« 奇襲が続く | トップページ | 零戦とグラマン »

2015年10月 7日 (水)

88L分の省エネ効果

10071 水とお湯関係の配管を見直したけど、その前後の温水器の設定温度の違いから、ニュートリノに質量が有ることが解ってきた。
 生活していて感じる直接の現象としては、今までこの季節なら設定温度は75℃か80℃くらいは必要だったはず。でも改修後は65℃でもお湯が無くなる事は無い。
 この事から今まではお湯が漏れていたり、外部に熱が逃げて有効な湯温が低下して居たのでは無いか?と想像した訳。取りあえず漏れにだけ着目して定量的に計算してみたのか以下のデータ。凄く長いから他人には全然面白く無いと思う。ハハハ。
 湯船の容量は古くて正確にはわからないけど、似たサイズの現行機種のデータから270Lから300Lと予想した。ボイラーは550Lタイプなので利用可能な有効湯量は500Lとした。あとは井戸水の水温は18℃。混合後の蛇口での湯温は45℃とした。

 まずは今の状態で45℃のお湯をどのくらい使って居るのかを計算する。すなわち18℃の井戸水xLと、65℃の温水500Lを混合して45℃のお湯をyL得る場合の計算。
 18x+65*500=45y
 x+500=y
変形して
 x-y=-500
 18x-45y=-65*500
後はカシオの電卓に計算させると、x=370とy=870が出てくる。すなわち、370Lの井戸水と500Lの温水を混合して870Lのお湯を作って居るというわけ。

 次に以前の状態として、18℃の井戸水xLと、75℃の温水yLを混合して45℃のお湯を870L得る場合を計算する。
 x+y=870
 18x+75y=45*870
同様にカシオ君に計算させて、x=458とy=412を得る。すなわち458Lの井戸水と412Lの温水を混合して870Lのお湯を作っていたというわけ。

 これより、以前の配管では500L-412L=88Lのお湯が漏れていたのでは無いか?と想像できるわけ。24時間で88Lは想像しにくいけど、1分間に61ccと考えたら何となく解る。
 試してみると1分間に61ccはポタッ、ポタッのレベルでは不足していて、小さな穴から弱くわき出る位の漏水が必要。ちゅうことは、例の接続部の漏れは今回の作業時に始まった訳では無く、施工当時から漏れ続けて居たんじゃ無いの?と言う話になる。やっぱり水道屋がクソだ。
 何となく脱力してしまうような内容だけど、まあ宇宙や地球の神秘が解明されて行ったのだから良かったと考えよう。

 長くなりついでに上記の870Lという量の妥当性を考えてみた。
 風呂に8割まで入れるとすれば300*0.8=240L
 1名あたり2Lの湯桶に10杯。20Lの湯を使うとする。以前は20*7=140L。今は20*5=100L。
 食事の洗い物は8L/min.を5分間。これが3食で2家族で8*5*3*2=320L
 朝の洗顔等に8L/min.を1分間。これが5人分で40L
 朝の洗髪に8L/min.を3分間。これが2名分で48L
 夕方のシャワーに8L/min.を3分間で24L
 合計で240+140+320+40+48+24=812L/day
 何となく妥当な感じかもしれない。意外と炊事の使用量が多いけど、これは実測値じゃ無いから相当違っているかもしれん。

 夕方は飯塚のプールへ行った。受付のオバチャンと年頃の娘のBMI値について熱く語り合ってきた。あっちの次女はBMI値が高すぎで、こっちの次男の彼女は低すぎる。なかなか難しいもんだ

スイム 1.2km

|

« 奇襲が続く | トップページ | 零戦とグラマン »

コメント

う~~~ん
電気代換算までやって欲しかったね!!アハハ

投稿: MASA | 2015年10月 8日 (木) 00時03分

240lとは、大きな浴槽ですね。

投稿: Nori-chan | 2015年10月 8日 (木) 07時18分

>MASA さん

 まだ電気代が来てないからと思ったけど、良好に保温された環境での湯沸かしだと理論計算に近い電気代に成りそうな気がしてきた。計算してみよう。

>Nori-chan さん

 爺さんが脚が伸ばせる風呂にしたかったみたいで、買えそうな中で一番デカイのにしたらしいです。
 気分は良いけどちょっと不経済(笑)。

投稿: みつやす | 2015年10月 8日 (木) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇襲が続く | トップページ | 零戦とグラマン »