« 風倒木の処理 | トップページ | 航空発動機の設計 »

2015年1月 4日 (日)

Swedish Fire Torch

01041 今日は一足早く鏡開きをした。いつもは11日?にやっていたけど、それだと硬いし、かびて居るわでとても食べられない代物に成ってしまう。
 この手の事に五月蠅い婆さんですらほとんど食べず、大きなお鏡餅がほぼ全部無駄になって居た。そこで今年から餅を小型にしたと同時に、正月モードが抜けた3日か4日に食ってしまう事にしたわけ。
 日にちは間違っているし包丁で切っている。年寄りからは色々と文句が出そうなやり方では有るけど、百姓系の家だから切腹とか関係ないし、食い物を粗末にする方が罰が当たるだろうと思う。法に触れない範囲で自分に都合のよい神様とかしきたりを信じたい。
 「昔からやっているから守れ」と良く言われるけど、弥生時代か?縄文時代か?と聞くと言葉に詰まって怒られる(笑)。伝統とかしきたりとかその程度の物じゃ無かろうか。あなたが信じて実行するのは構わないけど、人に強要しないでくれ、ちゅう事だ。明治生まれの婆さんは「仏滅とか、そげなもんは知らん」と言っていたくらいだし。

01042  風倒木を処理する時、一度やってみたいと思っていた遊びをやってみた。本来なら良く乾燥した丸太が良いと思うけど、立ち枯れした風倒木でもそれなりに燃えてくれた。
 結構面白い。チェンソーが有って焚き火とか出来る環境の人は試してみる価値は有ると思う。明かりだけじゃ無くてシェラカップでコーヒーを沸かすくらいなら出来そう。

 妹家族は今日帰った。次男も今日帰った。夜になって長男も帰った。一気に日常の静けさに戻って寂しくなると同時にホッとした。
 食生活も滅茶苦茶だし運動に関してもサボりすぎ。明日からは溜まった仕事が待っている。少し気が重いけど夏休みの最終日ほど鬱じゃない。ストレスに慣れたのか感性が鈍ったのか?。

|

« 風倒木の処理 | トップページ | 航空発動機の設計 »

コメント

Swedish Fire Torchの炎は、和むな。電動チェンソーはあるので、風倒木を分けて下さいな。今週金曜日午前中、ラモ号のタンク持参、エアーインパクト頂戴に参る予定です(o^-^o)

投稿: ラモ | 2015年1月 5日 (月) 08時35分

 間に合って良かったです、天気がよいから今日にでも全部割ってしまおうと考えて居たところでした。
 適当なヤツを残しておきます。先に切れ目を入れて乾燥させた方が火の着きが良さそうな気がします。

投稿: みつやす | 2015年1月 5日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風倒木の処理 | トップページ | 航空発動機の設計 »