは大きな変化だ。

| | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

Drill Bit Stand

05081_20220508202701  ヤフオクでドリルスタンドを買った。日本語だとボール盤みたいなヤツも、キリを立てる為の穴の開いた台も、その台にキリをセットした物も全部ドリルスタンドと言ったりするから紛らわしい。
 調べてみると英語だと「Drill Bit Stand」と言う言葉が出て来たので、こっちの方が誤解が少ない気がする。
05082_20220508202701  以前から0.1mm刻みのセットが欲しかったけど、新品は相当高い。そして高い事を皆知っているから中古も高い。ところが、3,100円で即決の出品を見て直ぐに落札した。
 1枚目の写真が到着直後の写真で、出品写真もこの通り。この向きに挿した写真を初めて見た。もしかして切れ刃の部分がガチャガチャでそれを隠して居るのかも?と思ったけど、それなら研ぎ直せば良いので瞬間で購入を決めた。
05083_20220508202701  丸棒が挿してある訳でも無かったし、切れ刃がガチャガチャでも無かった。単に反対向きに挿してあっただけ。
 でも問題が無いわけじゃ無くてほぼ全ての保持部に傷が有る。傷は付くけど少し極端でしかも端部のみに傷が付いているのが大半。
05084_20220508202701  なんか特殊な作業ばかりしていて、穴が深いからホンの数mmしか咥える事が出来なかったんだろうか?。
 仕方無いので全部ダイヤモンドヤスリで適当に修正しておいた。エンドミルなら言語道断だけど、ドリルの精度ならこの程度の修正でも実用範囲で使えると思う。
 中にはチャッキング部全長にわたって痛んで居るのも有って、ゴシゴシ削ったけどかなり酷い状態。
05085_20220508202701  掃除と確認をしながら一般的な向きに挿し治した。そして手持ちの予備から開いて居る穴にドリルを補充した。
 あと数本空きがあるから何かのついでに買って来て完全なセットにしておこう。大きめのを数本買ったら今回の購入金額の3,100円を超える。多少の瑕疵は有るけど、そう思うと今回の買い物はお得だった。

| | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

I bought a battery powered Makita Chainsaw.

04291_20220430084801 薪用に小枝が結構有るので、以前から有った方が良いなと思っていた充電式のチェンソーを買って見た。
 詳細はユーチューブに動画を上げたけど、英語で言うのが苦痛で日本語で作ってしまった。。。駄目だな、これじゃ。

| | コメント (4)

2022年4月28日 (木)

Separate Float

04281_20220428205101 先日から書いているスリーブ接着はアマルの別体フロート取付部の修理。
 施工方法には目処が立ったけど、キャブ本体の加工を旋盤でやるかフライスでやるか悩んで居た。結局アルミ板を巻いてチャックでつかんで加工した。

04282_20220428205101  単純に肉厚が無いけど、それとは別に側面にスロージェットの穴がある。これがくせ者でスリーブ形状を自由に設計できない。
 何とか加工できた。寸法はネジ山を削除できる出来るだけ小さめの寸法。

04283_20220428205101  挿入する方のスリーブも作った。こっちは今までの試験で数個作ったのでスムーズに手が動く。




04284_20220428205101  スロージェットの穴に接着剤が入ると大変な事に成るので、綿棒の頭で養生。




04285_20220428205101  接着剤は悩んだけど、YBR125のガソリンタンクで実績のあるクイックメンダーにした。
 もう少し長時間タイプの方が接着力は強めだけど、計算上の接着力は十分に有る。もし問題に成るとしたら耐ガソリン性とかクリープ的な機械強度とか、まあ単純なスペック上の剪断強度「じゃない」部分。
 そうなると実績のある物が一番かな?と思い、長時間タイプも買って居たんだけどこっちにした。最近お気に入りのアクリル系は適当でも良いけど、エポキシは混合比に敏感。本当に困ることだけは真面目にやる性格(笑)。
04286_20220428205101  接着完了。硬化後にスロージェット用の斜め穴を追加工した。追加工と行ってもゼロからじゃ無くて、スリーブが半分くらい隠して居たのでその部分をリュータで削っただけ。


04287_20220428205101  何回やってもニードルジェットが中央じゃ無い。色々見て行くと本体側の当たり面が傾いて居る様な感じ。
 ここはジェット固定用カラーの当たり面のくせに、もしかして未加工?と言う感じの面。
 取りあえずネジは締まるのでそこには手を付けないことにした。一気にいろんな事をしすぎると不調の時に訳が解らなく成る。
04288  こんな感じ。締めてみると悪くないけど、寸法がキチキチなのでワッシャが無いとボルト先端が新作スリーブのエンドというか、接着剤が付着し始める辺りに到達して最後まで締まらない。


04289  使用するのは1.0mmくらいのファイバーワッシャらしいけど、0.5mmしか無いので2枚使う積もりで切り出した。
 レーザー加工機が直ぐに使えるとメチャ便利。


042810  片側1.0mmの両側で2.0mmを追加したら綺麗に締まる。片側0.5mmの両側1.0mmでも行ける。
 暇があったら明日ガソリンで試験しようと思ったけど、宅配で送る物がガソリン臭いのは良く無さそう。やっぱりガソリンは辞めた方が良いかな。

| | コメント (1)

2022年4月20日 (水)

snap ring pliers

04201_20220420205201 数日前にスナップリングプライヤを使おうと思ったら無かった。そういえば1月くらい前に長崎の不良地方公務員が強奪して行った事を思い出した。
 丁度電話が掛かって来たのでその話をしたら、時間も無いしそのまま使うから新しいのを買ってくれと言われた。金は出すらしいけど面倒くさいヤツだ。
 仕方無いので手持ちのを並べて不足しているサイズを確認して見た。こうやって見ると穴用の中くらいから大きめのサイズが無くなっている事が解る。
 同じ型番を頼もうとしたら今は扱いが無かった。どうせなのでスナップオンでも注文しようかと思ったけど、人格者なのでMonotaroの一番安いヤツにしてあげた。こっちの方が安かった、なんか損した気がしたので(笑)3本にして総額を同じくらいに調整した。
04202_20220420205201  スナップリングプライヤで航空大学の事故を思い出した。そういえば訴訟に成って居たけどどうなったかな?と思って検索したら。。。
 DuckDuckGoだと2件ほど関連のありそうな項目が見つかった。何らかの処理がされて居ると思うけど、取りあえず見つかる。

04203_20220420205201  対してGoogleだとこんな感じで「ゼノア」と「訴訟」に関する情報は無いと言う事に成る。
 うちみたいな会社にもSEO対策屋から頻繁にメールが来る。こんなのが商売になるという事は、大本のGoogle様なんか好きに出来るという事だろう。
 Internetが一般的に成るに連れて、ネットに真実が有ると信じている坊や達が、テレビで言った事を信じる爺婆達をバカにする構図を見るように成って来た。どっちもどっちで同じ人種なんだよね。。。

| | コメント (1)

2022年4月13日 (水)

DRO for lathe

04131_20220413214901 以前から欲しいなと思っていたDROを旋盤に付けた。DROと言ってもピンからキリまで有るけれど、SONYのマグネスケールとか中古でも買えんので中国製の安物。
 そしてその安物の中でもさらに安物のデジタルノギスの表示部を延長した様なヤツ。
04132_20220413214901  まだきちんと設置して無いけど、表示部はこんな感じ。それなりに使えそうな感じでは有るけど、安物感というかデジタルノギス感が漂う。
 ちなみに駆動はボタン電池でモロデジタルノギス。

04133_20220413214901  X軸はこんな感じ。これはかなり悩んだし苦労した。そしてできあがりもイマイチ納得が行ってない。
 表示は直径モードに変更できるかな?と思って居たけど只の距離モードだけなので半径表示。ちょっと使いにくいかも。しかも半径で0.01mmなので手元のダイヤルの方がまだマシかもしれん。
04134_20220413214901  こちらは比較的楽に綺麗に付いたZ軸。こちらは今までスケールとかノギスとかパスとか駆使して苦労して居ただけに、デジタルノギスが付くだけでも大きな進化。
 試しにちょっとだけ削って見たけど劇的に便利になった。もう穴の深さとかチマチマ測定するよりも、これで読んだ方が正確だと思う。
 あとはケーブルの取り回しと表示部の工作。やっぱり表示部だけでも7セグのLEDで文字高さが20mmくらい有って欲しいなと思う。しばらくこれで使って見て、便利ならその手のヤツに買い換えよう。当然の事で中国製の安物だけど。

| | コメント (2)

2022年4月 8日 (金)

Milling air flow sensor

04081_20220408211201 先日から書いているポルシェ930系のエアフローセンサ。どう考えても、どう測定してもダンパ室のベーンと筐体の隙間がおかしい。これで治るかどうかは知らんけど、ここが関連しそうな場所で唯一見つけた変な場所。
 じゃあ修正すれば良いじゃない?と成るけど、複雑な形状の接触面をどうやってへこますのか?、それともベーンを延長するのか?、色々考えて頭が爆発しそうだったので一番原始的な方法を選択した。
04082_20220408211201  フライスにセットして小さめのエンドミルで面をさらうと言う方向。しかも削りたい量が場所によって違うのでセットに偉い時間が掛かった。
 こりゃあ仕事としてはやっとれんなあ。NCでパスを作って削るにしても、本体のセットを何とかしない限りとんでもない作業である事に変わりない。
04083_20220408211201  だいたい他のエアフロはこの寸法が0.25mmから0.30mmくらいだった。BOSCHのリペアマニュアルとか持たないので、正規寸法は知らんけど多数決で決めた(笑)。
 それに対してこのエアフロだけは0.65mmから0.70mmも有ったから明らかに異常。これで問題となった症状が治るかどうかは知らんけど。
 しかもこの上に付く蓋も大きく変形していた訳で、やっぱり初期のダンピング力は出て居なかったと思われる。これで治ったら良いけどなあ・・・。もし治ったとしても、今のままの作業時間では次に依頼が来たときにとんでもない請求時間になってしまう。
 うーん、なんか良い方法を考えてみよう。

| | コメント (0)

2022年3月30日 (水)

The influence of voltage

03302_20220330210201 数日前からちょくちょくやって見るけどトラブルが再現出来ない993?のエアコンユニット。
 ずいぶん進化したけど、まだカッコイイとは言えないエミュレータで色々やって居る。

03303_20220330210201  問題はオイルクーラのファンモータらしいけど、こちらの試験では低速も高速も正しく動作する。叩いてもドライヤで暖めても変化は無い。
 うーん、困った。


03304_20220330210201  こちらは順調に想像通りの結果が出たヤツでレーザー加工機。
 2週間くらい前に書いたけど、出力設定で60%以上くらいになると放電電流が増えない事が解って来た。これの原因を想像してみると電源電圧じゃ無いのか?と感じたので昇圧トランスを買って入れて見たわけ。
03301_20220330210201  これは日本の業者が100V化した機械なので、内部に200Vへの昇圧トランスが追加してあって100Vコンセントで動く。
 それは良いのだけど中国のサイトで同等品のスペックを見ていくと220V入力とか230V入力という文字がある。電流値は制御してあるとしても、放電電圧の不足で高負荷側では頭打ちになっているんじゃ無いか?と言う想像。
 そこで今回は100V→220Vの昇圧トランスを買ってみた。1kVAが送料込みで3,000円なのでこんなモンだろうと思って買ったけど、その後で1,000円くらいのを見つけてちょっと悔しい。
 でも良い事もあって、これは1kVAも有るから無負荷なら236V位出て居る。アメリカでは確か240Vだからこの方が助かるはず。
 と言う事で試験して見ると、80%でも順調に電流が増えて来て90%だと20mAの電流計を振り切ってしまった。グラフの点線は希望を含んだ想像値。
03305  詳細は後でやる事にして実際に試験切断。
 5.5mmのラワンベニヤを1パスで切ってみた。10mm/sでは抜けないけど、5mm/sなら80%以上は抜けた。これで少なくとも70%より上でもパワーが増えている事は確認出来た。
03306  こちらは裏から見た状態。7.5mm/sくらいで試験したら、抜けるかどうかの閾値が90%位に来てパワーの具合が体感できる様な気がする。明日以降の時間が取れるときに試してみよう。
 詳細の理屈は良くわからんけど、適当に想像した原因が当たっている感じがして気分が良い。後はトランスの1次側には常時電流が流れている回路に成って居るので、それの改造とトランスの固定をしたら完成かな?。

| | コメント (0)

2022年3月24日 (木)

Polishing Jig

03241_20220324220501  パキスタンの修理工に笑われている気がしたので、朝一にミラーの研磨ジグを作って見た。
 色々考えてみたけどPOMの廃材が落ちていたのでそれを削って金ノコですり割りを入れただけのヤツ。
 構造的には悪くなかったけど材質の選定が悪かった。夢中になって磨いているとPOMが溶け出してしまったから。あとでアルミか鉄で作り直しておこう。
03242_20220324220501  昨日は第3ミラーを磨いたけど今日は第2ミラーを磨いた。その結果が2番目の写真。
 一番上は光軸だけ合わせた状態で、この状態では2.5mmの化粧ベニヤを1発で抜くことが出来なかった。
 2番目はミラーをガラスクリーナとアセトンで拭いた状態。この後で第3ミラーを研磨したけど、こう言う感じのきっちりした比較画像は撮ってない。体感的には少し良くなった感じ。
 3番目は第2ミラーを磨いた状態。それまでは自然と抜けるには50%の出力が必要だったけど40%で抜けている。音も少し違って聞こえたのでミラーを磨く効果はあると思われる。たとえインチキっぽいやり方で有っても。
03243_20220324220501  これは裏から見た状態。一番上の段(この写真では一番下の段)も指で押せば抜けそうなのが数枚有る感じ。
 今までも感じていたしこの試験でも感じたのは60%か70%を超えると切れ味に差がみられない事。

03244  それを定量的に確認しようと思って電流計を付けてみた。20mAが有ったので付けてみたけど、まあ電流範囲は丁度良いくらいと思う。ただ「T」の逆みたいなマークが有るので、水平に設置すると精度が出んのだと思う(笑)。
 別に纏めてみたいけど、取りあえずの感想は70%を超えると電流値は全く変わらないと言うことが解った。どこかに原因があるのか、こんなモンなのか、少し調べて見る必要が有る。

| | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

Can Chinese glasses protect my eyes?

03231_20220323181101  注文していたレーザー用の保護眼鏡が来た。レーザー加工機本体が中国製なんだから保護眼鏡も当然の様に中国製。私はぶれない男だ(笑)。
 まあ安全用品はちゃんとしたヤツ・・・と言う気持ちは有るので、波長とか保護性能とか一応は調べた。その上でまあ行けるんじゃ無いかと19ドルのヤツを選択。
 OD値は6となっていた。OD10に近いほど保護性能が高いけど整備や調整の際には少しだけ見える必要も有る。だから最適値を選ぶ必要が有るみたいで、国産メーカも全部の商品がOD10と言う訳じゃ無い。
 問題は本当にOD6なのか?に対してはCE規格に通っていると書いてあるので大丈夫そうな気がする。それに今や改竄は日本メーカの十八番に成ってしまったので、他所の国の事を笑ったり怪しんだりする事自体が意味の無い行為のような気がしている。
 取りあえず2種類買ったので、顔に合わない方を実験で潰して見ようと思う。下に手を置いたり目ん玉を焼くほど度胸は無いので、鶏胸肉でも置いて実験しようと考え中。
03232_20220323181101  向かって左側2個が今回買ったヤツ。右端は今まで仮に使って居たアディダスのランニング用サングラス。
 CO2レーザーに対してどのくらい保護性能が有ったのか知らんけど、グレーというか深緑系の色で表面が反射タイプ。直感的に考えて遠赤外線で有るCO2レーザーに一番効果的な気がしたので使って居た。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧