« 費用対効果の高い物から | トップページ | 600R »

2015年6月 5日 (金)

アルファのプラグ交換

06051 今日は1日中雨だった。定時頃に上がったけど日中はずっと雨でCADで図面を書いたり作業場で悩んだりの1日。今日の作業じゃ無いけどアルファのプラグ交換の話でも書いておこうと思う。
 アルファを買って直ぐにプラグは確認した。電極が摩耗して隙間が大きくなっていたけど、白金プラグは高価で買えず調整でお茶を濁していた。
 取りあえず最低の費用で車検を受けてみようと思い始めたので、その流れでプラグも最低の物に交換しておこうという流れ。
06052_2  メインのPFR6BはBKR6EYにした。最低守らなければ成らないスペックは、直径がBで、長さがEで、六角部がKで、抵抗入りで、熱値が6で、突きだしタイプの方が良さそう、と言ったところ。突き出し量はPタイプよりもグリーンプラグのYの方が大きいので、何となく気分でYにした。
 サブのPMR7AはCR7Eにした。こちらも最低限守るべきは、直径がCで、長さがEで、熱値が7で、突き出しの方が良さそうと言った所。この型番で安い突きだしタイプが見つからなかったので、取りあえず見つけたCR7Eにした。
 交換後も特に変化無くエンジンは動く。良くも悪くもない。まあこんなモンだろう。一つ気に入らないのはプラグホールへの油漏れ。一番右端の4番?シリンダが酷い。
 更に気に入らないのは外側からシール剤が塗りたくって有ること。怪しいオイルを使ったり安いプラグを使ったりすることは有っても、油漏れ部の外側からシール剤を塗るようなやり方は大嫌いだ。液状ガスケットのシール理論から言っても基本的に意味がないだろう。どうしてこんな事をするかねえ、どうせ漏れるんだからやらない方がまだマシだ。情け無い。
 かといってカバーを剥ぐってやり直す程の時間も気力も無かったので、結局このままプラグを装着して知らんぷりをした。私も同じ様なダメ整備士だ(笑)。
 車検に通ったら真面目に修理するから許してね、整備の神様。

 定時に成って雨が止んだ気がしたので着替えて外に出た。でも少しだけ雨が残っていて霧雨というか小雨と言った感じ。でも気分は盛り上がっていたし無理をするほどの過剰なモチベーションも無かったので、落ち着いて走り始めた。
 気温が低めなのでヘロヘロには成らず、良い感じで長めの18kmコースを走り終える事が出来た。イイ感じだ。でも暑くなったら間違いなくヘロヘロに成る。でもそんな時は他の選手もヘロヘロだからお相子だ。
 夜にお客さんが来るみたいでショートケーキが買ってあった。一番好きなモンブランを貰って食べた。十分に走っていたので罪悪感なしで食べられて幸せだ。

ラン 18km

|

« 費用対効果の高い物から | トップページ | 600R »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 費用対効果の高い物から | トップページ | 600R »