« フィリップスとリードプリンスとポジドライブ | トップページ | 次は汎用品かな »

2019年12月14日 (土)

デポジット

12141 他人の電装品ばかり弄っているので、たまには白骨号の整備でもしようと思ってプラグを外した。
 最初の頃は頻繁に脱着して点検をしていたけど、調子良く普通に使えるようになってしまうと何も見なくなる。悪い事じゃ無いけどたまには見た方が良いかもしれん。


12142 特に大きな問題は無かった。全体に普通の汚れが付いていただけで、ギャップも全然変わってなかった。唯一の問題?は左の一番前の気筒にデポジットが付いていた事。
 分野によって違う意味に成ると思うけど、機械とか自動車関係でデポジットと言えばこの手の有害な堆積物を示す事が多いと思う。
 他の気筒にも少しだけ付いては居るけど、この気筒だけが他よりも明らかに多かった。何か問題が起こっているのだろうか。最近はオイル下がりと思われる白煙が多くなって来たけど、この気筒のシールが一番損傷が酷いのかもしれん。
 そろそろO/Hのタイミングだろうか、でもエンジンを開けると各所に不具合が発見されてウン十万とかヘタしたら100万を超えると思う。とてもこんな事は出来ないなあ。
 プラグホールからエアーを入れるか、紐を入れるインチキのやり方でバルブステムシールだけ交換しようかな。でもガイドもガタガタに成っているような気がする。でもガイドのガタには目をつむってシールだけ交換するのが貧乏品らしくて良いような気もする。。。うーん悩ましい。

スイム 1.0km
バイク 12km

|

« フィリップスとリードプリンスとポジドライブ | トップページ | 次は汎用品かな »

コメント

うちの犬運搬専用車もこの間、購入以来はじめて(22年目、12万㎞)プラグ交換をしました。それまで1800回転付近で、トルク負けしたときに生じていたノッキングがうそのように消え、全回転域でよく回るよく粘るエンジンにもどました。プラグは大事ですね。

そんな大事なプラグの脱着・点検を、補機類をすべて取り外した上、専用治具なしでできないような面倒な作業にしたのは、データ改竄と嘘つきが得意なスバルです(笑)
12ヶ月定期点検の整備記録簿には、スパークプラグ 点検! とチェックが入っているのですが、あれもウソやろ!
まぁ、うちのクルマは5ナンバーボディに2.5リットルエンジンを押し込んだせいもありますが、整備性が悪すぎますわ。

ところで、ちゃしろくん、旧JISネジは美味しかった?
おかわり欲しかったら言ってね(笑)

投稿: 熊次郎 | 2019年12月16日 (月) 06時00分

 新品を6本買うお金が無かったので、うちの運搬車は清掃のみで再利用しました。ちょっとDMEの点火回路を弄ったので、ギャップを0.9mmまで広げて見たら調子が良くなった気がしました、宗教的な物です。

 記録簿は適当に「レ」とか「A」とか「C」とか「L」とか付けているだけなので期待してはいけません。「X」だけは少し慎重かも。これはトヨタも日産も一緒ですね。レクサスもそうかな?。

 ちゃしろは「ワン」と言ってますから、もう一種類欲しいという意味かも知れません(笑)。

投稿: みつやす | 2019年12月16日 (月) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィリップスとリードプリンスとポジドライブ | トップページ | 次は汎用品かな »