« 白骨号で大阪へ | トップページ | ガソリン? or 電気? »

2013年12月15日 (日)

大阪から福岡へ

12151 大阪行きの計画が始まった段階では、八尾の鉄工所の姉妹を見に行く話も有った。でも具体的に病院の行き帰りなどを積算したら無理だと解ったのでこちらは次回。
 翌日の朝は門真にあるレンコン田を見に行った。ここは嫁さんのお兄さんがやっている。脱サラしてレンコン農家を始めたわけで、やっぱりこの人も変な人だと思う。
 行ってみて驚いたけどシュールな景観だ。写真の背景は第二京阪とバイパス。背景側には少し離れて団地が有る。こんな場所が残って居る事に驚く。
 この後は老人ホームに移動した。途中で道を間違えたりしたけど何とかリカバリー出来た。
12152
 昼頃まで色々話したりして過ごし、一緒に行った妹とも別れて我が家は福岡に向けて出発した。
 行きは前半が100km/h~110km/h、後半が120km/h~130km/hの速度ゾーンで走った。帰りは燃費の変化を見たかったのと疲れを考慮して100km/h~110km/hを維持することにした。
 この速度域は意外と走りにくくて、変な車と絡む事が多い。いっそ90km/hとか120km/hを維持した方が楽に走れる気がした。
 嫁さんが宮島SAに寄ってみたいというので寄ってみた。広島時代は五日市に住んでいたので、丁度このSAの前は通らない訳だ。初めてと言っていた。日暮れ時で大鳥居は双眼鏡でギリギリ確認できた。

12153  日頃の行いが良いので帰りも何事も起こらず、割りと早い時間に帰り着いた。私たちの晩飯は佐波川で食べた。
 帰り着いたら知らない軽が止まっていて、家に入ったら女の子が居た。三男の晩飯を持ってきてくれたらしい。私は佐波川で牛丼の並を食っただけというのに、えらく待遇が違うじゃないか(笑)。
 次男に比べたら三男の組合せの方が続くかもしれない。いや、若い頃は色々と心が動くからどっちも解らん。
 取りあえず大事なことは、ビビッと来たらそのまま突っ走ってしまうことだ。考えすぎると直ぐに30歳、40歳に成ってしまう。悩んでいる期間を時間は待ってくれない。
 これはグライダーの着陸に似ている。悩ましい判断が有った場合、それは今の自分にとって期待値が等しいと言うこと。別の言い方をすれば判断する能力が無いと言うこと。それなら直ぐにどちらかに着手した方が良い。最悪なのは悩んで高度(時間)が無くなることだ。
 そう言ったことは、手遅れになってから解るんだけどね(笑)。

|

« 白骨号で大阪へ | トップページ | ガソリン? or 電気? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白骨号で大阪へ | トップページ | ガソリン? or 電気? »