« 未亡人と夜のドライブ | トップページ | 大胆な構造だ »

2015年9月27日 (日)

Unnecessary Orifice Plate

09271Jim,
Unfortunately, our shower was repaired after you left Japan. Unnecessary orifice plate was removed and the volume of water increased 3.7 times. Next time, you can enjoy comfortable  water stream...

 固着が酷くて分解時に壊してしまったバルブAssyが来たのでシャワーを組み立てた。当然ながら不要なオリフィスは取り外して水と湯の通路面積を等しくした後で。
 結果は劇的で普通にシャワーが使えるようになった。嫁さんなんか大感激でこそばゆいくらいだ。きちんとした家だとこれが普通の状態なのに、ボロ家だとダメ状態から普通に成っただけで感激される。なんか得をした感じだ(笑)。
 まだお湯の配管は修正していないけど、水の配管と水のオリフィスを修正した所までの経過を定量的に纏めてみたい。測定箇所はシャワーヘッドの影響を避けるためにヘッドを外したホースの先で水だけの水量。
 最初は2Lに59秒かかっていたので2.03L/min.の水量となる。次に配管太さとルートを見直したら46秒に成ったので2.61L/min.まで増えた。さらにオリフィスを外してバルブ廻りの堆積物を掃除し一部のバルブを新品にしたら16秒まで短縮した。このときの水量は一気に7.5L/min.まで増加した事に成る。
 実際はお湯と混合して使うわけで快適な温度に混合した時の2Lに要する時間は12秒。これよりシャワーホースの吐出量は12L/min.と言う計算になる。

09272  ランニングの後で実際に使ってみたけど悪くない感じ。ただ今まで貧弱な水量に慣れてきた人間の感覚なので定量的じゃ無い。と言うことで標準的な水量データを探して見たところ、北九州市上下水道局が公表している給水装置工事の設計と言う資料に目安らしきデータを発見した。
 これによると一般家庭のシャワー水量は8~15L/min.辺りとなっている。と言うことは我が家の12L/min.は平均的な値であると判断できる。本管圧が500kPaくらい有る恵まれた上水道の環境では無く、個人の井戸で低圧型温水器の出側で有ることを考慮すると上出来の値では無かろうか。

 ポルシェ356のダイナモの仕事が有ったのでそれを終わらせて配達し、凄く天気が良かったので夕方からランニングにでかけた。西中まで行って体調が良く感じたので、そのまま裏山を越えて倉久経由で帰ってきた。特に痛いとか何もない。

ラン 11km

|

« 未亡人と夜のドライブ | トップページ | 大胆な構造だ »

コメント

少しずつ、ですが、公共のスポーツ施設が、快適になっています。元来、スポーツにとって、快適とは、何事ぞ!という、うさぎ跳びの時代に育っておりますので、シャワーが快適な温度で、沢山降り注ぐだけで、幸せになれる古い人間ですので、市長さん、そこんところ、よろしく(o^-^o)

投稿: ラモ | 2015年9月28日 (月) 17時17分

 シャワーの量って大事ですね。同じお湯なのに随分感触が変わりました。本当はプールのシャワールームに有るような、銀色で直径が100mmくらいあるヘッドにしたいんですが、ポンプの能力的に難しそうです。

投稿: みつやす | 2015年9月28日 (月) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未亡人と夜のドライブ | トップページ | 大胆な構造だ »