« Cured rubber with a tickle | トップページ | Rust-proof coating »

2024年1月21日 (日)

Replacing the AT Release of ASK21

01211_20240121182601 今日は白川まで行ってASK21のATレリーズ交換。やった事無いけど何とか成るでしょ・・・と行ってみたら少しだけハマった。

01212_20240121182601  理屈で作り上げた様な凝った構造の操作ケーブルとカバーを外したらレリーズ本体が見えて来る。


01213_20240121182601  3本の取付ボルトを外してもスムーズに行かないのは想定内。昔からだけどTOSTって精度悪いよね。


01214_20240121182601  幸いにも新レリーズの方が0.2mmくらい薄かった。厚すぎて入らない事も無いしシムを作る必要も無い。レリーズの神様ありがとう。

01215_20240121182601  と油断したのが悪かった。レリーズ本体のボルトが機体に当たって入らない。旧レリーズをよく見たらセルフロックナットギリギリまでボルトが削って有る。
 これはTOSTのせいじゃなくてASの設計が悪いな。ヤスリを持参するほど優れた整備士では無かったので、ASのクソッタレと呟きながら近所のホームセンターまでヤスリを買いに走った。
01216_20240121182601  通しの固定ボルト3本を取り付けて、カバーと操作ケーブルを戻したらできあがり。
 操作ケーブルの固定ボルトは、M5の薄い3種のセルフロックナットが中途半端な位置で止まっているのだけど、これが手で回るくらいロックが効いてない。今回はロックタイトを併用して元通りに組んだけど、周囲に干渉物は無いのだから次のタイミングで長いボルトと1種の厚いセルフロックナットに交換した方が良いと思う。
01217  本当なら使わない間はATレリーズを切り離して置きたかったけど、ASの技術者が考えたイコライザ機構が懲りすぎていて、片手間に改造できる感じじゃ無かったので諦めた。

01218  普通に新しいレリーズが付いた感じに仕上がった。ボーイングみたいに曳航中に取れたりしませんように(笑)。

|

« Cured rubber with a tickle | トップページ | Rust-proof coating »

コメント

お疲れさま、経験者は分かります。
TOST レリーズ交換は現物合わせ必須ですね。
ASK13 のATレリーズ交換、昔は仰向け姿勢で潜っての作業なので夏は大変でした。
※大野日記の 2007年08月26日 ⇒ 8/26 の大野 (ATレリーズ交換)
今はノーズ下面の蓋を外して交換できるから便利だけれど、現物合わせは相変わらずですね。
※大野日記の 2016年04月15日 ⇒ 4/15 整備いろいろ

投稿: 草刈隊長 | 2024年1月22日 (月) 10時56分

 縁側でウイングレット付きの延長翼を修理する所が気に入りました。大工大の108も懐かしい。。。

 知らない人からは「航空機の部品でそんな事はあり得ない!」と言われそうですが、オッサンが手で切り出して居るんじゃ無いか?と思えるような精度で嫌になりますね。

投稿: みつやす | 2024年1月22日 (月) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cured rubber with a tickle | トップページ | Rust-proof coating »