« 竹に椎茸が生えた?? | トップページ | 易きに流れる »

2014年11月19日 (水)

637rpmの元ネタは?

 薄れゆく意識の中で最後のブログを書いています・・・。済みません、食べることは出来ませんでした。怖いのもあるけど、椎茸はメチャ好きという訳でも無いからモチベーションがイマイチ上がらない訳です。気分が変わるかもしれんけど。

11191  画像はポルシェ930のスピードメータ。私のと同じだと思うけど人様のメータ。その過程で疑問に思ったことが有るので書いておこうと思う。
 一つはポルシェに限定じゃ無いけど637rpmの事。これはメータの入力軸と表示速度との関係を示す定数で、JIS D5601に依れば入力軸が637rpmの時に60km/hを示す事と成っている。
 ああ、○○マイルの時に△△回転とか、海外の規格をそのまま持ってきたんだろうなあ、と思って逆算してみたけどそれっぽい計算に成らない。うーん、誰か知ってます?。

11192  もう一つは誰も知らない様な気がするけど、この時代の930の速度計回りの信号に関して。
 電気式なので車速パルスを入力して電気式のメータを振らして居るのだけど、同じ様な信号がタコメータとヒータユニットにも行くように成っている。
 ヒータの方は信号を見ていると何となく想像できる。停止時は100%「H」の信号で、車速パルスが入るにつれて固定幅の「L」信号が出る。と言うことは低速時は「H」に近くて高速時は「L」に近いと言うこと。実際は300km/hくらいに成るとデューティー比がゼロに成って全部が「L」に成る。
 930は空冷で排気管の熱をヒータにつかって居て、排気温度と室内温度と設定ボリュームがコントローラに入力されて制御される。それだけと思っていたら車速もミキシングしていたと言うことらしい。低速時は強めに、高速時は弱めに、出来るだけ排気管の発熱量を補正するようにしているのだろう。合っている確率7割くらい?。
 タコメータの方は全く解らん。OC出力なのでもしかしたらタコメータからも信号が来てORに成っているかもしれないけれど、その可能性は低いと思う。うーん。

 今日もエアロバイクと補強運動だけ。昨日からエアロバイクの設定を「減量モード」から「一般トレーニングモード」に変えてみた。設定心拍が少し高くなる。

バイク 12km

|

« 竹に椎茸が生えた?? | トップページ | 易きに流れる »

コメント

 解ったかもしれん。

 直径0.5mのタイヤが1km転がった時の回転数が637回転。
 直径0.5mのタイヤで時速60km/h出すときの回転数が637rpm。

 これでどうだろう?。ソースは無い。気になる人は商工センターのおたふくにでも行ってくれ(笑)。

投稿: みつやす | 2014年11月20日 (木) 11時24分

回転系って、何んでもそうですが、角周波数、オメガtが計算の元となると思います。 ・・・・・・以上。

投稿: そクラテす | 2014年11月20日 (木) 12時02分

>>直径0.5mのタイヤが1km転がった時の回転数が637回転。

納得しました!

投稿: 山向うの住人 | 2014年11月20日 (木) 20時04分

 裏が取れてないので、人に話したら恥をかくかもしれません(笑)。

投稿: みつやす | 2014年11月20日 (木) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹に椎茸が生えた?? | トップページ | 易きに流れる »