« めんどくせえ国だなあ | トップページ | Chuck Yeager R.I.P. »

2020年12月 9日 (水)

The Good Wife  Season1 屁理屈の応酬

 最近は嫁さんがテレビなのかネットなのか知らんけど「The Good Wife」というアメリカ?のドラマを延々と見続けている。弁護士とその周辺が登場人物で、サザエさんとかドラえもんみたいに毎回題材が違うだけ。日本では受けんような気がする。
 訴訟とか裁判が題材だから、毎回屁理屈とか言い訳のオンパレード。川鉄千葉の仕事をしたとき、日立の商社担当が口の立つ奴で「あんた、全米ディベート選手権で優勝したやろ!」と言った記憶が蘇る。

12091_20201210083901  で昨日の話に繋がるのだけど、バカを相手に悩むのは止めて船でも作ろうか・・・と思い始めた。でもせっかく機材も買ったからしばらくは屁理屈で応戦してみようと。
 まず思いついたのは凧作戦。今回の案にも「係留した状態(短距離)で使用する機体」は対象外と書いて有る。流石に頭の良いヤツらが作っているから(短距離)との但し書きが有るけど、(短距離)の定量的な基準が明記されるまではやりたい放題。定量的な基準としては各地の伝統的な大凧揚げ程度は許容されるはずだから、まあ近所で遊ぶには十分と思われる。
 適当なバックテンションをかけたリールでも作ったらいけそうだけど、元ネタとして対戦車ミサイルのワイヤー供給装置がe-bayに出てないか調べてみよう。これなら数kmは行けるかも。

12092  二つ目は「遠方用眼鏡」作戦。現状の目視外飛行の運用基準として、双眼鏡を使った確認方法は目視外とみなす事に成っている。
 この基準自体に私は異議が有る。なぜ眼鏡とかコンタクトレンズはOKで双眼鏡は目視外なのか、同じ光学的な視力補助装置ではないか?。
 まあそれを言い出すと小さいころから思って居た疑問が再燃する。射撃競技でなぜ眼鏡の使用が許可されるんだろう、ナイキのクッション靴はOKなのにドクター中松の靴はなぜNGなのか、ボディービル競技で入れ歯は違反じゃ無いのか、人工関節を入れた早い選手が出たらパラリンピックか、人工飼料で育った肉を食うのはドーピングじゃ無いのか。。。きりがない(笑)。
 で、取りあえず作るのは双眼鏡に丈夫な「つる」を装備した「眼鏡」。あくまでも「眼鏡」なので視力の衰えを補助する光学的な装置。老眼鏡と全く変わらん。

 「あなたの双眼鏡・・・いや眼鏡には何枚のレンズが使われていますか?」「私の眼鏡には片眼に5枚のレンズと2個のプリズムが使われています」「通常の眼鏡は右に1枚左に1枚のレンズですが、これほど複雑な光学機器を眼鏡と呼んで良いものでしょうか?」「デイビッドさん、眼鏡をはずしてみてください。真ん中に細い線が見えますね、あなたの眼鏡は遠近両用の眼鏡です。光学的に言えば2枚のレンズが並列に接続されている機器です。対して私の眼鏡は同じように複数のレンズが直列に接続されている機器です。合衆国憲法のどこに、眼鏡のレンズに対して枚数の抑制や直列と並列を差別する記述が有るのでしょうか」。。。
 ちょっと疲れて来た(笑)。

|

« めんどくせえ国だなあ | トップページ | Chuck Yeager R.I.P. »

コメント

www.amazon.co.jp/dp/B00JY24E02

こういうのですね。

投稿: | 2020年12月10日 (木) 16時20分

 おお、既に市販されている!。
 これで双眼鏡と眼鏡は同一の種類だと証明された(笑)。

投稿: みつやす | 2020年12月10日 (木) 16時42分

めんどくせぇ~~ 親父!!笑

投稿: MASA | 2020年12月10日 (木) 18時57分

 いいえ、私は善良で素直な米国民です。

投稿: みつやす | 2020年12月10日 (木) 20時02分

フォーマット買った日本版は論外ですが、本家「Good Wife」はどのキャラクターが立っていて、なかでも調査員カリンダの無茶ぶりは最高でしたよ。
ttps://youtu.be/J51Mpwbn4pg

投稿: うんてれがん。 | 2020年12月22日 (火) 11時41分

 あのおねえちゃん、カリンダというんですね。このシーンは見て無いけど無茶苦茶するなあ(笑)。

投稿: みつやす | 2020年12月22日 (火) 12時29分

あまりの堂々たる無法ぶりに、みんな「あんた誰(何者の意で)?」と聞くんですが、毎回決まって「カリンダよ」のキメ台詞(笑)

投稿: うんてれがん。 | 2020年12月22日 (火) 13時18分

追記。
確かに「The Good Wife」は基本構造がメロドラマなんで食傷気味なところはありますが、その点、サブキャラクターが主人公のスピンオフ「The Good Fight」は、反トランプが隠れテーマになってて実に面白いです。
(トランプとプーチンの画像を派手に爆破するオープニングシーン解説)
ttps://www.nytimes.com/interactive/2018/07/23/arts/good-fight-title-sequence.html

投稿: うんてれがん。 | 2020年12月22日 (火) 13時46分

シリーズ2からこのバージョンになったようです。
ハイスピード撮影の力作はこちら
ttps://www.youtube.com/watch?v=5xWE5R6qEQQ

投稿: うんてれがん。 | 2020年12月22日 (火) 15時43分

 これは凄い。ドラマとか役者じゃない部分で感心してはいかんのかもしれんけど。ちゃんとトランプも爆破されてるし(笑)。

投稿: みつやす | 2020年12月22日 (火) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めんどくせえ国だなあ | トップページ | Chuck Yeager R.I.P. »