« ホールセンサ試験機 | トップページ | SR400のCDIは進角している »

2014年4月21日 (月)

出来そうな気がしてきた

04211 昼間にスケートの速いモータ屋さんの営業が来た。適当な雑談をしていたときにふとコパルも吸収合併したんじゃ無かったか?と思いだし、無接点のポテンショメータが無いか聞いておいた。
 一般的なボリュームの置き換え用途だと、軸の動作角度が360度に近いのが多い感じ。今回の用途だと動作角度が90度程度なので無いかも?と思いながらも少しだけ期待。
 完成品が入手できるかもしれないけど、原理を把握する上でも意味があるので完全自作の方も進める。昼間は忙しかったので晩飯の後で実験開始。
04212  昨日書いたようにコの字型フレームに磁石をくっつけた形で試験してみた。最初に磁石間隔を11mmでやったら動作角度が狭すぎた。そこで目的の角度とのsinの比を出し、磁力は距離の2乗だから・・・と計算して再試験。でも想定した結果は得られなかった。
 試行錯誤していると計算結果よりもずっと広げた17.5mmで想定のカーブが得られた。これは2乗ではなくて1乗の数値にきわめて近い値。
 良く解らん。。。いや、今回は空間に放出される訳じゃ無くて向かい合ったSN極の間の磁力の話だ。そして反対側は鉄の磁路が確保されている。と言うことは電線の抵抗に近い挙動と考えて、空間すなわち高抵抗の部分の長さに比例と考えたら良いのだろうか?
 だいぶ雰囲気が解ってきたので、そろそろ磁気の勉強でも初めてみよう。順番が逆のような気もするけど(笑)。

 夕方に走った。週末は客人が来ていて運動量が少ない割りにお菓子をボリボリ食って締まった。ここらでカロリーを消費しておかないとヤバイ。
 特に無理をするわけでもなく、少し長い方のコースを楽に走って帰ってこられた。歩みはのろいけど確実に良い方向に進んでいるので、夏までに故障だけはしないように楽に練習を積み重ねたい。
 気がついたのだけど走り方が変わった気がする。と言うか元に戻った感じ。今まではスピードを求めて色々を無理?をしていたけど、故障が続いて痛くない、無理をしない動きを心掛けていたところ、走り始めた頃のような走り方に戻った気がする。
 ガラスに写った姿は凄く格好悪いのだけど、これが自分の骨格や筋肉の配置に適して居るので有れば受け入れようと思う。

ラン 18km

|

« ホールセンサ試験機 | トップページ | SR400のCDIは進角している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホールセンサ試験機 | トップページ | SR400のCDIは進角している »