« Electronic Dictionary | トップページ | The Japanese calendar is inefficient. »

2021年5月23日 (日)

He killed the snake again.

05231_20210523201701 今日は嫁さんの仕事が休みなので、夕方の散歩は嫁さんが行った。そしたら帰って来るなり「リードに蛇の何かが付いて居るから取って!」と。
 今まで数多くの蛇を殺し、数多くの小動物を殺し、イノシシも2頭仕留めたちゃしろがまたやってくれた。
 基本的に無駄な殺生は良くない事だけど、田舎者にとってこの手の小動物は害獣でしか無い。畑やら田んぼを荒らされまくって居るわけだし、作業の時にかまれて生命の危機に晒される可能性も有る。
 だからこの手の害獣を殺すことに私は抵抗感は無い。ビーガンくらい筋の通った人達に対しては「立ち位置の違いですね」と言いながらもそれなりの尊敬は感じるけど。
 だからこそ可哀想だからの意見には「じゃあオマエが一晩中畑の見張りしてから言えや」と言いたくなる。数年前に炎上したアナグマ撲殺の高校生を非難したのは都会のネット好きのお坊ちゃまだろう。彼が田舎に来て鍬を持った爺婆の前や、解体作業を紹介している解体業者のサイトに対しても同じ事が出来るなら大したモンだけど。

 で、私は今日の蛇を見ていないけど、嫁さんの話を総合的に判断するとマムシかもしれないと思う。色合いは違うような感じだけど環境によって色合いは変化する。それよりも胴体の強度が弱かった事が決め手の様な気がする。
 今までの経験で行くと、マムシは胴体の強度が弱い。ちゃしろが数回振り回すと胴体が切れて2分される。シマヘビとかは死んだ後で何回も胴体を噛んでやっと切れる感じ。
 嫁さんの話だと草と一緒にブンブン振り回したら、ちぎれて赤いはらわたが見えていたらしいので、まあマムシじゃ無くても強度の弱い蛇だったみたい。
 ちゃしろが蛇に噛まれなくて良かったよ。

|

« Electronic Dictionary | トップページ | The Japanese calendar is inefficient. »

コメント

またかよ!!  って  ちゃしろは
抑えが効かんから 仕方ないけど。。
今回は 部落中に 奥方様の悲鳴は聞こえんかったんか??

投稿: MASA | 2021年5月24日 (月) 15時11分

 かなり離れたICの近くだったらしい。いつもの様に急に草むらに飛び込むから防ぎようが無い。。。

 何時も不思議なのはほぼ一発で飛び込んで噛みつく事。匂いで解るんやろうか?。それとも音とか草の微妙な動きとか、総合的な「気配」か。

投稿: みつやす | 2021年5月24日 (月) 15時27分

あっぱれ!
でかした、ちゃしろ!(笑)

投稿: うんてれがん。 | 2021年5月25日 (火) 20時54分

 ワンワン!

投稿: ちゃしろ | 2021年5月25日 (火) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Electronic Dictionary | トップページ | The Japanese calendar is inefficient. »