« My door handles have a skin disease. | トップページ | Can I sell it? »

2024年2月21日 (水)

I modified the bearings for a Porsche 964.

02211_20240221230001  ポルシェ964のツインプラグ用のデスビ。ドイツ人らしく無い力業の部品。
  ベアリングを抜いて分解してくれとの依頼。と言う事は簡単には抜けんと言う事だろう。


02212_20240221230001  アンギュラ玉かマグネトー軸受のアウターが残って居る。引っかかりは角Rだけ。




02213_20240221230001  カシメの凸部はナイフで削る。2STのヘッドのスキッシュ部をナイフで削った話をしたら、そんな事は出来ないと言われた事が有るけどアルミは簡単にナイフで削れる。



02214_20240221230101  底面のニードルベアリングはポンチ1個で止まっているだけ。ギヤのスラスト力で押しつけられるから問題無いと言う設計思想みたい。



02215  なんとか抜けた。こう言う使い方をすると工具は消耗品と考える必要が有る。先端がちびたら使え無い。




02216  サイズを調べたら単列アンギュラ玉の7201の内径だけ拡大した特殊品と言う事が解った。構造的にアンギュラを使う意味が解らんし、軸方向の固定がいい加減なのでデメリットの方が多そうな気がする。
 ポルシェ様の設計に文句を言ったら罰が当たるけど、少し気に成ったので深溝玉の6201の内径を研磨して同寸法のベアリングを作って見た。
02217 何となくそれっぽいのが出来た。能力的には6201でもほぼ同じなので問題は起こらない気がする。
 7201の改造品にした理由は7201だと内輪を分離出来るから加工が簡単な事くらいしか思いつかない。
 大前提としてブシュ時代の妙なシャフト径を使い続ける設計思想の方が変だと思うけど、もしかしたら当初はブシュだったのかも知れない。
02218  このタイプの内側マイクロメータは使い方が難しい。素人ほど3点で測定するホールテストみたいなヤツを使うべきだ。




02219  雰囲気は悪く無い。オリジナルは進角機構もベアリングも錆でドロドロに成って居たから、それよりは新品のインチキベアリングに交換した方が何倍も良いと思う。
 お金の有る人は純正ベアリング?を使うリビルト業者に出した方がもっと良いのは確か。
 でも、機械設計者としてこの構造で単列アンギュラを使うのはどうかなあ・・・と、最後までポルシェ様の設計に文句を言いたい私(笑)。

|

« My door handles have a skin disease. | トップページ | Can I sell it? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« My door handles have a skin disease. | トップページ | Can I sell it? »