« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月31日 (木)

SUBARU 360 again

03311_20220331203501  またまた入って来たスバル360のタコメータ。よく知らんけどスバル360には標準装備じゃ無くて、ヤングSSの装備品だったみたい。
 少し時代がずれるけど「ど根性MAX」とか「こしゃくにもクーペです」とか色々思い出しながら動作試験。
 だいたい言われる症状が再現出来ない事の方が多いのだけど、今回のタコメータはお客さんから聞いた症状とこちらで試した症状がほぼ一致したので安心できる。
 たぶん、タコメータユニット単体まで分解して、さらに文字盤と針が痛まないようにプリンの容器みたいなヤツを利用したケージまで作って送って来た人。観察眼も的確で鋭いからこちらでの試験と一致したんじゃ無いかと思う。
03312_20220331203501  プリント基板の痛みが数カ所有ったけど、なんとか修理して現行の部品で組み直した。
 入って来た段階でも一部のコンデンサが今風のフィルムコンデンサに交換したりしてあったけど、今回は全ての部品を交換した。
 まだきちんと調整して無いけど、上も回るようになったし調整範囲もほぼ適正な感じ。SSGで調整した後で、実際の火花試験機で生の信号を入れて確認したらできあがり。
 夜のコーヒー飲んだらやろうと思って居たけど、長崎の不良地方公務員が愚痴(笑)と事故調が入る様な電話を掛けて来たので仕事をやる気が失せた。これから先は明日の仕事にしよう。

| | コメント (0)

2022年3月30日 (水)

The influence of voltage

03302_20220330210201 数日前からちょくちょくやって見るけどトラブルが再現出来ない993?のエアコンユニット。
 ずいぶん進化したけど、まだカッコイイとは言えないエミュレータで色々やって居る。

03303_20220330210201  問題はオイルクーラのファンモータらしいけど、こちらの試験では低速も高速も正しく動作する。叩いてもドライヤで暖めても変化は無い。
 うーん、困った。


03304_20220330210201  こちらは順調に想像通りの結果が出たヤツでレーザー加工機。
 2週間くらい前に書いたけど、出力設定で60%以上くらいになると放電電流が増えない事が解って来た。これの原因を想像してみると電源電圧じゃ無いのか?と感じたので昇圧トランスを買って入れて見たわけ。
03301_20220330210201  これは日本の業者が100V化した機械なので、内部に200Vへの昇圧トランスが追加してあって100Vコンセントで動く。
 それは良いのだけど中国のサイトで同等品のスペックを見ていくと220V入力とか230V入力という文字がある。電流値は制御してあるとしても、放電電圧の不足で高負荷側では頭打ちになっているんじゃ無いか?と言う想像。
 そこで今回は100V→220Vの昇圧トランスを買ってみた。1kVAが送料込みで3,000円なのでこんなモンだろうと思って買ったけど、その後で1,000円くらいのを見つけてちょっと悔しい。
 でも良い事もあって、これは1kVAも有るから無負荷なら236V位出て居る。アメリカでは確か240Vだからこの方が助かるはず。
 と言う事で試験して見ると、80%でも順調に電流が増えて来て90%だと20mAの電流計を振り切ってしまった。グラフの点線は希望を含んだ想像値。
03305  詳細は後でやる事にして実際に試験切断。
 5.5mmのラワンベニヤを1パスで切ってみた。10mm/sでは抜けないけど、5mm/sなら80%以上は抜けた。これで少なくとも70%より上でもパワーが増えている事は確認出来た。
03306  こちらは裏から見た状態。7.5mm/sくらいで試験したら、抜けるかどうかの閾値が90%位に来てパワーの具合が体感できる様な気がする。明日以降の時間が取れるときに試してみよう。
 詳細の理屈は良くわからんけど、適当に想像した原因が当たっている感じがして気分が良い。後はトランスの1次側には常時電流が流れている回路に成って居るので、それの改造とトランスの固定をしたら完成かな?。

| | コメント (0)

2022年3月29日 (火)

I made a O2 sensor monitor.

03291_20220329211601 お客さんにO2センサモニタを渡す必要が出て来て、以前作って居たのを差し上げようと探したけど出てこなかった。仕方無いので新たに作る事に。
 最初は簡易回路で作って見たけど、O2センサの出力からベース電流を貰うのが少し気になる。自分用なら納得しているので良いけど、純粋な販売品では無いと言ってもお客さんに渡すのはどうか?。
 と言う事でコンパレータで0.45V辺りの基準電圧と比較する回路に作り替えた。LEDの駆動電流が探せるオープンコレクタのコンパレータなら簡単だったけど、無かったのでOPアンプとトランジスタを組み合わせた。
03292_20220329211601  青だとO2センサの出力電圧が低いので混合比的には「薄すぎる」事を意味する。




03293_20220329211601  赤だとO2センサの出力電圧が高いので混合比的には「濃すぎる」事を意味する。
 こんな「薄すぎる」と「濃すぎる」だけの情報じゃ何の役にも立たない気がするけど、良く調和したエンジン制御系だと理想混合比の前後を常に行ったり来たりしている訳で、この点滅の具合を見ればだいたいの状態が想像出来る。
 あとは後ろに見えて居るけどエアフロの出力電圧をモニタして、ダッシュボードのタコメータがあればかなりの情報が得られる。

| | コメント (0)

2022年3月28日 (月)

Credit cards are evolving.

03281_20220329182601 カードの有効期限が来月に成ったので、VISAから新しいカードが送られて来た。そこでちょっとしたびっくりがあった。
 まず第一は普通郵便で送られて来た事。こんなんで良いんかい?と思ったけど、紛失とか盗難によるデメリットよりも、配送料金の差額の方が大きければ企業としてはメリットがある訳だ。
 デザインがえらくシンプルに成ってすっきりしたなあ・・・と思って居たけど、よく見たら表面からカード番号とか消えていた。例の凸凹の文字のヤツ。もうガーッとやる機械とか残ってないと言う事だろう。
 でも面白いのは一緒に送られて来たETCカードには従来通りに凸凹の文字がある事。こっちは役所が噛んでいるから日本を衰退させる面倒な仕組みが有るんだろう(笑)。
 あとはICチップの接点の配置が違うのも気になる。これって店舗側は新しい機械を導入しないと行けないのか?。でも一時的に両方のカードが混在すると思うけどこの配置で互換性が有るのか。うーん、凄い。
 最後に驚いたのは右上のWifeみたいなマーク。これが有るとピッと機械に近づけるだけで決済が出来るらしい。スマホとかあの手の文明の利器を持たない私に取って、コンビニなんかの少額決済で便利になるかもしれん。でも最初に使うのはちょっと緊張するな。
 そして最後にもう一回思ったのは、こんな機能のあるカードを普通郵便で送るかぁ?、と。

| | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

Frame for PORSCHE CDI transformer

03271_20220327204601  排気の配管がまだだけど、レーザーカッタが動き始めたので懸案事項を一つずつ潰して行こうと思う。
 まずはポルシェ911のSC時代に使われていたCDI用のトランスの巻き枠。コア材も固定用のフレームも準備したけど、巻き枠だけはまだだった。
03272_20220327204601 今までは中古の枠を使ってみたり、同一サイズの標準的な枠に手で切り出した枠を組み合わせて作って居た。でも今日からは巻き枠もオリジナル製作品になる。これでポルシェ用の3ピンと6ピンCDIのトランスは完全に再現出来る様になった。
 これで大金持ちに成れる訳じゃ無いけど(笑)、「ええ、トランスが燃えていてもOKですよ」と軽く返答できるのは私的に「cool」な訳だ。
03273_20220327204601  ファイバー素材から切り出した部品を組立てる。折り曲げ部分に軽く照射して曲げの線にしたかったけど、それをやると一番厚みが欲しい角が薄く、破れやすく成ったので却下。手でチマチマ曲げるしかない。


03274_20220327204601  こういうカチッとはまる細工が出来るのがレーザーカッタの素晴らしい所だと思う。





03275  こんな感じでくみ上げて、接合部に接着剤を塗って乾燥させる。あとは線を巻いてコアと組み合わせた後でワニスを真空含浸すると、ファイバーがFRP的に硬化して機械的にも電気的にも特性が良くなる。


 数日前に書いた英会話のユーチューブチャンネルを見ているけど、私的に最高のヤツを発見した。良くある「初心者がオンラインレッスンを受けてみた」的なヤツじゃ無くて、フィリピン英会話をネタにしたコント
 低レベルでフィリピン英会話を始めた人だけが共感出来る・・・と言うか心が痛くなる内容だと思うから、そうじゃ無い人は見るだけ時間の無駄だからお勧めしない。

| | コメント (4)

2022年3月26日 (土)

Unstable Contacts

03261_20220327182701 何となく変な感じの漂うレギュレータ。抵抗の足みたいなリード線で繋がって居る2個の端子は本来なら同電位の端子。でも何故か右側の端子はベーク板で浮かせて有って細いリード線で繋いである。

03262_20220327182701  信号線なら良いけどここは全発電電流が流れる所。右側端子から2.0mmくらいの線が出ている事からも何となく解るけど。
 そんなにガンガン発電できんとは思うけど、バランス的に太い線に交換した。

03263_20220327182701 リベットと配線を半田付けする端子の接触が不安定なので、半田で接続した。
 よく考えたらここはフレームとは縁が切れた浮いた場所。もしかして中心に「堅い」金属のパイプ的な物が無くて、ベーク板が割れない程度でカシメて有るんだろうか?。
03264_20220327182701  ここも不安定なので半田で接続した。考えたくないけど、本当にベークが割れないように緩くカシメて有るのかもしれない。。。
 その他も昨日書いたずれた接点とかを修正して、最終的に電圧を調整して完成とした。
 電圧調整もGT380の時のようにリレー的に一気にカチンと動きたがる。かなり可動する鉄片を弄って中間状態が発生する様にしたけど、この部分も何かヤナ感じがする。
 新品の状態を知らないのでこれがオリジナルかも知れないけれどBOSCHのでっかいヤツなどは凄く調整が楽で低速接点と高速接点の電圧が思った所に設定出来る。BOSCHとデンソーの設計能力の差だろうか?、それともデンソー的には高速接点で最大電圧さえ規制できればOKだろ?と言う考え方かな。

| | コメント (0)

2022年3月25日 (金)

something is wrong

03251_20220325202901 N360用のセルダイナモ用レギュレータ。色々な経緯が有って今日入ってきたのだけど、、、何か妙な感じを受ける。

 妙に綺麗。


03252_20220325202901  こんなパッキンが有るんだ。






03253_20220325202901  刻印に何か違う感。






03254_20220325202901  セル用の接点が酷く曲がっている。






03255_20220325202901  ボルテージリレーの接点も凄くねじれている。
 そしてカシメで導通して居る分厚い端子とリレーフレームの導通状況が0Ωじゃ無い時がある。。。等など。
 パッと見た時も少し弄ってみた後も、感じたのは以前書いたGT380のレギュレータと同じ内容。こことかここに書いているから暇な人は見てください。特に後者の妙に新しい感じが似ている気がする。

 全く関係の無い話だけど、簡単な英語の動画が無いかな?とぶらぶらしていた時に見つけたヤツでこことかここ辺り。初期のタモリを見たときに近い感情がわき上がった。
 嫁さんに見せたらそこまで反応は無かったので、私は言葉遊び的な物に反応する人間なのかもしれない。その割に語学の習得には苦労しているけど(笑)。
 ただ1年以上もやって居れば少しは進歩がある訳で、今日のレッスンの始めに軽いジョークが言えた。始めに先生が「聞こえてますか?」「私が見えますか?」的な事を聞くわけだけど、それに対して「I see a beautiful lady.」と言ったらメチャ受けた。
 ノリの良い先生で大笑いした後で「別人だ、何かおかしいよ」とか言うので間違った先生だけどこのまま授業をやろうと言ってレッスンがスタートした。

| | コメント (0)

2022年3月24日 (木)

Polishing Jig

03241_20220324220501  パキスタンの修理工に笑われている気がしたので、朝一にミラーの研磨ジグを作って見た。
 色々考えてみたけどPOMの廃材が落ちていたのでそれを削って金ノコですり割りを入れただけのヤツ。
 構造的には悪くなかったけど材質の選定が悪かった。夢中になって磨いているとPOMが溶け出してしまったから。あとでアルミか鉄で作り直しておこう。
03242_20220324220501  昨日は第3ミラーを磨いたけど今日は第2ミラーを磨いた。その結果が2番目の写真。
 一番上は光軸だけ合わせた状態で、この状態では2.5mmの化粧ベニヤを1発で抜くことが出来なかった。
 2番目はミラーをガラスクリーナとアセトンで拭いた状態。この後で第3ミラーを研磨したけど、こう言う感じのきっちりした比較画像は撮ってない。体感的には少し良くなった感じ。
 3番目は第2ミラーを磨いた状態。それまでは自然と抜けるには50%の出力が必要だったけど40%で抜けている。音も少し違って聞こえたのでミラーを磨く効果はあると思われる。たとえインチキっぽいやり方で有っても。
03243_20220324220501  これは裏から見た状態。一番上の段(この写真では一番下の段)も指で押せば抜けそうなのが数枚有る感じ。
 今までも感じていたしこの試験でも感じたのは60%か70%を超えると切れ味に差がみられない事。

03244  それを定量的に確認しようと思って電流計を付けてみた。20mAが有ったので付けてみたけど、まあ電流範囲は丁度良いくらいと思う。ただ「T」の逆みたいなマークが有るので、水平に設置すると精度が出んのだと思う(笑)。
 別に纏めてみたいけど、取りあえずの感想は70%を超えると電流値は全く変わらないと言うことが解った。どこかに原因があるのか、こんなモンなのか、少し調べて見る必要が有る。

| | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

Can Chinese glasses protect my eyes?

03231_20220323181101  注文していたレーザー用の保護眼鏡が来た。レーザー加工機本体が中国製なんだから保護眼鏡も当然の様に中国製。私はぶれない男だ(笑)。
 まあ安全用品はちゃんとしたヤツ・・・と言う気持ちは有るので、波長とか保護性能とか一応は調べた。その上でまあ行けるんじゃ無いかと19ドルのヤツを選択。
 OD値は6となっていた。OD10に近いほど保護性能が高いけど整備や調整の際には少しだけ見える必要も有る。だから最適値を選ぶ必要が有るみたいで、国産メーカも全部の商品がOD10と言う訳じゃ無い。
 問題は本当にOD6なのか?に対してはCE規格に通っていると書いてあるので大丈夫そうな気がする。それに今や改竄は日本メーカの十八番に成ってしまったので、他所の国の事を笑ったり怪しんだりする事自体が意味の無い行為のような気がしている。
 取りあえず2種類買ったので、顔に合わない方を実験で潰して見ようと思う。下に手を置いたり目ん玉を焼くほど度胸は無いので、鶏胸肉でも置いて実験しようと考え中。
03232_20220323181101  向かって左側2個が今回買ったヤツ。右端は今まで仮に使って居たアディダスのランニング用サングラス。
 CO2レーザーに対してどのくらい保護性能が有ったのか知らんけど、グレーというか深緑系の色で表面が反射タイプ。直感的に考えて遠赤外線で有るCO2レーザーに一番効果的な気がしたので使って居た。

| | コメント (2)

2022年3月22日 (火)

Polishing a CO2 Laser Mirror

03221_20220323181101 レーザー加工機の反射鏡が汚い。水系と溶剤系の2種類で表面を擦ったらずいぶん綺麗に成ったけど、まだまだ汚いので交換しようと思って中国通販を見ていた。
 そしたらこんな記述を発見。高いミラーは金色のコーティング?的な表記だけど、安い銀色のヤツはモリブデン板を研磨しただけのように読める。


03222  これが溶剤とウエスで擦っただけの現状ミラー。色と重さからモリブデン?の様な気がしてきた。
 中国人の工員が磨けるなら、私も磨けるんじゃ無かろうか?と考えた。


03223  パキスタントラックのノリで色々な研磨方法と研磨剤を試して見たけど、現時点での最良は低速型ディスクグラインダにバフを付けて、青棒を擦りつけて磨くやり方。
 ミラーは指で持って居るので危ない。そして外周まで均等に磨けない。保持するコレットみたいなヤツを作るべきだ。こういうジグはパキスタンの修理工も準備して居る。対して日本の修理工は指で持って居る、ちょっと恥ずかしい。
03224  今日の所はこんな感じ。最初の試行錯誤で逆に傷が付いてしまったけど、アバタ状の小さな凹部が消えて来た感じ。あとは保持具を作ってもう少しピカピカにしたい。
 この状態で装着して試験してみたら、研磨前よりも少し良い感じ。少なくとも悪くは成ってない。そしてHDDのプラッタを切り出したミラーよりは高性能である事が解った。

| | コメント (2)

2022年3月21日 (月)

Durability of urethane parts

03211_20220323181101  たぶん形から964か933のオルタネータ。軸が振れてファンがハウジングに当たるらしい。なんかヤナ症状(笑)。
 さらにファン側は特殊ベアリングのタイプだった。でも時々入ってくるから在庫している。素晴らしい。

03212_20220323181101  振れの原因はベアリングじゃ無くて、テール側に入って居たウレタン製と思われるスペーサの崩壊だった。
 この手の構造は電動ドリルとかでも良くある。たぶん外輪の回転止めと組立性と振動吸収を兼ねた素晴らしい構造なのだと思う。耐久性の範囲内なら。
 何回か書いたことがあるけど、あまり乗らない車だとベアリングの耐久性よりも先にこのウレタン部品が先に寿命が来る。交換しても同じ事が起こるのでうちに入って来たのはPOMの削り出し品に交換している。
03213_20220323181101  今回はレギュレータユニットが外されて入って来たので、レギュレータの取付部と内部から出て居る接触部を磨いた事と、スリップリングの段付きを切削した事と、ダイオードユニットのチェックをしたくらい。


03214 これで完成。ああ、あとフロントのベアリング押さえを止めて居るビスが潰れて居たので交換した。
 このビスは特殊頭の皿ネジだけど、相手の皿もみ形状は標準なのでJISの皿頭でもピッタリはまる。

| | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

Flow Indicator

03201_20220320203001  地道に作業場の環境を整えているけど、その一環としてレーザーカッタの冷却系統に流量表示器を取り付けた。
 正式には何というのか知らんけど、要は「中の流体はきちんと流れてますよ」と解らせる為の機器。
 当初はボールが踊ったりギヤがクルクル回るタイプを試作してみたけど、微小流量に対して意外と難しかった。そこで単純な構造のテーパの中でボールが昇降するタイプに計画変更した次第。
03202_20220320203001  ギヤがクルクル回る方が見た目が面白いけど、こちらの方がシンプルだし校正すれば流量を測定する事も出来る。結果オーライでこっちの方が良かった様な気がしている。
 これは広島の大先輩から貰った5mmのアクリル板をこの加工機で切り出して作った。臭いのが難点だけどアクリルはベニヤよりも簡単に切れる気がする。

| | コメント (2)

2022年3月19日 (土)

The wrong bolts

03191_20220320201901 眺めて居てもトラクタの爪は引っ繰り返らないので、イヤイヤながら爪の向きを変える作業に着手。
 悩んだけど全部の爪を内向きにするのでは無くて、中央の1/3だけは交互のままで残しておき、右の1/3と左の1/3を内向きに変更する事にした。
03192_20220320201901  作業前は勝手反対の爪を買う必要が有ると思っていたけど、左右を入れ替えたらOKな事に気がついた。バカだ。。。
 中古で買ってから一度も分解した事が無いにもかかわらず、1本も切らずに脱着が出来たのは日頃の行いが良いからだろう。
03193_20220320201901  一つ気になったのはボルトの種類が違っていたこと。たぶん純正は右側のM10細目のリーマボルト的なヤツと思うけど、左側の並目も使って有った。
 細くなっているし交換しようと思って並目のM10を持ってきてびっくり。M10じゃ無くてインチの3/8みたいだ。
03194_20220320201901  でも頭の対辺寸法が17mmなのでフルのインチ規格じゃ無い。たぶんホームセンターで売っている国内用の建築ウィットネジだろう。
 こんな場所はメーカ純正か同等規格のボルトを使いたい。でも手持ちに無かったので仕方無くM10の並目ボルトに交換しておいた。ブチ切れたら危ないので後で注文して交換しておこう。

| | コメント (0)

2022年3月18日 (金)

Standards

03181_20220319184401  変なオッサンから古いディスプレイとPCを貰って来た。CNCマシンの制御用に丁度良さそうな感じだったから。
 早速死んでしまったディスプレイを交換しようとして感激。メーカが違うのに背面の取付ボルトのピッチが全く同一だったから。
 もしかしたら規格が有るのかもしれない。そしてその規格をメーカの枠を超えて遵守して居るのは素晴らしい事だ。
03182_20220319184401  こちらはディスプレイケーブル。サイズとか性能で具合の良い配置にしたら、パソコンとディスプレイでコネクタの違って居る組合わせが出来た。
 そういえばDVIにはアナログ信号も出て居るから、途中でぶった切ってVGAのケーブルに繋いだら良かろう・・・。そう思ってピン配置を調べて見たらそんなに甘くなかった。
 DVIにも種類が有ってアナログ信号も出て居るのはDVI-Iと言う規格のヤツらしい。パソコン側のビデオカードはどれもそれだったので問題無いけどケーブルが無い。
 DVIのケーブルは3本見つかったけど、その全てがアナログ端子の入って居ないデジタルでしか使え無いケーブルだった。これではつなぎ替え以前にアナログ信号を取り出す事が出来ない。
 メチャ特殊なコネクタなら、ピンバイスで穴を空けて真鍮棒でも突き出す所だけど、変換コネクタとか変換ケーブルが1,000円前後で売っているのが解ったので素直にベスト電器まで行って買ってきた。

| | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

Blade direction of rotary tillers

03172_20220318083501 ロータリの爪の向きに関して昨日アドバイスを貰ったので確認してみた。メチャドロドロに汚れて居ると思っていたけど、土が乾いて居たからそうでも無かった。でも念のために高圧洗浄機で洗ってから確認。
 基本的に内外の交互配置に見える。一番外側だけ内側にしてあるけど、ヤンマーの取説とか見ると基本的な配置のような感じがする。
03173_20220318083501  前回洗浄して色を塗ったので酷いサビは無いけど、ボルトを外してまで確認してないから固着しているかもしれない。そうなると切断してボルトは交換か。
 農協とか農機屋から来るパンフレットには爪交換用の短いインパクトが良く載っている。と言う事はそれだけ困難で嫌らしい作業という事だろう。
 確かにうちにあるインパクトでは入らない。エアラチェットなら何とかなるかも知れないけど、力が弱いし最初は人力で回すしか無い。今日は忙しいので確認まででお終い。

| | コメント (0)

障害発生

 うちの会社が使って居るサーバで障害が発生しているようです。soaring.co.jp関連のHPが見えないのと、この関連のメールが死んでます。具体的には私個人宛のメールやinfo@---の送受信が出来ません。発生日時が2022.03.16 23:51と成って居ますから、地震の関連にしては少し遅すぎるかな?。

 ここに書いても全ての人に伝わる訳ではありませんが、取り急ぎご連絡まで。昨日の深夜からおかしいみたいなので、その間に送ったメールに返信が無い方は、状況が落ち着いてからお手数ですが再送信をお願いします。

03171_20220317181701  17日の18:15時点でこれだ。
 駄目だなあ。。。今日会った変なオッサンの呪いだろう(笑)。







 2022年03月18日 07:40追記
 昨日の夜からメールが入り始めました。今朝に成って会社のホームページも見えるように成りました。しかし依然としてサーバ管理会社の障害情報には赤いのが幾つか残って居ますので、まだ完全では無い、若しくはまだ再発の恐れがあるかも?と感じています。
 メールに返信が無い方、今からメールを送ろうと思って居られる方、再送信していただくか、すこし落ち着くまで待ってからトライしてみてください。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2022年3月16日 (水)

Home Made Side Ridger

03161_20220316213001 トラクタの畝立て機が使いづらいので妙な物を作ってみた。製品もあって両畝立て機とか言うらしいけど、いつもの様に高すぎて買えないから自作。
 本当なら中央の畝立て機を取り付けているフレームから出すのが良いと思うけど、それだと凄く大がかりに成るのでロータリの両側に固定してしまった。
03162_20220316213001  家に余って居た縞鋼板を使ったので工場の側溝みたいな感じに成った。
 初めての作業なので全然イメージが掴めない。まあやって見るしか無いと圃場へ。


03163_20220316213101  1回では上手くいかず3回くらいおこすとこんな感じに成った。予想よりも良く出来て居る。これなら修正無しで使えそう。
 この写真を見たらこれを作った理由が解ると思う。今までの中央の畝立て機だと、こんな感じで両側の畝を残したままで、1本だけ新たな畝を作る事が出来ない。どうしても溝を1本掘るにはその左右を半分ずつ破壊するから。
03164_20220316213001  上手くいったので堆肥と苦土石灰をまいた。放置した後だから多めに肥料をやれと言われたけど、どのくらいが多めなのか解らん(笑)。



03165_20220316213001  さらにもう一回耕耘したら良い感じ。いかにも畑の雰囲気に成った。





03166  去年はジャガイモの値段が高かったからか、今年のジャガイモ苗はどの店も一瞬で売り切れていた。
 今更探して買うのも面倒な気がしたので、取っておいた食べるには小さすぎる芋の箱を空けたらびっくり。ジャガイモのもやしが出来て居たから。
03167  こりゃダメかな?。いや、もしかしたら既に発芽しているから生育が早いかも。イヤイヤ、芋の養分を使い果たして居るし根が出てない。直ぐに枯れるんじゃ無いか?。
 色々な妄想をしながら植えて見た。さて何株くらい生き残るかな。今年はもう少し真面目に種芋を残しておこう。

| | コメント (2)

2022年3月15日 (火)

Higher than 60°C

03151_20220315205301 素晴らしい。太陽熱温水器の温度が60°Cを超えた。今は確か電気温水器の沸き上げ温度が65°Cだったから近い線まで到達した事に成る。
 晴天に恵まれたとは言え、まだ3月なのにここまで来るとは思わなかった。太陽の力は凄い。
 本当なら61°Cなのか70°Cなのか知りたい所だけど、この温度計を買うときに少し調べた限りでは同等の価格帯で100°Cまで測定出来るヤツを見つける事が出来なかった。
 まあ確認用だから良いのだけど、こういう状況に直面するとやっぱり何度か知りたくなる。でも無駄遣いはいかんので、1次側も60°Cを超える日が続いたら考えよう。

 今日の英会話で面白い言葉が出て来た。「work like the dickens」と言う文章で「dickens」は「devil」の事らしい。これって最近?聞くようになった「鬼のように」と言う日本語と似た使い方だと気がついた。
 国や言葉が違っても、こういう言い回しで同じような思考回路になるのが面白い。「鬼のように」は子供の頃には聞いた事が無い言い回しなので、もしかしたら英語が堪能な人が言葉遊び的に使い始めた可能性も有るかも。

| | コメント (0)

2022年3月14日 (月)

Box Joints

03141_20220314203101 嫁さんと二人で、座敷の横の空間からガレージにレーザーカッタを移動した。重さはそれほどでも無いけど、このサイズ感と持つところが無いのでかなり苦労した。
 使おうとして居たパソコンが不調のままだけど、エラーの箇所にアクセスしない限り好調なので(笑)取りあえず使用開始。
03142_20220314203101  場所を変えたから光軸調整とかした方が良いと思うけど、面倒なので調整は後回しにして、今まで出来なかった煙が多量に出る作業をやってみる。
 5.5mmのラワンベニアから適当な形を切り出してみた。強パワーで回数を少なくするよりも、少しパワーを下げて回数を稼いだ方が断面が綺麗な気がする。
03143_20220314203101  中高生の時にこれがあれば・・・糸鋸とかカッターナイフで苦労して選挙の看板を切り抜いてUコン機のリブを作る必要は無かった。



03144_20220314203201  こんな感じで組み合わさる。「Box Joint」と言うらしい。台形の抜けにくいヤツは「ダブテールジョイント」というのは知っていたけど、「Dove」が鳩の意味なのは先日のアーティクルで初めて知った。「Pigeon」との使い分けが良くわからん。
03145_20220314203101  木工用ボンドで接着した後、ベルトグラインダで軽く研磨したらこんな感じ。
 木工職人が作った様なシャープな感じには成らないけれど、CADで線を引いただけでこんな物が出来るのは素晴らしい。
 接着剤の厚みが厚すぎるので、もう少しきちんと作るなら切断幅の分だ相互に追い込んだデータにしないと行けない。もしくはGコードで刃物径補正を使うか。
 もっと早く移動したかったのだけど、ドリドリ君の仕事で忙しいのとガレージが空かなかったので出来なかった。まあ言い訳だけどね。えっと「procrastination」だったか。

| | コメント (0)

2022年3月13日 (日)

Lots of errors.

03131_20220313214801 この1週間は部落の会計が有ったり、ちゃしろがぎっくり腰みたいな感じで歩けなく成ったり、少し日常じゃ無い事が有って ストレスフルな1週間だった。
 そしてもう一つのストレスがパソコンの不調。普段使いのヤツでは無くてレーザーカッタとかCNCマシンとかの制御用のヤツで、古いNECが立て続けに死んだので新しいのに入れ替えようとして居る。
03132  まあいつもの様にお金が無いので仕事で使って居たののお下がりとか、嫁さんが使っていたののお下がりを使おうとして居る。でもその過程で小さな問題が。
 一つはOSも含めて古いソフト関係を全て捨ててしまって居た事。そのためにXpとか7とかその時代のクリーンインストールが難しくなった。10なら元ネタがダウンロード出来るけど。
 もう一つは嫁さんのHDDにエラーが見つかった事。なんか動きがおかしいというか止まった様な感じがあったのでウイルスチェックとハード的なエラーチェックをしたところ、ごらんのようにエラーがずらずら出て来た。
 仕方無いからこれは捨ててエラーの出ない中古にクローンコピーしようとしたけど、リードエラーでコピー出来なかった。まともに考えたら当たり前だ(笑)。
 昔みたいにパソコンに対して興味とか情熱がある訳では無いし、肉体的にも歳を取ったので夜中の2時3時までカタカタやる意欲も体力も無い。
 疲れたのでOSの入った中古を1台ヤフオクで買った。最近のジャンクは安いけど、パラレルポートが付いて居て出来るだけしっかりしたモデル・・・とか言い出すと意外と高いな。

 このブログとYouTubeに関して色々考えて居たけど、まあ適当に出来る事から少しずつ進めるしか無いと思い始めた。
 このブログも書き始めた頃は凄く時間が掛かって大変だったけど、今は10分か15分有れば書ける。英語でYouTubeの方も今は数時間どころか数日掛かっても出来ない状態だけど、いずれは30分くらいで出来る様にならんかな?と考え中。

| | コメント (13)

2022年3月12日 (土)

accounting work

03121_20220313214801  今年と来年は部落の会計に成ってしまった。まあ仕方無いので嫌々やって居るけど今日が会計監査の日。
 領収書とか各イベント毎に元帳的な記帳はして居たけど、決算書的な物は作って無かったので一昨日くらいからボチボチ始めた。
 訳が解らん。基本的に「予算」と「決算」が有って両方がピッタリ合う役場的な纏め方がしてあるけど、それだけじゃ全部の財産的な部分が解りにくかったのか、どこかの会社で会計をして居た人が噛んだのか、両者が混じった様な感じ。
 さらに発生主義と現金主義だったか、なんかそんなのが適当にその時々で使い分けて有って、こんなので良いのかな?とか思う。でもめんどくさいので前任者の通りにやる(笑)。意識低い系の会計担当者だから。

 直前の担当者がどこかの私学で事務か何かをやって居た人らしく、メチャ几帳面に膨大な資料がある。財産が800万くらいで年の予算が200万弱の自治会で、今年の元帳が薄手のキングファイル1冊に収まる程度なのに去年の資料の量が理解できない。。。
 そんな感じで多少イライラしながら作業を進めて居たら、「平成」と「令和」が交互に出て来てイライラがピークに達した。今年から全部の資料を西暦に変更してやった(笑)。
 現状を変更する事に対して、人生を掛けた感じで文句というか持論を10分以上会議で言い続ける人が居る。あのエネルギが何処から出て居るか理解できない。たぶん文句が出るだろう。
 「それならデータやるからオマエがヤレや!」の世界だ。この手の爺さんはパソコンは使えんので、修正液でも塗って書き直して貰おう。

| | コメント (0)

2022年3月11日 (金)

Variable speed motor

03111_20220313214801 ポルシェ930?辺り用のエアコンブロアモータらしい。純正じゃ無くて社外品。全てがインチ規格なので私がコンプレッサのシールを買ったアメリカのエアコンを専門にして居る会社かも知れない。

03112_20220313214801  止まる事が有ると言う事で入ったけど良くわからん。
 外から試験しただけでは正常と思われる感じで回る。連絡したら中も見てくれと言われたので分解して見た。
 あんまりしっかりした感じはしないけど、まあ見た目のしっかり感と性能や耐久性は比例しない事が多いのは経験として知っている。
03113_20220313214801  このモータは面白くてモータ自体が可変速仕様で3速ある。純正の回路だと車体側に抵抗を使った3速の回路が組んであるけど、このモータを使うときは12Vを3カ所の入力へ順に切り替える様な回路に変更する必要が有る。その辺りは大丈夫なんだろうか?。
 ここまで分解して一つおかしいのを見つけた。3枚目の写真でかすかに見える樹脂製の部品がきっちり収まって無かった。もしかしたらこれが傾いてロータに接触する可能性が無いとは言えない。03114_20220313214801
 もう一つはコンミュテータが油でコーティングしたみたいになって居た事。
 動いては居たけど、この手の状態になると化学反応なのか不導体皮膜的な「何か」に変化して動きが悪いモータが出来たりする。
 理屈は解らんけど切削して軽く研磨しておいた。
 さて、車載できちんと回るかな?。

| | コメント (0)

2022年3月 6日 (日)

I'm struggling.

03061_20220306225501 そういえばブログでも書こうと思ったけど、もう4日ほど何も書いていない事に改めて気がついた。
 コロナにかかった訳じゃ無いし、ウクライナ情勢を憂いての沈黙でも無い。YouTubeのビデオ作りでウンウン言っていたから。
 理由はこないだフィリピン英会話の先生から「アンタ、アウトプットの場としてYouTubeで定期的に発信しますとか意識高い発言したけどさあ、なーんも更新無いやん!」と言われたから。
 割とレベルの高い人が多いからこういう言い方はしないけど、内容的にはその通りでちょっといかんなあ・・・と感じたわけ。
 で、クソみたいな内容でも良いからポンポンアップしようと心に決めてみた物の、すべての事が不慣れでものすごい時間が掛かるし、時間が掛かってもできあがらないというのが今日の所。
 何らかの変化を期待している訳だから、今まで通りの生活をして居ても変化は起きない。取りあえず2本だけ追加したけど次が続かん。自分で望んだ方向とは言え苦しいなあ(笑)。

 写真はエイミーの家のチャッピーとちゃしろ。チャッピーは平均的なラブラドールだけど、ちゃしろは飼い主に似て足だけが短い事が良くわかる。
 写真は残酷だ。でも事実を認めようではないか。

| | コメント (2)

2022年3月 1日 (火)

Dispute

03011_20220302093401  解りにくい写真しか撮れなかったけど、中国から買ったオプティカルエッジファインダの電気ケースの中身。
 電池の+極と接触する接点というか接点を有するミニ基板が傾いて居る様で、接点が電池を収納するパイプ内面に接触する様な位置にある。しかもこれがぐらぐらなので電池を入れてもちゃんと接触しない。
 中国から結構な数を買っているけど、使え無いのは初めてだ。取りあえずチャットみたいな所が有ったので問題を連絡した。そしたら「Dear friends, please use the correct specification of the battery, the product can be used normally」とか言ってきた。
 そりゃ無かろうと思って反論したけど返答が無いので、アリエクスプレスの「Open Dispute」と言う所に写真と状況を送った所。
 I am using the correct 12v battery, UM5. The component that contacts the positive pole of the battery is at an angle. The positive pole of the battery cannot be contacted correctly. It only works very occasionally. I consider it to be defective.
03012_20220302093401 まあ7.7ドルのヤツなので田淵のパワコンほど気合いは入らないけど、アリババから怒られたら可哀想だからチャットで連絡しているのに、きちんと向き合おうとしないヤツは嫌いだ。それが中国人でも日本人でも、ロシア人でも。
 正規品の代品が来れば良いけど、どれも同じような構造かもしれない。そうなるとこれを修理するしか無い。非分解の構造だから出来ないかも。

| | コメント (2)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »