« サミーミラーブーツとゴム長の違い | トップページ | ユンボのキースイッチ »

2014年7月 1日 (火)

930のミッションマウントをインチキ修理

07011 ちょっと前に作業したネタだけど、930のエンジンマウントとミッションマウント修理の話。この手のマウントは国産で有っても普通は修理じゃなくて交換だけど、交換前に効果を確認しておこうと思ってインチキ修理を決行。
 930はエンジンとミッションがAssyの状態で、4個のゴムマウントでフローティング支持されている。前オーナーは無頓着だったらしく、確認したら4個とも荷重方向にだらしなく垂れ下がった状態だった。写真はミッション側だけどゴムブロックの飢えにさび色の隙間が確認できる。
07012  で、2枚目の画像のように中央のパイプ上部をディスクグラインダで削除し、下にゴム板と短いパイプを追加したら修理完了。
 ゴム硬度とかまともな評価基準では滅茶苦茶な状態と思うけど、片側がガタガタで反対側は金属同士が接触している今よりは良い筈。
 エンジン側とミッション側は別の日に作業した。エンジン側は少し音が変わったかな?程度なので、他人が評価したり測定器を使った評価なら変化無しだと思う。
 対してミッション側は凄かった。発進加速時に感じていたドライブシャフトのガタと思われる衝撃と異音が消えた。コーナー入り口で軽くブレーキングしてシフトダウンしたときの嫌な振動というかトルク変動というか妙な物が無くなった。想像以上の変化にしばらくはニヤニヤしていたくらい。
 社外品でも1個が5,000円くらいするけど、ミッション側に関してはそのくらいの価値は有りそうな感じ。何時か他の部品と一緒に買って交換しよう。

 日曜日のランのせいだと思うけど、脚に軽い筋肉痛が有る。ランと自転車は止めにしてスイムにした。順番的にも火曜日はスイムだし。気温が上がってきたので飯塚は止めてB&Gへ。
 日曜日に引き続いて速いテンポの泳ぎをやってみた。何となく良い感じが有るのだけど自体のスクールで先生に見てもらうまでは解らない。駄目な予感はある(笑)。
 そして後半は私にしては珍しくキックの嵐。でもキツイヤツじゃなくてゆーるいヤツ。前半は直方高校の学生が居たけど後半は私一人。だから25mを3分とか4分かかっても全然邪魔に成らないし恥ずかしくも無い。
 本当に身体の力を抜いてみたり、自分なりに弓なりにしならせてみたり、太腿だけ動かして膝から下をブラブラさせたり、飯塚では出来ない様なメニューを1時間くらいやった。これはトライアスロンのスイムに即効性は無いと思うけど、長い目で見て良い方向に行くと信じている。

スイム 2.0km

|

« サミーミラーブーツとゴム長の違い | トップページ | ユンボのキースイッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サミーミラーブーツとゴム長の違い | トップページ | ユンボのキースイッチ »