« ミニモトは絶好調だけど | トップページ | 組んだままメッキできたら良いのに »

2014年9月24日 (水)

真鍮の疲労?

09241 昨日の午後、変なお父さんが壊したCR80。普段から使っている訳じゃないので不便は無いのだけど、調子の悪い機械という物が許せないので修理する事にした。
 昨日の夜ブログをアップしてからおもむろに取りかかった。各部の導通を測定してみるとピックアップコイルの導通が無かった。この部分は数百Ω程度の直流抵抗が有るはず。それなのに数MΩの辺りをウロチョロして変な感じ。
09242  根っこの所の被覆を少し剥いで測定したら線は生きていた。と言うことはコイルが切れているわけで巻き直ししか無い。ブラケットと心棒と磁石は利用しようと思い、樹脂と巻線をほぐしにかかった。
 端子の所から樹脂を剥がしていたら妙な物を発見。真鍮の「L」型端子が2個埋め込んで有り、それぞれが細い巻線と外部のケーブルの受け渡し点と成っている。その「L」型の肘の部分が両方とも綺麗に切れている。
09243  何かでぶった切った様な感じ。丁度疲労破壊のイメージだけど、樹脂の中に埋め込んだ真鍮板にそんな事が起こるのだろうか?
 そう言えば樹脂は2種類。コイル回りは硬い樹脂でその角部に「L」型の端子が乗せてあり、それに配線が半田付けしてあり、その周囲を比較的柔らかい樹脂が覆っている構造。振動とか熱膨張で小さく曲げ伸ばしが行われたのかもしれない。
 そう言えば真鍮のプレス部品で不可解なひび割れを見ることが有る。キャブのフロートとかラジエターとか。かまいたち的にスーッとヒビが入ったりする。

 理由は解らんけどまき直しせずに済みそうなので、慎重に巻線を発掘して、残った方の端子に半田付けして、エポキシで固定して、スーパーXで周囲を固めて完成。
 田舎とはいえ深夜にCR80のエンジンを吹かす訳にはいかず、試運転は翌日の今日に成って行った。予想通りに火が出て正常に始動できた。手間賃で2万円やな。
 エアクリーナがボロボロに崩壊していたので、レンジ用フィルターをたたんで中央のブッシングだけ流用して適当に作っておいた。これでまたしばらく遊べる。

 仕事が終わってから飯塚のプールに行った。まだやっているけどB&Gは寒そうだったし事務所の愛想が悪いので却下。
 手で掻いた時の伸びが無い。掻いて推力が発生しているのに身体の抵抗が大きいのか?そんな事を思いながらスーッスーッと伸びるイメージで泳いだ。アジア大会の400m自由形決勝を思い浮かべながら。
 今日は全部25mを45秒で回しながら、色々な事をやってみた。進みが悪いと感じたら頑張るんじゃ無くて力を抜き、抵抗の少ないフォームを作り直す意識を持って。

スイム 2.5km

|

« ミニモトは絶好調だけど | トップページ | 組んだままメッキできたら良いのに »

コメント

フィルター蛇腹にしなよ!!
どこかの変態親父みたいに。。。(ゲッ)

投稿: MASA | 2014年9月25日 (木) 00時28分

 めんどくさーい。メータO/Hの合間に作ってちょうだい。

 CDIとイグナイタの詰め合わせ、来たよ。

投稿: みつやす | 2014年9月25日 (木) 08時18分

キャブのオーバーフローパイプが、真鍮の場合、軸方向にヘヤークラックが走る事例があります。真鍮パイプの、シームレスパイプ製造過程での押し出し加工で発生した残留応力が、ガソリンと空気との界面での電気腐食により増長されたと思われますが、今もって謎です(o^-^o)

投稿: ラモ | 2014年9月25日 (木) 18時00分

 そうです、そうです。そんな感じの不思議な割れを見ることが有ります。これも応力腐食割れと呼ばれる現象なんでしょうかね?。

投稿: みつやす | 2014年9月25日 (木) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニモトは絶好調だけど | トップページ | 組んだままメッキできたら良いのに »