« 10P15Cのシール交換 | トップページ | 足元が寒い »

2014年5月26日 (月)

エキスパンションバルブの調整は?

05261 白骨号のエアコンネタの続きで、今回はエキスパンションバルブ。圧縮されて液状になった冷媒を、小さな穴からブシャーと吹き出す部品。そしてその吹き出す量を冷房負荷に応じて調節する。
 これもコンプレッサのシールキットと同じ店で買った。シールキットとリキッドタンクは必ず買おうと思ったけど、エキスパンションバルブは生きているかもしれないので迷った。でも海外通販なので二度手間の送料を考慮して纏めて注文。
 結果的に外した部品に明かな詰まりは無かった。均圧管に圧力をかけながら息を吹き込んだりして精密な検証をしたけど、定性的には正しい方向に変化していた。買う必要は無かったかもしれない。
05262  外すときに苦労した黒いネバネバの物体も付いてきた。電気工事の自己融着テープの厚みをと幅を3倍にして、表面をザラザラにしてネバネバ感を増した感じの気持ち悪いテープ。
 写真は途中経過で、2巻き付いていたのでホース金具の辺りとか、制御用の細い銅管廻りも巻き付けた。必要性と効果は解らん。
 悩んだのは特性に関して。オリジナルはR-12用に成っているはずだし、今回買ったのもR-12かR134aを想定した特性に成っているはず。でも私は怪しいCOLD12を使う予定。
 原理図を見る限りでは、エバポレータ出側の圧力と温度に応じて噴出量を増減している感じ。そして温度検出のキャピラリにはシステムと同じ冷媒が封入されているとか・・・。
 COLD12はプロパンとイソブタンの混合物らしい。プロパンだけなら何とか方向性が解るけど、混ぜて有ったら訳解らん。と言うことで取りあえずそのまま未調整で装着した。

 何となくふと思い立って靴を変えてみた。今までは故障明けと言うことも有ってゲルフェザーばかり履いてきたけど、少し刺激を与えてみようと思ってスカイセンサーにしてみた。
 スカイセンサーの方が軽くて薄くて硬くて競技よりのイメージが有ったけど、土踏まずの所は薄い感じが有ったけど、踵を中心に全体のクッション感はスカイセンサーの方がソフトに感じた。
 これは靴の特性と言うよりも、底がすり減ってしまったゲルフェザーが硬化していると考えた方が良いかもしれない。いくらなんでも買い換えた方が良いかも。
 過度な刺激に成ってはいかんので、短めのコースにした。

ラン 11km

|

« 10P15Cのシール交換 | トップページ | 足元が寒い »

コメント

ポルシェ 908グランプリホワイトは

もう入手しましたか?
まだでしたら

調色して送りますが

関西ペイントのレタンPG80で
0.9L と 硬化剤(10:1)
で良いですよね?
ハイブリッドの塗料でしたら硬化剤は
使いませんが、クリヤーで仕上げないと
いけません
レタンPG80の方が良いと思います

投稿: 従姉妹 | 2014年5月27日 (火) 16時09分

 塗料はトライアスロンやっている塗装屋さんからも分けて貰えそうなので、そちらと話をしてから相談します。
 どっちみち今は色々と忙しくて、1日に纏まった作業時間が取れないんです。だから塗装はまだ先の話になりそうです。

投稿: みつやす | 2014年5月27日 (火) 17時05分

もちろん塗装用のガンはお持ちですよね?
車両に塗装する場合はガン吹きです。

投稿: 従姉妹 | 2014年5月27日 (火) 19時59分

 ガンは有りますよ、コンプレッサにドライヤは付いてないけどフィルタと減圧弁が付いているから良いかな?と。

 いや、刷毛塗りの方がネタ的に面白い気がしてきた(笑)。

投稿: みつやす | 2014年5月27日 (火) 21時00分

> いや、刷毛塗りの方がネタ的に面白い気がしてきた(笑)。

やめろ!

投稿: 従姉妹 | 2014年5月27日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10P15Cのシール交換 | トップページ | 足元が寒い »