2021年9月 2日 (木)

Flat tire on mower

09021_20210903105001 草刈りをしていたら何か変。よく見たら右後輪がパンクしていた。



09022_20210903105001  ビードがなかなか落ちない。素直にチェンジャーで落とせば良かった。



09023_20210903105001  素直なパンク穴を発見。




09024  タイヤ側にも銅系の針状の物が刺さっていたのを発見。



09025  成型の凸部をリュータで削って、




09026  パッチを貼ろうとしたらゴムのりが干からびていた。



09027  新しいのをグッデイで買ってきて、




09028  パッチを貼って圧着する。




09029  あとは取り付けて作業再開。

 YouTubeにアップしようと思ったけど、編集が面倒で全然出来て無い。やっぱり向いてないね。

| | コメント (2)

2021年8月26日 (木)

It reacted to a magnet.

08261_20210827151101 太陽熱温水器のフレーム材質が気に成るけど、大学とか国の機関じゃ無いから分析装置とか無い。仕方無いので磁石で調べてみた。
 平らで滑らかな部分は磁石に反応しない。でも切断面とか曲げ部などの加工硬化していると思われる部分は弱く反応した。
 磁石に反応することから金属製とみられ、仮にこのまま使用しても安全性や有効性への影響はないと思われる(笑)。
 加工硬化部だけが弱く反応する事から、カンジニアリングではSUS304のまともな板かな?と言う感じ。板厚が少し薄いと思うけど、そんなに悪いもんじゃ無いと思う。
 最近は日本製でもインチキみたいな製品があるので、華奢ではあるがきちんとした材質を使って居る中国製品を少し見直した。真面目にやり出した大国に、インチキの小国が勝てる訳が無いな。。。。

08262_20210827151101  夜のちゃしろ。荷物が来たので開封して置いていたら、目ざとく見つけてバリバリやり出した。
 彼は梱包のプチプチとか段ボールが大好きだ。大好きと言っても食べる訳じゃ無くて「破壊行為」が大好き。
 そして破壊した小さな破片をガムのように数十秒間噛んで捨てる。そして次の破壊活動に取りかかる。
 ご苦労様。

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

Adding braces

08251_20210826170301 太陽熱温水器のフレームの剛性。やっぱり真空管の取付面の平面剛性が気になったのでブレースを追加する事にした。
 オリジナルの部材はSUS304辺りのプレス成形品で、ボルト類も全てSUSと思われる材質が使われて居る。普通に考えたらSUS304のFBを買ってきて穴を空けて・・・となるはず。
 でもSUS304のFBとか近所に売ってないから諦めた。真面目な技術者からクレームが来るのを覚悟で(笑)、ナフコからアルミのFBを買ってきて装着。
 6000番台のアルミかな?と思うけど良くわからん。表面はアルマイト処理してあるみたいなので、電触防止に少しだけ効果があるかな?とか適当な期待感。
 多分アルミの方が卑な金属と思うので、何年先か何十年先か知らんけど溶けるのは追加したブレースの方。そんときは新たにSUS304のFBでも探したら良かろう。
 などといつもの様にいい加減なカンジニアリングで仕事が進む。

| | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

Study of Solar Water Heaters

08051_20210806073101  こないだ家に変なオッサン(笑)がソーラーパネルとリーフバッテリを見にいきなり来た。まあうちに来るのは全て変なオッサンだけど。
 話して見ると彼の家は太陽光と太陽熱の二刀流で行っているらしい。ちょっと興味が湧いたのであさイチに見に行って来た。

08052_20210806073101  真空管タイプの温水器が2機並列に設置して有る。こんなことをするのは田舎でユンボとか有って・・・と勝手に想像していたけど普通の住宅地なので驚く。
 この温水器は真空管の中に水が通らないタイプ。だから耐圧性を上げやすくて水道に直結できるのが良い。
08053_20210806073101  輸送中に破損した真空管の中身を貰って来た。





08054_20210806073101  上のアルミ板が集熱して右側の細い銅パイプに熱が伝わり、左の太い所を経由して水タンクの水を加熱する仕組み。
 太い部分が汚れて居る様に見えるのは熱伝導コンパウンドだろうと思う。もしかしたら耐圧性の高いタイプは効率が少し落ちるのかな?とか考えて見たり。でも水漏れの可能性が低いのはかなりのメリット。
08055_20210806073101 組み合わせたらこんな感じ。最悪は真空管が割れても水は漏れないし集熱も出来るという事か。効率はがた落ちだと思うけど。
 だいぶイメージが湧いてきた。現物を見るとカタログとかでは解らないディテールが解るのが良い。

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

Techni 280°

07273_20210728163501 草刈りのナイロンコードが無くなったので買った。ナイロンコードは小石が飛んできて痛いので塀際とか限られた条件でしか使わん。だから一生モンだと思っていたけど以外と速く無くなってしまった。
 別の銘柄で面白そうなのが数点有ったけど、これに行き着くまでに何回も失敗して居るので試すのが怖かった。
 怖かったと言うよりも、これなら91mの間一回も溶着せずに最後まで使い切れた実績がある。他のヤツは条件によっては溶着をしてしまい、スプレーグリースを使ったりシリコーンスプレーをシューシュー吹いたりと苦労した。

07271_20210728163501 こちらは「スモールライト 法規」だったか、法的な基準はどうなっているか検索した時の検索結果。
 グーグル検索で1位と3位の結果がこれなのだけど、見ていくとため息しか出ない。こういうはっきりと解る間違いは良いけど・・・良くは無いけど(笑)、自分の知識が不確かな分野だと大変な間違いを犯してしまう。
07272_20210728163501  どっかのライターか1ページ何円のアルバイトが書いているのだろうと思うけど、少しでも科学的リテラシーがあれば起こりえない間違いだと思う。
 そういう部分が情けないと感じると同時に、こういうページが上位に来てしまう今のネット情報ってどうよ?。と言う気持ち。
 書き手の人物像が解る情報以外は、価値がないと言うよりもマイナスの価値であると考えた方が良いのかもしれない。どうなっているんだろうこの国は。。。



| | コメント (5)

2021年7月19日 (月)

Telework Days

 親愛なる日本国政府によると、今日から49日間はテレワークで仕事をしなければ成らないらしい。と言う事でコンミュテータを削ったりする事は出来ず、「Fと書いた端子をアースに落としてみたらどうですか?」とPCからアドバイスしか出来なくなった(笑)。
 「7割をテレワークで」とか「暑いからエアコンを点けて」と言う言葉を聞く度に虚しくなる。世の中はそんな仕事ばかりじゃ無いんだよ。言っている人たちは知らないだろうけど。

07191_20210719204001 MACTOOLのスクレイパを貰った。替刃式なのに替刃が無い。そういえばポルシェ屋さんにMACのバンが来ていたので聞いてみよう・・・そう思って居たけど翌日にナフコでぴったりの替刃を見つけてしまった。
 この手の替刃には規格があるんだろうか?、それともどこかの会社の製品が標準と成ってしまい、他社もそれに習ったとか。
 理由と状況は良くわからんけど、10枚セットが200円弱で買える事が解ったのでガンガン使えそう。とりあえず古い車検シールを剥ぐのに使える。
07192_20210719204001  昨日写真を取り損ねた点灯具合。色合いだけじゃ無くてライトの光り方がここまで違うとは思わなかった。
 このままでは間抜けで寂しいので、リング状の凹凸を付けてみたり、リング状のスモールライトを付けたりするんだろう。
 なんとなく大型2灯のデザインの必然性が理解できた。でもそこまでやるのは面倒だから、しばらくはこのままで行こう。

| | コメント (0)

2021年7月 6日 (火)

The new wheels turn better.

07061_20210706231201 今日は楽客予定が有ったし、それとは別に漆喰塗りの手伝い人まで来る事になって居る。あまり時間が無いのであさイチにナフコまで行ってキャスターを買ってきた。
 ベースはその辺に転がっていた合板。適当にネジで組み合わせたら完成。もう本当にびっくりするくらい取り回しが楽になった。まあ当然の事で今までは車軸が固着していたんだから。
 道具はきちんと整備せんといかんな。
07062_20210706231201 久しぶりのルーカス製マグネトー。高温時に失火する原因は明確には成らなかったけど、分解整備に、コンデンサ交換と、高圧巻線のワニス含浸をやる事になった。
 ここまで分解するのも意外とたいへん。今はマグネトー軸受も数個ずつ在庫しているので、ベアリングの圧痕とか気にせずに分解出来るのは楽になった。
07063_20210706231201  一度修理されていた。修理時に装着されたコンデンサはDC200V/AC140V耐圧のヤツ。マグネトーなのであまり高圧は出ないとは思うけど、ちょっと低いんじゃ無かろうかと思う。
 最近は高耐圧でも小型化が進んでいるので、うちでは400V耐圧のコンデンサを使っている。
 これを掘り出すには軽い大工仕事で鑿と玄翁の世界が待っている。
07064_20210706231201 こちらは巻線側のワニス含浸。この手の作業は汚れるので写真はあまり撮らないけど、今日は客人が居たのも有って話しながらゆっくりと撮影した。
 どちらの作業も良い方向に行くのはほぼ確実だけど、体感できるほど良い方に行ってくれるかどうかが問題だ。




| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

What's going on?

07041_20210705074801 畑に行って驚いた。マスクメロンの1本が完全に枯れてしまっていたから。訳が解らん。しかも1日で先端まで綺麗に一気に枯れるなんて、こんな事が有るんだろうか?。
 実際に起こっているから現実を受け入れるしか無いけど、こんな感じで全部が一気に死んでしまう状況が有るんだ。
 全部で8本くらい植えたうちの1本だけど、その他のヤツも半分くらいは葉が黄色くなり始めたのがある。水分だろうか?、雨が降ったと言ってもほんの少しで土は乾いて居る。
 それとも何かの病気とか栄養不足か?。もしかしたら訳の解らんF1種なのでこのあたりで突然死してしまう可能性をはらんでいたか。
07042_20210705074801  とりあえず記念に取ってきた。匂ってみてもキュウリの匂いしかしない。まあここで終わったとしても楽しめたのは事実。
 数日おいてから切ってみよう。



07043_20210705074801  こちらはN360のダイナモ用皿ネジ。結局頭を小頭に切削加工した。前に書いたようにドライバの入る溝の寸法が妙になってしまうけど仕方無い。
 明日にでもメッキ屋さんに持って行って全体を再メッキして貰おう。

| | コメント (7)

2021年6月13日 (日)

Fixing a high pressure cleaner

06131_20210614082401  変なオッサンに貰った高圧洗浄機が不調になった。圧力が上がらない。これはたぶん使用頻度が低いというよりも、使用の間隔が開いてしまった事が原因のような気がする。
06132_20210614082401  シリンダの中のかすをアルミのスクレーパで削った後、1000番で軽く磨いたら段差も無く綺麗な円筒面が出てきた。


06133_20210614082401  サクションのバルブも感触が悪かったので、その辺に有ったコンパウンドを付けて摺り合わせしてみた。




06134  素晴らしい、直った。ほぼ定格の3.5MPaが出るようになった。





06135  ユンボで最終試験をしておしまい。畑の中とかで使うにはエンジン式が良いけど、エンジン式の良さそうなヤツは高い。
 近所の爺さんが動噴の要らんの隠し持って無いかなあ。粉体の動噴が来ても困るけど(笑)。

| | コメント (2)

2021年6月 6日 (日)

Making a pry bar

06061_20210607133901 農機具とか下回りとか、荒っぽい仕事をするときに役に立つ「プライバー」。売っているけどでかいのは意外と高い。
 そこで小さいのは古いマイナスドライバを、中くらいのはタイヤレバーを、そしてでかいのはバールのような物を使っていた。
 ただ、本来の用途がバールなので少々使いにくく、曲がった部分を切り取ってアルミパイプを接着してそれっぽく改造した。
 最初の案では木の柄を付けようと思って居たけど、元が太くてそれにはまる柄はさらに太くなって握りづらく成ったのでアルミパイプに成ったという訳。
 まだ実際には使ってないけど、釘抜き時代に比べたら圧倒的に使いやすくなった。早くやれば良かった。道具はボロでも良いけど用途に合った形状や性能が無いと駄目だ。
 なにを当たり前の事を書いているんだろう(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧