« アルミのリング | トップページ | 色々写真だけ »

2014年7月12日 (土)

♪いーとーまきまき♪

0712 この作業自体は今日じゃ無いけど、このコイルを使った発電機を今日納品しに行ったので掲載してみた。
 画像は我が社が誇る自社製の「万能巻線機」。フレームはその辺に転がっていたコンパネで、動力は右手、カウンタは脳みそとメモ用紙、バックテンションは左手の指、で構成される(笑)。
 巻き枠だけは真面目に作らないと合わない。そしてカーブの具合とか鉄心の入り具合とか有るので、初めての機種は1回くらい失敗して再製作に成ったりする事も有る。割りとシビアで±0.5mmくらいの調整が必要。
 今回は6Vから12Vへの変更と、必要に応じてO/H。うちでは固定界磁コイルの巻き替えしか出来ないので、ロータ側のコイルは6Vのまま使うことに成る。その為に理想的な12V化ではない。具体的には発電の立ち上がりが少し遅く、チャージランプの消える回転数が若干高くなるはず。
 その辺りを話して、理解・納得して貰ったお客さんの分だけ作業している。BOSCHやLUCASに依頼したらロータ側もしてくれるんじゃ無いか?と思うけど、頼んだ事が無いので解らない。そしてお客さんもそれで良いと言うし、界磁側だけ12V化した状態を見て他の人も依頼してくるので、まあそれなりに実用的な範囲に入っているのかな?とは思う。でも、技術系の人間としては、何時かはロータ側も出来るように成りたいのは事実。
 この作業は絶縁ワニスを塗りながら作業するので、手や廻りがベタベタに成る。室内ではやりたくないから雨が降ってない限り外でやっている。

 朝はプールでスイミング。今日は10:00からだった。その為に某氏に迷惑をかけてしまった。ごめんなさい。
 ちょっとだけ気分が良い。誉められた訳じゃ無いけど、気にしていた手を前方にジュボッと突っ込むイメージに関して指摘されたから。
 外から見てもそのように成っているらしい。泳ぎ全体としては良くはないけど、今回は試行錯誤の悪あがきが感じられたので、変化したという部分に関しては評価して貰った。こう言うのを続けていけば何とか成るかな?
 しばらくは小中学生と一緒。予想通りにキックメニューがキツイ。でも女の子が居ないのと私自身も2-3年前に比べたら少し速くなったので死ぬほどじゃない。

スイム 2.0km

|

« アルミのリング | トップページ | 色々写真だけ »

コメント

PEW?? UEW??

投稿: MASA | 2014年7月13日 (日) 01時47分

 PEW系ですね。

投稿: みつやす | 2014年7月13日 (日) 08時20分

巻き巻き号のハンドルをくるりと一回転、ブレのないスムーズな回転は、さすがですね。水泳が上手くなりたいと思ったら、プールでお人魚さんばっかり見てないで、水族館に行って本物のお魚さんを一日中みるなんてどうでしょうか?R26のジェネの芯出しに苦労しておりまする(o^-^o)

投稿: ラモ | 2014年7月13日 (日) 20時15分

 水族館よりプールのハイレグの方が何百倍もいいですよ、ねえ。

 R26は苦戦中ですか。でも今回は慎重に進めて壊れない事が一番かと思います。

投稿: みつやす | 2014年7月13日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルミのリング | トップページ | 色々写真だけ »