« さようならラビット90 | トップページ | 色々な物が来た »

2015年2月11日 (水)

トーイン矢のごとし

02111 朝一に面白い車やバイクが沢山置いてある場所に行ってきた。いちおう仕事で請求書を持っていったのだけど、コーヒーを頂いて仕事とは関係の無い話ばかりしていた。写真を撮ったけど出して良いか解らないので秘密にしておこう。

 帰ってからもう1件用があって行ってきて、それが終わってから久し振りにアルファの気になる部分を修理した。
02112  エンジンは普通にかかるし、クラッチはしつこいエア抜きで普通に近くなった。残るはサスペンション関係。コーナリング中に凹凸があると、奇妙を通り越して危険なくらいの挙動を示す。
 外から眺めてみるとリヤタイヤのネガティブキャンバが酷い。自作の高精度?キャンバーゲージで測ってみると3度10分くらい付いている。標準は1度5分なので明らかに過大。その割りに車高は落ちて無いので何か怪しさを感じて潜ってみた。
02113  凝ったマルチリンクなので正式な呼び方は解らないけれど、ロアアームの後側アームを車体側に固定するゴムブッシュがガタガタに成っていた。
 本来なら左右に5mmずつの余裕というか隙間が有る取り合いだけど、ゴムブッシュが壊れてしまって±5mm、トータルで10mmもガッタンガッタン動く状態だった。
 流石にこれでは行かんので分解していつものインチキ修理。最初は両側にワッシャでも入れようと思ったけど、軸部分のガタも殺したかったので太めの軸とワッシャが一体に成ったような部品を削りだした。
02114  本来なら軸方向もゴムの弾性と減衰性で保持されるべきだろうけど、ガタガタに10mmも動くよりは良かろうとS25Cで固めてしまった。これでも外周部のゴムが有るのでそれなりの弾性保持には成っていると思う。
 削りだしたインナー部品をプレスで圧入し、元の位置に組み直したら作業は完了。他にも怪しい箇所は有るけど、ここが一番酷くて8割くらいは今回の作業で改善された筈。
02115_2  取りあえずアーム端部は中央付近に保持された。修理前はこのアームを長くしたのと同じ状態だったので、キャンバーは-方向に過大で、トーインは+方向に過大だったはず。今日の作業でこの部分に関しては標準に近く成ったと思う。
 平らな場所で測定したかったけど、時間が無かったので目視でネガティブキャンバーが減ったことだけ確認しそのまま試運転に行ってきた。
02116  赤木峠のいつものコーナーを抜けたときの挙動が違う。以前のように凹凸で恐ろしいほどの挙動変化は起こらない。ハンドルの切り始めに過剰な敏感さが残っているけど、今は前後のトーインすら調整して居ないので何とも言えない。
 次は前後のトーインを調整しよう。矢の様な直進性とすばらしいコーナリングが戻ってくる筈だ??。あっ、その前にM!0x1.25のねじ山を修理して、あそこのゴムブッシュもインチキ修理しておかねば。あれはエンジンじゃ無くてサスのサブフレーム的な部材を保持している部材の様だから。

 試運転から帰ってきたら直ぐにプールに行った。少し予定よりも遅れてしまったけど止めるよりは良い。今日はスーッと延びる意識を持って泳いでみた。なかなか思うようにスーッとは進まない。出も最近は「進んでいない状態」が解るように成ってきた。
 これは進歩と考えて良いだろう。この状態が続いて何時まで経っても進まなければ精神的に辛いけどね。

スイム 2.2km
バイク 12km

02117  載せても良いって言われたから追加で載せておきます。奥の黄色は見えにくいけど、赤、青、黄色、と3台の小さなオモチャみたいな車が並んでました。
 全部ナンバー付いてます。相当マメじゃないと維持できないでしょう、驚きます。

|

« さようならラビット90 | トップページ | 色々な物が来た »

コメント

さすがですね、あの後帰られてからアルファの足をやっつけたんですね。それと言い忘れてましたけど足回りのゴムの代わりにうちでは少し硬めのウレタンを加工して使っています、メグロのリアサスのブッシュは全てウレタンを使ってます、またジネッタの足も全てウレタンです。ゴムと違ってかなりフィーリングが良くなります!!
写真アップしてもイイですよ!!

投稿: メグロの変なオッサン | 2015年2月12日 (木) 08時33分

 昨日はごちそうさまでした。画像、追加しました。

 ウレタンは自分で切削ですか?、それとも指定寸法で購入できる所が有るんでしょうか?。
 ホームセンターのゴムは耐久性が無いので、工業用の緩衝材を追加工したりはしますけど、バイトでは上手に削れずに刃物台にグラインダを固定して削ってます。周辺と鼻の穴が真っ黒に成るからやりたくない作業なんですよね。。。

投稿: みつやす | 2015年2月12日 (木) 10時03分

>トーイン矢のごとし

う、うまい!座布団2枚

次回も期待しております。

投稿: ihatovo | 2015年2月12日 (木) 12時31分

 うーん、次が思いつかんです。

 ラジエターが壊れたときに「煮え湯を漏らされる」。黄色に塗り替えた後で「黄を見てムラを見ず」とか・・・うーんイマイチだ。ごめんなさい。

投稿: みつやす | 2015年2月12日 (木) 12時45分

丸棒、またはパイプ形状いろいろサイズが有ります、近いサイズを仕入れて旋盤にて加工します、たまに外径内径とも加工なしで使用できる時もあります、その時は突っ切りバイト等で長さだけ加工します。鼻の穴は真っ黒にはならないです真っ白になりますよ。

投稿: メグロの変なオッサン | 2015年2月12日 (木) 13時20分

 硬めのウレタンだと旋削出来るんですね。これは良いことを聞きました。こんどやってみます。
 マスクしてからね。

投稿: みつやす | 2015年2月12日 (木) 15時16分

追加写真の2台の工場・・・
小竹で、映画でスーターロンのコブラに出てきた様なアメ車のある場所に、似てる事もナイかんじ。・・・あっちは、なんって言うとこなんだろう。若そうなカンジですがぁ。見てあっちカナと思いました。

投稿: そクラテす | 2015年2月12日 (木) 17時20分

みたら、小竹じゃなくて、宮若市内でした。名前もわかりました。まるまるボディって名前でた。境目がキワドイ。

投稿: そクラテす | 2015年2月12日 (木) 17時26分

 宮若にアメ車が置いてあるような工場って??解らんです。久山の店なら何回も前を通るけど。

投稿: みつやす | 2015年2月12日 (木) 19時05分

メグロノおっさんは、多分溶接がうまいひとでないですか 昔えぬころのRSCのピストンを全開走行中穴を開けて困ってしまった時に、溶接で穴埋めしてもらいました。 

投稿: くばです | 2017年1月 2日 (月) 17時11分

 そうです、溶接がメチャ得意なオッサンです。

投稿: みつやす | 2017年1月 4日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さようならラビット90 | トップページ | 色々な物が来た »