« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月14日 (日)

sounds good

07141_20240715094301  ロータを巻替えたDCダイナモ、フィールドコイル側も結構ボロボロなので外す事にした。
 界磁鉄心を固定しているサラビスは取れにくいのだけど、コイツはさらにタガネでカシメまでして有ってさらに苦労した。こういう時は頭に血が上っている事も有って写真が無い。

07142_20240715094301  絶縁テープと取り出しの線は交換したけど巻線は生きていたのでそのまま利用した。





07143_20240715094301  全てを組立てるとこんな感じ。今は在庫して居るこのサイズの絶縁チューブが赤なので少し派手かな?。まあカバーが付くと思うので見えないはず。



07144_20240715094301  まずはモータリング試験したらイマイチ感が漂う。巻き方を間違えたか?と思ったけど、よく見たらブラシが変な減り方をしていた。
 コンミュテータは全くと言って良いほど減って無かったので、このブラシは別のヤツから外してきたのだと思う。若しくは逆にロータが別のところから来て居るか。
 ブラシは残量が有ったので正しく研磨し直して装着したらOK。しばらく馴染み運転して様子をみて、最期に軸を回して発電試験したら完成。
 結構時間がかかったけど、この時代のロータ側巻き替えを経験できたのは良かった。

| | コメント (0)

2024年7月13日 (土)

It doesn't growl anymore.

07131_20240713212701  昨日の続きでダイナモの巻替え。白い絶縁用のファイバー紙はパキスタン人の様に鋏で切った。
 色々なやり方が有るみたいだけど、長目に作って線を巻くときのガイドにして、最終的に短く切って溝の中に納めるやり方が楽な気がしている。
07132_20240713212701  巻き方は簡単だけどコンミュテータとの接続が面倒臭いやり方だった。全部を宙ぶらりんで巻き終わった後で、順に正しい位置に接続していく事に成る。
 トータルで考えると長ーい線を1本物として巻いていくよりも、このやり方の様に短い線を24本用意して巻く方が線の取り回しは楽な気がする。
07133_20240713212701  全く唸らない。素晴らしい・・・と言う程の事は無くて「普通」だ。
 あとは簡単に組み直して動作を確認し、OKならワニス処理をしたらおしまい。
 このダイナモは界磁コイルの保護テープもボロボロなので、最低でもテープの巻替えはした方が良さそうだ。
 こっちは界磁鉄心を止めて居るでっかいサラビスさえ外れれば、そんなに面倒な作業じゃ無い。

| | コメント (2)

2024年7月12日 (金)

It is growling.

07121_20240713182201  昨日書いていたDCダイナモ。モータリング試験が明らかに可笑しいので分解してロータ単体を試験した。
 グローラに載せたら教科書通りに「グウォーン」と唸って鉄片を吸い付ける箇所が複数有る。
 テスターで絶縁を測定しても100kΩレベルなので、内部の絶縁紙とか巻線の皮膜がダメに成っている事が確定した。
07122_20240713182201  古いからか、幸いにもダイナミックバランスが取って無いロータだった事も有り、今回は巻替える事になった。
 初めてやるから慎重に巻き方をメモしながら解していく必要がある。


07123_20240713182201  2本の線を束にして巻いて有った。それぞれが2倍の数あるコンミュテータに繋がって居る。
 コンミュテータの絶縁は雲母みたいだ。雲母なら心置きなく半田作業が出来る。


07124_20240713182201  巻線もボロボロだったけど、スロット内の絶縁紙もボロボロだった。





07125_20240713182201  裸になったところで記念撮影。この手の作業は汚れたクルタパジャマにサンダル履きでやると上手に出来る(笑)。
 クルタパジャマは1着あるけど、儀式用の上等なヤツなので作業に使うわけには行かん。

07126_20240713182301  パキスタンの整備工なら鋏で器用に切り出すと思うけど、私にはそんな技術は無いのでレーザーカッタの力を借りた。
 上手に巻けるだろうか?。

| | コメント (2)

2024年7月11日 (木)

Sometimes it rotates, sometimes it does not.

07111_20240712103201  昨日の新しそうなオルタネータに比べて、誰が見ても「部品が出ないかも?」と感じる時代のDCダイナモ。
 まずはモータリングテストをしてみるとゴツゴツした感じで回る。詳細に見て行くと入力軸が特定の角度ならOKだけど別の角度だと回転しない事が解って来た。
 これはコンミュテータかロータ巻線の一部に不具合がある時の典型的な症状だ。コンミュテータは見た目的に綺麗なのでロータ巻線かもしれない。
 ロータ巻線の巻替えは動バランスを取る機械が出来て無いので、仕事としては受けてないけど将来的な課題として出来る様に成れば作業の幅が広がる。
07112_20240712103201  レギュレータは電子式が付いていた。オリジナルは壊れてしまったのかもしれない。
 制御方式はダイナモもレギュレータもフィールドコイルの+側を制御する方式で合っている。時々これすら合っていない事が有るので必ず確認が必要だったりする。
 制御自体も定性的には正しいけど、フィールドコイル電流を制御する部分に少し疑問が。それは「全力発電命令」にしても0.5Vくらい電圧が残ってしまう事。もしトランジスタのCE間なら0.1V以下になりそうなモンだし、FETなら今回の試験電流だともっと電圧降下は低いはず。
 回路を見てないので不調なのかそういうモンなのか解らんけど、低回転時の立ち上がりが悪くなる方向なのは事実だ。ボチボチ見ていこう。

| | コメント (0)

2024年7月10日 (水)

How do you solder to aluminum?

07101_20240712101201  良く解らん車のオルタネータ。軽自動車クラスに見えるけどポルシェ屋さん経由の物なので変な外車かな?。
 発電不良で外から測定して見ても何か変な感じで良く解らん。正常では無い事は明らかなので分解したいけど、ダイオードもレギュレータもブラシも外からアクセスできない構造になって居る。もうオルタネータなんて一つの部品でしか無くて、修理とかする思想は無くなりつつあるのかもしれない。
07103_20240712101201  分解しただけではダメで、接続してある各部の半田を外して行かないと前に進まない。
 確実にこの設計者は修理とかメンテナンスを除外して設計している。



07102_20240712101201  長ナットの長さ不足を補うために、下に大径の薄いナットがスペーサとして入れて有る。
 これは流石にメーカではやらんだろう。ベアリングもスリップリングもブラシも新品同様だけど、何らかの手が入ったリビルト品なのかな?。
 良く解らんリビルト品では今までに何回か痛い目というか訳が解らん状態に会っているので良い印象は無い。この時点で気持ちが少し萎える。
07104_20240712101201  ダイオードボードの絶縁樹脂が溶けている。





07105  ダイオードは車両用で見慣れた丸い圧入タイプでは無くて電子部品に良く有る様な形状。
 ただ整列が乱れているというか、放熱器にちゃんと付いて無いのが気に成る。


07106  2番目はハッキリとずれて居る。左端は完全に剥がれて居て、足の半田を取ったらポロッと外れた。他もちゃんと付いている保障は無い。
 放熱器はアルミみたい。ダイオードの放熱面は銅にメッキに見える。どうやって半田付け?して有るんだろう。
 興味は有るけど仕事としてやるには時間がかかりすぎるしリスクが有り過ぎる。新品取ったらどうでしょう?的な返事を出していたら物が無いから現物修理してくれと帰って来た。
 ハハハ、新品が出るならそっちを注文するよね。困ったねえ(笑)。

| | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

China's momentum

07091_20240711213001  この写真は以前に掲載した気がするけど、メカポンか何か用の電動燃料ポンプのロータ。
 コンミュテータの摩耗が酷すぎて旋盤の修正では追いつかなかったヤツ。コンミュテータが来たので交換作業を開始。

07092_20240711213101  買ったのは皆大好き中国。一部の人は大嫌いだけど、中国でしか売ってないんだから文句があるなら売っている日本の店を教えて欲しい。
 こないだ見たアメリカ人のYouTubeでもそんな事を言っていた。彼は自作モータのロータに使う型抜きされた電磁鋼板が欲しかったけど、結局中国の業者にオーダーする事に成った。
 アメリカ人がこんな事を言うのは意外だったけど、アメリカの変な事をする勢いが落ちて来たのかもしれない。スペースXだけは良いけどボーイングの宇宙船は帰って来れ無いし。。。
07093_20240711213101  専用品じゃ無いので追加工は必要だけど、ゼロから作れと言われたら無理なのでありがたい。




07094_20240711213001  廻りをガソリンが流れるからか整流覆いが付く。良い感じに復活できた。





07095_20240711213001  まずは吐出状態と漏れの確認をする。良い感じなので次は吐出量とリリーフバルブの測定をしたら完成。
 

| | コメント (0)

2024年7月 8日 (月)

Photos of the work in progress

07081_20240711200701  昨日のモータ。出力軸には弾性カップリング用のフランジが取り付けられて居る。
 このフランジの取付面はテーパでセレーションが切ってある。そう、車のワイパーアームみたいに。


07082_20240711200701  最初の話では車のワイパーモータという話が有ったけど、停止位置用の線も出て無かったので違うと思っていた。でも中には停止位置用と思われる接点も有るので車用で間違い無さそうだ。
 と言う事は連続定格のモータと思われるけど、それはあくまでも最高効率点付近の定格出力での話だ。
07083_20240711200701  普通に分解して行って軸受とかコンミュテータの手入れをしていく。
 ブラシはまだ十分に残って居た。車のワイパーに比べたら使用頻度は低いからだろう。



07084_20240711200701  ウォームはPOMみたいな感じのエンジニアリングプラスチック製。滑りもある様なこの手の部品には樹脂が良いんだろう。
 50年以上も使う様な想定だと金属じゃ無いと割れたりしそうだけど。

| | コメント (0)

2024年7月 7日 (日)

I think that is overload for him.

07071_20240711191601  先日見に行って来てインチキの応急修理をして来た曳航索巻取り装置。そのモータだけがやってきた、特性の把握と手入れの為に。
 一応現地でも測定はしたけど、モータの手入れをするタイミングでもう少し把握して置き、将来の修理とか入れ替えに備えようという話。

07072_20240711191601  飛行中に測定する事は出来なかったけど、地上で滑っているというクラッチを滑らせながら測定したデータでは、こんなに小さなモータなのに15Aも食っていた。しかもモータ端子電圧は8.5Vまで電圧降下して居た。
 今までやってきた自動車用補機モータのサイズ感から考えると15Aは過大だと思うし、8.5Vまで電圧降下して居るのは機内配線の容量的にも15Aは想定されて居ない気がした。
07073_20240711191601  今回モータ単体を見て行くと、BOSCHの減速機付き汎用モータでCHPと言うシリーズらしい事が解った。実物の観察と測定から減速比は69:1、最高回転数は出力軸で124rpm、拘束電流は22Aと成った。いずれも12V印加時で。
 拘束トルクは壊しそうで測定して無いけど、これらのデータを元に適当な特性図を書いたらこんな感じ。
 現地試験の15Aを入れたら最高効率点どころか最大出力点よりも過負荷側にある事が解る。実際にはこの15Aは端子電圧が8.5Vの時なので現実はもっと過負荷側であると想像出来る。
07074_20240711191601  試しに減速比を3割くらい大きくしてみた特性図を書いたらこんな感じで、同じ軸トルクの時の電流が12Aくらいまで減るし効率も良い位置に移動する事が解る。
 このグラフと前記の電圧降下を考慮すると5割くらい低速高トルク化した方が良さそうな感じ。
 実際にはBOSCHにはこのケースで100:1とかの大減速比は無いし界磁は永久磁石で弄れないので、ロータ巻線を細いのに巻替えるか中国製の互換品から探すしか無いのかな?と言うのが今回の結論。

| | コメント (0)

2024年7月 6日 (土)

It is not level.

07061_20240710081301  1-2年前に妙な凹凸を修正した裏の通路。繰り返される大雨ででっかい水たまりが出来てしまう事が判明。要は素人左官の作業が悪くて水勾配どころか水平ですら無かったという話。
 最初は雨漏りかと思ったけど、大雨の間に状態を見ると雨漏りは数滴程度で大半は樋から溢れた水しぶきと、向こう側の土地から流れてくる水が側溝を濾して浸入してくるのが解った。
07062_20240710081301  側溝の水をこちらに流さないために、まずは側溝の蓋をグレーチングに変更した。U字溝の上にピッタリ載るタイプはナフコでも売って居るけど、今回欲しいのはコンクリの蓋と同じ形状のヤツ。実店舗では見つけられなかったのでMonotaroで注文した。
 次はへこんで居た場所にコンクリとモルタルを塗っていく作業。最初の1回目は作業手順を考えずにやったので奥の方に手が届かなくなり、素人でも解る程度の平坦度でしか仕上がらなかった。
07063_20240710081301  夏なので翌日には乗れる程度に硬化したので、次はへこんで居る場所に2回目のモルタル塗り。結果は・・・うーん(笑)。
 まあ素人がやるんだからこんなモンでしょう。この上から全面にモルタルを塗ると良さそうな感じがするけど、コンクリートミキサーは売って処分してしまったので手練りではキツいなあと考え中。

 こんな作業をして帰って来るとテレビが「エアコンを点けて下さい!」と繰り返えす。数年前に比べると少しは配慮された言い方に変わっては来たけど、この手の声を聞く度に「全ての人が部屋の中で仕事しているわけじゃ無いんだよ。」と言う気分に成る。
 エアコンエアコン言う割に、事故が何回起こっても運動会は6月にしたがるしオリンピックも真夏にやりたがる。決める人たちはエアコンの効いた部屋でしか生きたことが無いから、実際の感覚を知らないんじゃ無いか?とさえ思う。
 エアコンの有る教室が増えて来て居るのに、昔よりも暑くなった今の時代に昔よりも暑い季節に子供を外で集団行動させる。直ぐに倒れるに決まっとるし弱い個体は死ぬ事も有るわ。
 水分補給を十分に行うように指示を出させよう。必要な対策は何か有識者に(部屋の中で)決めさせよう。諸事情から時期は動かせないから現場の対応が重要だ。。。まあ、エアコンの件以外でも同じような事が一杯有るな(笑)。

| | コメント (0)

2024年7月 5日 (金)

How do Narrow Porsche's Blinkers work?

07051_20240710065701  ナローポルシェのウインカーリレーを修理したり、車体に装着してアーダコーダやったので纏め的な事を書いておきたいと思う。
 この話は「49」「49a」「C」「31」の4端子が出て居るウインカーリレーに関して、基本的な内部構造と車体全体の電流の流れを示した物で、全リレー式で書いて居るけど電流検出を半導体でやって居るタイプも基本的な考え方は同じ。
 RとLが逆のように思える奇妙な配線はウインカー球切れをドライバーに知らせる為の苦肉の策。日本でも同様の法令が有ったと思うけど、ドイツにも有るみたいだ。
 基本配線図でインジケータの接続が逆のように見えるけどこれで正常。古い車なので逆に接続して別のリレーを付けたりの改造がされている場合もあるかもしれん。
 リレー中の右下のリレーはメインの電流をオンオフするリレーで、このリレーの駆動は半導体回路に依って一定の周波数で駆動される。球切れしても早くは成らない。
 左上のリレーは回路電流の検出用で、前と後ろの電球に規定の電流が流れるとオンに成る。オンに成ると「C」端子に同じ位相の12Vが出てくる。
 もしどちらかの玉が切れたり接触不良が起こって電流が少なくなると、左上のリレーは動作しないので「C」端子には12Vが出て来ない。「49a」端子には普通通りに断続的な12Vが出てくる。同じ周波数で。
07052_20240710065701  ここまで来たら次は通常の動作を見てみたい。例として右にウインカーを出した場合。
 赤い線が12Vが来ている線で、緑が0Vが来ている・・・と言うと言葉が変だけど負荷のGND側の電気の流れを示して居るとでも理解して貰ったら解るかもしれない。
 前と後ろのウインカーがチカチカして、それと同じタイミングでインジケータにも12Vがチカチカ入力される。しかし「L」のインジケータは「49a」端子と「C」端子の両方から12Vが印加されるので点灯されない。ちょうどチャージランプが消える仕組みと同じ。
 対して反対に接続されて居るように見える「R」のインジケータだけど、この電球の片側には「49a」端子から12Vが印加されて居る。そして反対側は車体の点灯しない側のウインカー球に繋がって居る。
 ここで電球のワット数を考えて見ると、インジケータ球は3.4Wとかそんな程度に対してウインカー球は21Wとか23Wも有ってさらに並列接続されて居る。その為にインジケータ球は普通に近い感じで点灯するけどウインカー球は見えるほど点灯しない。
 結果として指示器を出した側のインジケータ球がチカチカ同じタイミングで点滅する事に成る。
07053_20240710065701  次は右にウインカーを出して居るけど右後ろの球が切れて居る場合。
 前と同様なので回路中の電流を追っかけて貰うと動作が解ると思うけど、今度は「C」端子に12Vが出て来ない。その為に起こる変化は。。。
 「L」側インジケータ球に「49a」から来た12Vが印加されると直列に繋がって居る「R」側インジケータ球を経由して車体左側のウインカー球へ電流が流れる。すると正常時と同じ理屈で「R」と「L」の両方のインジケータ球が点滅する事に成る。

 全体の動作としては、球切れが無ければ普通の動作をする。もし球切れとか接触不良が有って消費電流が少なくなると、両方のインジケータ球が同時にチカチカしてドライバーに異常を知らせる仕組みになって居る。
 今回の作業では車体に付けたら最初のチカッだけは正規のインジケータが点滅するけど、2回目以降は両方のインジケータが点滅した。これの意味することは電流値が既定値ギリギリと言う事。
 電球の消費電流は冷えているときが一番大きくて突入電流が問題になるくらい。今回は突入電流だと正規の動作をするけど、フィラメントが暖まってくると電流が減って異常時の動作になってしまって居た訳。
 外からみてウインカーは正常に動作していたけど、後ろは接触不良で最初は点滅して居なかった事から想像すると全体に接触不良などで電流がギリギリの状態なのだと思われた。
 正しくは全部の接触不良を治すべきだけど、見た目は点滅して居る。そこで別に修理して居た電流検出を半導体で行うタイプのリレーに交換して見た所、こちらだと正常に動作した。半導体式の方が閾値が少し低めなのだと思われる。
 こんな感じで長くなったけど、日本語でも英語でもあまり見かけない話なのでダラダラと書いてみたしだい。

| | コメント (0)

2024年7月 2日 (火)

TOKYO-TO DOJO-TO

07021_20240703192601 最近はあまり本のことを書いて無かったので今回図書館から借りてきた本のことでも。
 オンライン英会話のデイリーニュースという教材で、「AIを使った小説が日本の名誉ある賞を受賞した」的なヤツが有った。そう言えば一時期話題になっていたな・・・と思って借りて来たのが右の「東京都同情塔」。
 アマゾンのレビューでは意見が分かれている本だけど、私は面白くて読みやすいと感じて一気に読んでしまった。反対に村上春樹とかは評価が高いけど私は読みにくい気がする。まあ人それぞれで面白い。
 この本を読んで思い出したけど、やっぱりザハ案で行っておけば今の日本がもう少し元気だった様な気がする。この本と関係無く思うのは皇太子が柏原芳恵と結婚して居れば、子供も5人くらい生まれて跡継ぎ問題も起こらず、公務も華やいだ雰囲気で失われた30年も無かったんじゃ無いか・・・とか妄想。

 左もオンライン英会話絡みの本で、ムスリムの先生と話すことが多く成ったのでイスラム教の知識でも仕入れて置こうと思って借りた本。
 昨日は若いフィリピーナと話すと書いたけど、最近はフィリピン人教師の質が落ちてきた気がして話しが面白く無い。対ペソでも円は弱くなり続けて居るので、良い先生は他の仕事に逃げて行っている可能性が高い。聞く話しも韓国への出稼ぎが人気らしいし。
 そのせいも有って最近のお気に入り先生はインドのムンバイ大学大学院でITを学ぶ女の子と、パキスタンの歯医者の卵の女の子。偶然だけど二人ともムスリムだ。
 興味深いのはパキスタンの歯医者の方。パキスタンだとマララさんとか思い浮かべて、ヒジャブ被せられて家に閉じ込められ、世の中の事も知らずに皿洗いばかりさせられているイメージが有った。でも彼女からはそんな雰囲気は微塵も感じられない。
 まずは大学まで進学して居る事から十分な教育を受けている事が解るし、インスタにはパキスタントラックとは別世界の映像が並ぶ。カフェの中ではヒジャブを被って居ない写真も多数ある。ただ男の子と一緒の写真は無いのと、ヘソを出すような服装は無くて全てがパンジャビドレスみたいなヤツ。
 彼女たちともう少し深い話をするためにも、英語の能力をもっと向上させたいモンだ。

| | コメント (0)

2024年7月 1日 (月)

I discovered some old photographs.

07011_20240702230401  部屋を整理せな行かんなあ・・・と思って少しずつ物を捨てたり整理したりして居るけど全然進まない。
 古い写真はスキャンして、現像した紙は処分するようにして居るけど、面白い写真が出て来てしばらく見入ってしまった。
 写真に写っているのはフィリピーナの二人。ダンサーとして来日していた彼女たちを工藤が連れて来たので一緒にヨットに乗って遊んだときのヤツ。


07012_20240702230401  工藤のお爺ちゃんあたりが元締めだったから連れてきたのかな(笑)とか思ったけど、何時も彼は否定するから違うんだろう。
 彼女たちは幼く見えるけど、今から42年くらい前の写真なので当時16歳としても今は58歳。20歳ならすでに62歳のお婆ちゃんだ。
 オンライン英会話の先生は基本的に若いフィリピーナが多いけど、時々50代60代のお婆ちゃんも居る。その中の一定数は日本語が少し解ったりするので、こんな感じで来日して働いて居たのかな?と思う時がある。
07013_20240702230401  どこから来たのか聞けば良かった。もしかしたら「セブ」とか「ダバオ」とか言ったのかも知れんけど、気持ちはそんな所には無かった(笑)ので記憶には残ってない。
 この年になってフィリピーナと英会話の練習をしたりしているのも、こう言う体験が潜在意識の中で後押しして居るのかもしれない。
 今度60歳くらいのお婆ちゃん先生に当たったら見せてみよう。「私もこうやって働きに行ったのよ」と話が盛り上がるかも知れない。
 彼女たちに取って嫌な思い出じゃ無ければ良いけど。

| | コメント (0)

« 2024年6月 | トップページ