« 帰国 | トップページ | ♪いーとーまきまき♪ »

2014年7月11日 (金)

アルミのリング

0711 このクソ忙しいタイミングを狙って、島根の山奥のヤツが変なメールを送ってきた。アルミの輪っかを削れと。どうせ負けるレースの部品に使うのだとは思うけど。
 生意気に厚みの公差まで書いてある。流石に元インチキ設計者だけは有る。
 公差が有ると面倒な気がするけど、素人からの書いて無い依頼品の方が怖い。これはうちが頼む外注先の社長が言っていた事で私も感じる事がある。
 「適当でいいです」「そんなに精密な部品じゃ無いです」で始まるのだけど、出来上がると「このピンが硬く入るから、もう少し小さく無いとガタガタになるでしょ」「ここの角は尖ってないと抜けます」とか後出しの条件が出てくる(笑)。
 そこの社長はよほど懲りたのか、絶対に素人の仕事は受けないと言っていたけど、私は何も知らない高校生の時に、鉄工所でシリンダを削って貰ったりしていたから無下には断りにくい部分が有る。あの頃の職人さん、ごめんなさい。
 今回は厚み方向がマイナス0でプラス0.2らしい。この位なら突切りバイトの側面を測って突っ切れば良かろうと思って始めたけど、良く読むと別のメールには厚みが6.1mmと書いてある。
 うーん、6.1mmが中央の値で、別のメールに書いてあるマイナス0のプラス0.2は6.0mmに対する値か?。それとも6.1mmに対する値で6.1mmから6.3mmまでという意味か?。少し悩んだ。
 でもパソコンの所まで戻って聞き直すのが面倒、昼飯後の休憩時間に終わらせたかったので、適当に6.2mm狙いで削ってみた。結果的に2個の最低と最大が6.18mmから6.23mmくらいに収まった。
 まあ、使えるやろう。厚かったら紙ヤスリで削ってくれ。薄かったらコピー用紙でも貼り付けてくれ。外周のバリは取ってないから適当に取ってくれ。代金は5万円x2個で10万円に消費税な。

 なんか色々と有ってあっち行ったりこっち行ったりしていた。夕方は請求書におかしな所が有ったので外注先の社長と話してきた。事務のオネエチャンが間違えていた様で過払いだった。
 オネエチャンが替わったタイミングで入力を間違っていて、1年くらいその状態が続いていた事になる。大まかに計算したら若手公務員のボーナス分くらい有ってびっくり。経営の神様ありがとう。と言うよりもしっかりチェックしろよ!うちの会社。ちゅう所やね。

 そんな事件が有ったので家に帰るのが遅くなり、プールに行くのは行ったけど泳いだのは45分くらいだけ。今までと同じイメージで50mのドリルを繰り返した。でも何故か今日はタイムが良かった。

スイム 1.6km

|

« 帰国 | トップページ | ♪いーとーまきまき♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国 | トップページ | ♪いーとーまきまき♪ »