« 本命を逃した | トップページ | メダルのない選手の気持ち »

2014年10月 4日 (土)

伏兵現る

 午前中のスイミングが終わったタイミングで、プールの受付のお姉さんが私を呼びに来た。嫁さんから電話が入っていると。この1-2週間は爺さんの調子が悪いので、もしかしたら死んだかな?と思って話を聞いたらランティスが止まったと。
 場所はプールから2kmくらいの地点だったので、着替えてから白骨号でお迎えに。段々調子が悪くなって最後は信号でエンジンが止まってかからないと。
 オイルは入って居るみたい。冷却水のリザーバタンクは空。何となく臭いもする。怖いので空けてないけどラジエターのクラックかも。周期的に2回目のラジエター割れかあ??。
 キーを捻ると水温計が上まで上がる。少し冷えたのかエンジンはかかったので近くの石材屋さんに置かせてもらい、取りあえず家まで帰ることにした。

10041_2  その時に私も慌てていたのだと思う。歩道と敷地の間で白骨号とランティスを入れ替えて居るとき、歩道のポールに気がつかずに右のミラーを当てて割ってしまった。ドアも少しだけ塗料が剥げた。
 上がり症で動揺しやすい性格だから、まあ仕方ないなあ・・・。取りあえず落ち着こうと思って深呼吸して家まで帰った。
 ランティスはマツダの積載車で運んで貰う段取りだけ付けて午後は仕事。夕方から白骨号の症状を確認して修理の段取り。
10042  ミラーの破損はガラスだけに見えるけど、中古のAssy品が4,000円だったので取りあえず確保。ドアの傷は少し凹んでいたので内側から押し出そうと思い内張を剥がしてショックを受けた。
 紙!?で出来ている芯がボロボロに朽ち果てている。下の方1/4くらいはスポンジとビニールレザーしか残って無いに等しい状態。
 塗装の傷はあまり気にならないけど、こういうのは許せない。気になって仕方がない。ベニヤ板は家に有ったので、内側に貼るスポンジと接着剤を買ってきた。スポンジは高かったので換気扇フィルタにした。
 ここまでやって日没のため撤収。続きは明日以降の作業になるけど、崩壊した下の方は寸法が解らないから大変だ。ドアに合わせて切り出したり穴を空ける必要が有りそう。

 スイミングの方はトラブルの前だったので平常心で泳げた。キック系が多くてキツかったけど何とかクリヤ。
 後半のクロールで止められて色々言われた。一瞬のワンポイントアドバイスが大半なのでこれは珍しい。今のままでリズムというか、手のかきの加速感というか、そう言った感じを持って泳げと言う事らしい。
 後半に力を入れたら全てが乱れた感じがした。抵抗も増えて進み方も悪くなった気がした。難しいなあ。

スイム 1.8km

|

« 本命を逃した | トップページ | メダルのない選手の気持ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本命を逃した | トップページ | メダルのない選手の気持ち »