« クラウンのコンバーチブルを見た | トップページ | アルファのツインスパーク »

2015年2月 3日 (火)

色々なプラグ

02031 アルファの方は今日の作業じゃ無いけど、プラグに関する同じ話題と言うことで纏めて書いておこうと思う。
 アルファのエンジンはツインスパークという凝った点火方式が採用されている。1気筒あたり4バルブなのに2個のプラグが付いているだけでも少数派だけど、さらにその2個の種類が違うと成るとあまり他では見ない構成だと思う。
 燃焼室の中央に付いているのは「PFR6B」で端っこの方にひっそりと付いているのが「PMR7A」。Pから始まる事で解るように両方とも白金プラグでとても高価。正規ディーラーで交換を頼んだら2万円以上するんじゃ無かろうか、直4の癖に。
02032  取りあえず外そうとしたらメチャ硬い。特に2本くらいはヘッドと一体に成っているかと思ったくらい。スピンナハンドルを付けてカッキーンと外した。ワッシャは親の敵のようにぺしゃんこで力自慢の整備士が作業したらしい。
 4本くらいは電極の白金チップが残っていたけど、それ以外はかなり消耗してクリアランスが1.3mmくらいまで広がっていた。このプラグは10万km保証なので、もしかして新車の時のままかもしれない。
02033  イリジウムよりも高い白金プラグとか買えないので、ギャップを調整してねじ山にカッパー系のコンパウンドを塗って装着した。始動性も走行感もほとんど変化は無かった。
 アルファのツインスパークに関しては別に書こうと思う。凄く面白い構成で興味が尽きない。ここまでやる意味があるのか甚だ疑問だけど。

02034  今日の作業は白骨号のプラグ。半月ほど前にBOSCHのプラグを削って再装着した話を書いたけど、その後で低速時のドライバビリティが向上した事を明確に感じた。これは新しいプラグにする意味があるかも?と感じて新しいプラグを買ってみた訳。
 今までと同じBOSCHの白金プラグは高いので安いのを探したところ、置き古品で6本が2,980円というのが出ていた。対辺寸法が違うだけでほとんど同じ。ギャップが1.1mmタイプだけどこれは規定値に再調整すればOK。
 最後の写真は左の3気筒を交換した後の画像。六角部が16mmに成っただけではなく、全長が2.0mmだったか2.5mmだったか短くなっているのでずいぶん小さく感じる。こっちがISO規格だったかな?。
 プラグの全長が短くなる事で、プラグキャップの途中に有る膜みたいな部品が干渉しないか心配だったけど、丁度よいくらいにしっかり押しつけられて問題無かった。ギャップは標準の0.7mm~0.8mmに対して、電極の細いイリジウムプラグという部分に期待して0.9mmにした。
 時間が無くて走ってないけど、始動性が少し良くなった感がある。感覚的な話だけど、今までクランク軸が6回転で始動していたところが、プラグ交換後は4回で始動するように成ったくらいの変化。
 今回のプラグも10万km保証のタイプなので、今から10万kmはプラグ交換しなくてOKの筈。気になって何回もチェックはすると思うけど、たぶん交換はしないと思う。試さないとNGKの言うことが本当かどうかわからないしね。

バイク 12km
ラン (8km)

|

« クラウンのコンバーチブルを見た | トップページ | アルファのツインスパーク »

コメント

点火プラグには特別の思い入れがあるようですね。ラモ26号がライトスタッフ社のICUから退院後、プラグの電極をV字型に削っていたものが紛れていました。患者をモルモット代わりに扱われては困りますな(笑

投稿: ラモ | 2015年2月 4日 (水) 09時29分

 点火系が弱い場合、電極を細くするのは効果が有りますよ。白金とか使えないので数千kmで摩耗して来ますけど、それ以前にプラグ外して弄るでしょ(笑)。

投稿: みつやす | 2015年2月 4日 (水) 09時41分

メグロのプラグも新品はしませんが古いプラグあたりは電極を細くカットして使っています、かなり効果はありますよ!!

投稿: メグロの変なオッサン | 2015年2月 4日 (水) 16時38分

 そっちでもやってますか、細くするのは効きますよねえ。私がやり始めたのはNGKのVプラグが(不調のバイクなら)体感できるほど効果的だったので、真似して削り始めました。

投稿: みつやす | 2015年2月 4日 (水) 20時29分

W800の点火プラグをイリジウムに交換しました。
これはものすごく効きますね。1速下のギヤで加速している感じになりました。
別にエンジンの調子が悪いわけでは無かったのですが、3.4万キロも無交換。
外してみたらプラグギャップもかなり広がっていました。電極の焼色はやや黒くて碍子もねずみ色です。
タンクを外さないとプラグキャップが取れないので、お店に頼みました。
驚いたのはプラグの大きさで、原付のカブ用くらいの大きさしかありません。
そして金具の六角の部分が新品の白色に対し、薄紫になってました。
SOHC4バルブなので、カムとバルブの合間の奥深くにセットされて、キャップでほぼ密閉状態にあるからかなと思いました。
純正が500円/本に対し2000円/本ですが、あとはどのくらい持ってくれるのかが今の心配事です。

投稿: 楽々園の秀 | 2015年3月30日 (月) 10時08分

 W800くらいの見た目でも、タンクを外さないとプラグ交換出来ないんですね。カワサキだから(笑)穴の中にオイルが溜まってませんでしたか?。

投稿: みつやす | 2015年3月30日 (月) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラウンのコンバーチブルを見た | トップページ | アルファのツインスパーク »