« くもりガラスの向こうは? | トップページ | 部品取り車から最低の中古車へ »

2015年1月28日 (水)

白内障の手術ってこんな感じ?

01281 スパイダーのリアスクリーン。朝になったら裏返せるくらいまで接着剤が硬化していたので裏返して反対側も施工。ついでに下側の布地もスーパーXで接着した。長さが1mくらい有ってクランプの数が足りない。この部分は1時間に1回くらい仕事の合間に指で押しに来て密着させた。
 昼飯の時に触ったらだいたい硬化した感じに成ったので、飯の後で装着開始。取り外し程じゃ無いけどこちらも簡単で30分くらいで装着出来た。
 曇ってほとんど見えなかった後方視界が綺麗に見えるように成った。写真では表面が反射して曇っている様に見えるけど実物は結構綺麗。ただ表面のうねりが有るので古いガラス窓状態でレトロ感覚。
 次はもう少し平坦度の良い板を使おうと思ったけど、今回購入したテーブル用ビニールで2枚分取れるので次回も同じ見栄えに成りそう。平坦な板は更にその次だ。何年先かな?。
 スクリーンが綺麗に成ったら布地の汚れが目立ってきた。でも次にやるべきなのは右側面の大きな凹みの修理だ。体積的に3L分くらい凹んでいるような気がする。いくらいい加減修理の殿堂(笑)と言われた私でも、全てをパテで処理する気には成らない。内側から手が入るかな?。

 定時まで仕事して今日はプールに行った。前回のスクールでやらされたドリルを中心に、そのイメージを持ったままでスイムを繰り返した。少しだけ良くなったような気がするかな?。
 残り30分でトイレに行ったとき例の女王様が入ってくるのとすれ違ってしまった。確かにスタイルが良い。小さな子供が居る年齢まで考慮すると相当なモンだ。でも性格が・・・(笑)、今日も嫌な予感。
 しばらく別のコースで泳いでいたのだけど、左の土踏まずが攣りかけたので止まって揉んでいた時のこと。ニコニコしながら彼女が近づいてきた。脚が攣ったと言ったらプルにしましょうだと。
 あっちのコースが空いているからと無理矢理空いたコースに連れ込まれ、プルを主体のスカーリングと個メを組み合わせたドリルに付き合わされた。
 別のコースじゃ無くて別室にでも連れ込まれたいモンだと思いながら付いて行ったけど、その後はそんな事を考える余裕すら無いメニューが待っていた。いつもの様にキツかったけど、今日は彼女から大きくは遅れずにこなせたのは良かった。

スイム 2.8km
バイク 12km

|

« くもりガラスの向こうは? | トップページ | 部品取り車から最低の中古車へ »

コメント

昨日の一枚目の写真と今日の写真を対比すると使用前と使用後のダイエット宣伝を見る感あり。
マツダの似た様な車の水晶体をヤフオクで出ているのの有名ですが日焼けしない濁らない割れない材料は?
諸行無常、移ろいはしかたない。

還暦越爺の移ろいが一段と加速しつつ(笑)

投稿: 山向こうの住人 | 2015年1月29日 (木) 11時14分

スパイダーって、どこに蜘蛛の巣があるん。どこにもないし蜘蛛もおらんし、きれいなもんじゃん。
あっそうか。冬の寒さと車の振動で、リアウインドーに蜘蛛の巣みたいなヒビが入るんかな!?

投稿: スパイクのいず | 2015年1月29日 (木) 12時23分

 収納時に曲がらない車種なら選択肢が広がりそうですが、この車は曲がる必要が有るので可撓性が求められます。さらに安くて入手性が良いとなるとテーブルクロスの塩ビしか思いつきませんでした。

 適度に劣化してくれた方が、人生の機微を感じられて良いかもしれませんね(笑)。

投稿: みつやす | 2015年1月29日 (木) 12時24分

 おっと入れ違いに成った。

 蜘蛛の巣の日々は撤去しましたよ。幌の隅っこに本当のスパイダーが居ましたから、あれが車名の由来かと思います。

投稿: みつやす | 2015年1月29日 (木) 12時26分

夏になったら、いま透明なところがドロドロになって、ふにゃらー ってなる。悪寒。
あと、お決まりの黄ばむっても あるじゃないですかぁー。
また、そん時のブログ、後日談リポートを心待ちにしておきます。

スパイダーは、すっぱい(失敗)だー。ってならない事期待しております。(笑)

投稿: そクラテす | 2015年1月29日 (木) 16時57分

 テーブルクロス用と言うことで耐熱性には少し期待してるんですが、黄変とかくすみは避けられないでしょうね。

 総額11万だから、一家で二晩ほど盛り上がれた事と、大分からオープンのドライブ出来ただけで十分満足です。

投稿: みつやす | 2015年1月29日 (木) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くもりガラスの向こうは? | トップページ | 部品取り車から最低の中古車へ »