« ポジドライブ | トップページ | 軽トラのオイル交換 »

2014年1月30日 (木)

MonotaROでポルシェは維持できるのか?

0130 そろそろ軽トラのオイル交換時期だけどフィルタが無かった。良いタイミングでMonotaROから15%引きクーポンが来ていたので、その他の部品も纏めて購入。その中の一つが写真の大きなオイルフィルタ。
 左側の黒いのは普通のポルシェ用品屋さんで売っているMAHLEという会社のOC54という製品。これが1985年式のカレラに適合するらしい。純正品なのか社外品なのかは知らない。
 青いのはMonotaROブランドで、ねじの規格が同じで外形が近くて高さも近いヤツ。キャラバンとか一部の日産車に適合するらしい。Oリングの径が合うか不安だったけど、目視では同じ位置に見えるから付くだろう。
 油温が予想ほど上がらないことから、今はポルシェに5W-30のオイルを使っている、MonotaROブランドのヤツ。これでフィルタまでMonotaROにしたらMonotaROが潤滑系を制覇した事に成る(笑)。
 そう言えばブレーキフルードもMonotaROブランドだ。でもこれはルミエールの方が相当安かったので、次回はルミエールで買うことに成ると思う。

 今は前回のオイル交換から6500kmくらいしか走っていない。アメリカ基準のマニュアルには7500mileと有るので、メートル系なら12500km毎と考えたら良かろう。水分の混入などで劣化しやすい冬を過ぎて、春先くらいに交換しようかと考え中。
 ただ、その時はオイル粘度を変える可能性が高い。何故なら三男のMINIが加わったから。こちらはマニュアルの指定が10W-40と成っている。
 ポルシェの場合は買い物やプールに行って、帰ってきて、やっと85度に達するくらい。と言うことは走行最後の段階でやっと想定油温(の下限)に成るわけで、走行の大半は定常状態よりも5倍とか10倍も硬いオイルでエンジンを潤滑している事に成る。そう言う事情で30番にしている。
 MINIは意外と早く水温が定常状態になる。油温計は無いけど同じ様な傾向だろう。と言うことはメーカ想定の油温で動く時間が長い訳で、それならオイルもメーカ指定の40番を守った方が良いかな?と。
 こんな感じなので、次はMINIとの共用を考慮するなら高温側が40番、下は冬期の始動直後を考えると柔らかい方が良いので0Wか、それだと選択肢が少ないなあ。

 昨日は泳いだし何となく気温が高くて気持ちがよかったので走った。忙しいと言い訳をして動かない日も有るけど、やっぱり無理矢理でも体を動かした方が心身共に調子が良い。
 いつもの短めのコースをぐるっと1周。途中で大きな犬を連れた人に会った。以前に会ったときに「大きな犬を飼いたい」と話して居たことを覚えて居たようで、「犬は飼わないんですか?」と聞かれた。
 犬は好きだし小さい頃は飼っていた。猫は我が儘でションベンが臭いから嫌いだけど、犬は人間の友という感じで好きだ。でもでっかいのを散歩させるには体力が要りそう。

ラン 11km

|

« ポジドライブ | トップページ | 軽トラのオイル交換 »

コメント

ポルシェ君は、あまり乗られてないご様子。春のオイル交換時は、カフェオーレ状態が見られるかな?(o^-^o)

投稿: ラ・モート | 2014年2月 1日 (土) 21時12分

 今のペースで年間12,000kmくらいなんですが、これより少ない距離の車でも目で見て解るほどの乳化は見たことが無いので、たぶん大丈夫かな?と希望的観測。
 面倒になったら夏くらいまでそのまま行っちゃうかもしれません。オイル量13L近くあるので、そのくらいは持って欲しいですねえ。

投稿: みつやす | 2014年2月 1日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポジドライブ | トップページ | 軽トラのオイル交換 »