2021年12月 3日 (金)

Old Photos

親愛なる熊崎へ
悪天候で退屈している君へ、以下の古い写真達を捧げる。

12031_20211203202901 Ka-6Eの羽布張り替え作業。技術的な資料は出て来て無いけど写真が数枚出てきた。
 スキャナーが見当たらないので、取りあえずカメラで撮影した。
 作業前に落書き。左端にリムーバを塗っている刷毛が少し映っている。。。バカだ。
12032_20211203202901  ネズミの巣が出てきて盛り上がる。
 若い・・・。




12033_20211203202901  仕上げ塗りの前に水研ぎだろうか?。全く記憶に無い。こんなことして良いのか?。やっぱりバカだ。
 羽布は化繊が入った?ヤツでどこから買ったか忘れた。ドープは昔は買えていた日特のヤツ。上塗りはガンでフタル酸系。
12034_20211203202901  こっちはW-19。搭乗が私で、向かって左から今は亡き丸山、髪の有る(笑)T教官、蓮佛さん?。
 丸山はこの後シマノに就職し、直ぐに亡くなってしまった。そして今、うちの長男がシマノに居る。これも運命か。
12035_20211203202901  何故こんなに背景が白い写真が?と思ったけど、高度計が1320m辺りでバリオも+なので、「雲に入っちゃうよ~!」的な写真かもしれん。
 本当に昔からバカだ。でも勢いは有ったな。

12036_20211203202901  こっちは真面目な仕事の写真で911のオルタネータ。
 このタイプはベアリング回りが分解しやすいけど大径ベアリングが少し特殊。そして何故かこの個体は、スリップリングがほとんど減って無いのに小径ベアリングがゴリゴリしていた。
12037_20211203202901  レギュレータは単体で試験。このタイプは接触不良のトラブルが起こりやすいので、私のヤツも3回ほど接触不良を起こした後で頭に来たから丸形端子のヤツに作り替えた。


12038_20211203202901  制御電圧は14.7V辺り。オルタネータのお尻でこの電圧なので、電圧降下とか有ってバッテリ端子電圧はもう少し低下する。
 でもこのくらいならヘッドライトを点けなければ14V以上は維持できるはず。

| | コメント (4)

2021年12月 1日 (水)

Vespa

12011_20211201201801 フィリピン英会話が終わってホッとしていたら下から車が上がって来て荷台からベスパが降りて来た。
 オードリーまで行かなくてもそこそこ可愛い女の子でも来たかな?と思って出て行ったら私よりも年上に見えるオッサンというか爺さんが二人。。。ガックリ来たよ。
12012_20211201201801  ベスパは軽トラに載ってきたけど、もう一台はMINI。いかにも変なオッサンだ(笑)。
 三男のMINIはインジェクションモデルだったけど、これはそれよりも古いみたいだ。
 エンジンがかからんと言う話だったけど、プラグの火は飛んで居た。エアクリーナを外してキャブの入り口に混合油を垂らしてやったらエンジンがかかった。
 しばらく吹かしてから垂らすのを止めたら止まる。回転が高ければギリギリ回る気配がある。メイン系統はかろうじて生きているけどスロー系統が死んでいる感じかな?。
 ベスパのキャブを初めて見たけどスライドタイプのスロットルバルブだった。どこかのレーシングキャブみたいだけど、摩耗したら調子が崩れそうな感じでもある。
 パワコンの改造とか太陽熱温水器の設置で忙しいから、暇なときにボチボチやろう。

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

Solid-state DME Relay

11291_20211201180901 今までは基本的に改造元を送って貰い、ピン部分を流用して新しい基板に交換する「改造」方式を基本としていた。
 これは故障したDMEリレーを無駄にしないとか、予備で持って居た分を改造したりすればコストが少し安くなるしSDGs的にも悪く無い道だと思ったから。
 でも最近は互換品だけじゃ無くて純正品も構造を変えてきたりして、もう改造では対応できなくなってきた。そこで勿体ない話だけどこちらで手配した新品を解体し、そのピン部分を使った完成品だけを販売する方式だけにする事にした。
11292_20211201180901  結構悩んだけど、いくつか買い集めた中からしっかりしているけどそれほど高くなくて、今後も継続して売っている様なヤツを選んだ。
 回路的には一つ前のバージョンと基本的に一緒で、ポンプ側はFETを3並列、DME本体側は2個並列。
 3個並列は964の平ピンタイプでトラブル例があった為に強化した訳だけど、安全率が上がる方向なので930にも採用してみた。たぶん一部のポンプの消費電流が馬鹿でかいのだと思うけど、こちらでは把握出来ないから出来るだけ強化しておくしかない。
 放熱板用のパターンも準備して居たけど、10Aを流しても電圧降下が15mVとほとんど発熱が無い。そのために放熱板は930では無しにした。
 それよりもパターンの抵抗の方が気になったので、パターン上に銅線を半田付けして面積を増やしている。

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

Under the table

11262_20211126210101 6P-CDIのメカ的な部分が完成したので残りは電気的な部分。
 いつも交換するような部品はあらかじめ交換してしまい、あとは測定しながら問題がありそうなヤツを変えて居る。
 一気に全部を変えた方が良いような気がするけど、それだと原因が解らずにやって居る感が有ってトラブルに負けたような気がする。
11261_20211126210101  とは言っても基板に乗っている部品代は安いヤツばかりなので、年代とか考えたら一気に全部交換が良いかも知れない。でもそれを言い出すと基板もゼロから作った方が良い話になる。
 うーん、難しいね。

11263  3Pは調整する所はほとんど無いけど、6Pは1カ所だけ調整箇所がある。デスビからの信号を受けるところ。
 擬似信号で調整をしているけど、本来ならその車に乗せて調整出来たらもっと良いと思う。でもそこまでするならLM1815辺りを使ってゼロから作った方が良い。
 LM1815で受ける新基板とか作って見たい気がするけど、数ヶ月に1個しか入らないヤツの為に変な形状の基板とか作ったら大赤字だな。YouTubeに上げたら変な外人が3人くらい感心してくれる程度か。

11264 今日のちゃしろは何故かテーブルの下。テレビとかで見て良いなあ・・・と思って居たけど、実際に犬が部屋の中に居るとあらゆる物が毛だらけになって良いモンでも無い事が解った(笑)。

| | コメント (4)

2021年11月25日 (木)

Ruptured capacitor

11251_20211125214701 ポルシェ用の6ピンCDI作業。電子回路的な作業じゃ無くて、機械的な作業ばかりしている。
 コンデンサが破裂していた。容量は少ないけど残っているけど、最初の試験で感じた不調の主因はこれみたい。

11252_20211125214701  今風の新しいCDI用コンデンサに交換する。今回みたいに破裂して居なくてもリフレッシュの場合は交換するようにしている。



11253_20211125214701  焼損して訳の解らんジャンパが飛ばして有った端子も再生した。
 基板表面も汚いけど、まだいくつかの交換作業が残っているのでその後で洗浄しよう。

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

Extension for Schrader Valve

11211_20211121210701 そういえばASK21の前輪に空気が入らなかった事を思い出した。学生さんが合いそうな空気入れか延長パイプを手配する様に言っていたけど、見つからない可能性も有るしこの手の商品は微妙な寸法差によって使えない事も多々。
 さらに自分の作業でも、まさお君とかトラクタの一部に一般的な空気入れヘッドでは入れにくい物が有ったことを思いだした。そうだ、一個作って置こう。

 構造的には、古いホイールから外したバルブAssyと、できるだけ小ぶりの金属製キャップを組み合わせて半田付けしただけの代物。向かって左がホイール側で右が空気入れ側。
11212_20211121210701  空気入れから見る。普通の米式というか、自動車やバイクに使われて居るタイプになる。ママチャリとか競技用自転車には、英式とか仏式と呼ばれる違う形式のがある。


11213_20211121210701  ホイール側から見る。パッキンが硬化して死んでいたので、適当なOリングを押し込んでみた。
 さらに奥まったバルブを想定して、メネジをギリギリまで短く切削した。


11214_20211121210701  内部はこんな感じ。米式の内部には小さなワンウェイバルブがねじ込まれて居るけど、その先端に真鍮パイプを取り付けて延長している。
 これによって空気入れのセンターにある突起がバルブを押すと、延長された棒を経由してホイール側の「本当の」バルブの突起を押す事に成る。
 すると空気入れ時に余分なクラッキング圧が不要になって楽になるし、空気入れ側の圧力計も正確になる。そして別の圧力計で測る事が出来る様になる。
 この棒が無くても無理矢理空気を入れる事は出来るけど、キツイし後で圧力計で測定する事が出来ない。まあ、全ては正常に働いた時の話だけどね。
 念のために耐空検査の試験飛行には持って行って置こうと思う。

| | コメント (6)

2021年11月19日 (金)

Lunar Eclipse

 夕方のちゃしろの散歩が丁度月食のピークにかかった。皆既では無いと書かれていたけどその通りで、指輪の宝石部分が右から時計回りに下に移行していった。
 真っ暗に成ったらちゃしろに「コロンブス様にもう一度月を取り戻してくださいとお願いするんだ」と言おうと思っていたけど、そこまで暗くならずに肩透かしを食らった感じ。
 地球と月の軌道が合わさってこのような見え方になるのだと思うけど、歩きながら考えただけでは良くわからなかった。地球の影から地球の大きさが何となく想像出来た。

11191_20211120074201  作業中の6ピンCDI。コンデンサ固定のリベットの頭に何か塗ってある。トランス固定のビスの頭が潰れて居る。。。
 なんか嫌な予感のするCDIだ。



11192_20211120074201  擬似信号を入れたら点火はする。でも音が不規則でなんかおかしい。体感できていたかどうかは解らんけど、完調では無かった事は確か。




11193_20211120074201  中を開けたら小さくギャッ。
 基板と端子を繋ぐ板状の部品が失われて居て、違う場所からジャンパ線が飛んで居る。改造なのかパッとしない修理なのか。
 ここから見える部品は何も交換などされて居ない様だ。

11194_20211120074201  基板から立ち上がった端子の「Y」型の股部分に配線を入れて、軽く固定してから半田付けする構造になって居る。振動下にある半田付けなのでBOSCH様も気を遣っている訳だ。
 でもこの写真はどう見ても半田でチョンと付けてあるだけ。時々「Y」型の部分が折れるけど、ここまで全部が折れてしまったりは経験が無い。しかも折れたら穴に入れるとか何か対策が欲しい気がする。
 うーん、中を開けるのがこわい(笑)。そして電子回路を物理的に弄ってあったり壊して有るのの修理は意外とめんどくさい事が多い。



| | コメント (0)

2021年11月16日 (火)

Pretty much work

11161_20211116212701 先週からやって居た356のダイナモが完成した。
 アーマチュアの巻線に原因不明の痛みが有ったので修正、あとは焼けて黒いどころかブツブツになって居たコンミュテータを切削。まだ余裕が有ったので生き返る事が出来て良かった。
11162_20211116212701  接続部の絶縁チューブは全滅、巻線の被覆も紙を巻いてワニス処理も何もしてない感じなので触ったらボロボロ。




11163_20211116212701  端子に接続されている側もボロボロに崩れ落ちている。良く見たらここのチューブも紙質の物だったみたいだ。




11164  悩んだけど結局全部やり替えることになった。





11165  中央の接続部は捩って半田付けし、熱収縮チューブをかぶせて、





11166  その上から繊維質の絶縁チューブをかぶせて完了。
 あとはモータリングしながらブラシの馴染みを出して、最後に発電試験したらおしまい。
 念のためにブラシとブラシホルダも確認と清掃をしたけど、特に引っかかる感じは無かった。取りあえず入庫時よりもスムーズにして置いた。

| | コメント (2)

2021年11月11日 (木)

It's pretty burned.

11111_20211112211301 昨日書いた356のダイナモ。分解して中を見ているけど結構焼けて居た。
 コンミュテータがここまで焼けるのは何故だろう。今までの例だと過電流、ブラシの面圧不足、カットアウトリレーの動作不良、等があったけど実車をじっくり見る事が出来る訳じゃ無いので、良くわからないままに成る事が多い。
11112_20211112211301  こっちはフィールドコイル。2個のコイルを接続しているリード線はほぼ裸だった。本当の裸は接続の半田付け部だけだけど、それは絶縁被覆が生きていればの話。
 巻線の保護被覆もパリパリに破れ初めて居る。これを修復するには界磁鉄心を外す必要が有って、脱着に関してはコイルの巻き替えと変わらない行程になってしまう。
11113_20211112211301  こっちは自分の作業。Goproの偽物カメラに外部マイクを付けようと思い、マイクロUSBのジャンク端子を漁った。
 マイクロUSBのオスとタイプAのオスという意味不明のアダプタがあったので切り刻んで見たところ、プラスとマイナス線しか結線して無かった。
11114_20211112211301  仕方無いから中までほじって見たら、中の端子も電源線2本分しか無かった。
 ハハハ、徹底しているわ。これは使い道が無いから使って無いけど、これと同様のアダプタで通信とか試みたら悲惨な事に成る。
 何事も疑ってかかるというか、上手くいかないときは初心に帰って見直す事が必要という訳か。

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

Burned out generator

11091_20211110161001 今日の夕方入って来たポルシェ356のDCダイナモ。チャージランプが点くらしい。
 まずは入荷時の簡易テストとして外観を見ていくとコンミュテータが黒く焼けて居る。試しにモータリングで回して見るけど回らない。うーん。
 詳細を見ていくとアーマチュアの抵抗を両ブラシ経由で測定すると数オームレベルでフラフラしている。これは明らかにコンミュテータ部の抵抗が大きくなりすぎ。コンミュテータの再切削で治れば良いけどなあ。
 次にフィールドコイルの抵抗を測定して見ると、こちらは安定しているけど通常の半分くらいの値しか無い。可能性としては巻線のどこかが短絡してしまって居るか、2個のコイルを接続している部分の被覆が破れて、タイボルトに接触してコイル1個分が無い事になって居るか。
 明日にでも分解して詳細を見ていく事に成るけど、コンミュテータの色から各部に過負荷がかかっている気がして、何となくヤナ感じがしないでも無い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧