« 単独試運転完了 | トップページ | 作業納め »

2013年12月30日 (月)

餅つきは人生の扉

12301 今日は餅つき。ここ数年は雪や雨ばかりだったけど、今年は良いとまでは言えないけれど悪くはない天候の元で開催できた。妹家族が居なかったのでそのせいだろうと思う。
 いつもの様に竈に火を入れて、せいろに餅米を入れて羽釜の上に乗せて、少しずつ蒸気が上がり始めたタイミングで人が集まりだした。
 理由は解らないけど今年は人が多かった。ピーク時は30名近く居たと思う。アヤちゃん夫婦とタケシ夫婦効果かもしれない。
12302  いつもの様に餅を搗き、あんこ餅や、きなこ餅や、おろし餅を食べた。数年前に詐欺を働いた伊東家が心を入れ替え、本当に牡蠣を持ってきたのでメニューに焼き牡蠣が追加されて豪華だった。
 ほぼ全ての作業は若い人達がやってくれたので、昔から来ているオッサン連中は火の廻りで昔話と嫁さんの悪口と若者の批判をするだけで済んだから楽だった。

 最初の写真は今から18年くらい前の写真で、餅を搗いているのはうちの次男と三男。正面の女の子は今年も来ていて、ユンボで蛎殻を埋める作業に熱中する普通の女子大生に成長していた。
12303  餅つきが終わったら軽く片付けをして昼食のカレー。人が多すぎて部屋に入りきらなかった。そして御飯が足りなくなってお代わりは若者限定に成ってしまった。みなさんごめんなさい。
 でも沢山のお土産が有ったので、それをどんどんテーブルの上に持ってくる事により、御飯が底を着いた事を誤魔化せたんじゃ無いか?と思っている。

 皆で騒ぎながら餅を搗いていた若者達は50歳を過ぎたオッサンとオバチャンに成った。小さな子供達は今風の青年とお嬢さんに育ち、それぞれの友達や結婚相手を連れて来た。うちの爺さん婆さんは依然として生きているけど、その間に親が亡くなった家庭も有る。

 I say it's fun to be 20
 You say it's great to be 30
 And they say it's lovely to be 40
 But I feel it's nice to be 50

 以前にこの歌は同窓会ソングだと書いたけど、同世代だけが集まる同窓会よりも、こんな感じで複数の世代が集まった場にこそ相応しい様な気がした。

 I say it's fine to be 60
 You say it's alright to be 70
 And they say still good to be 80
 But I'll maybe live over 90

 ここまで来て不意に笑ってしまった。この歌がBGMとして流れ、木漏れ日の中を山下達郎と歩く75歳に成った竹内まりやの姿が浮かんだから。そう、この歌は20年後の健康食品CMを睨んで作られたのだ。
 70台になった我々も今日のように集まり、走り回る孫たちを眺めながら、どの健康食品が効くか、新しい成分はいかに優れているか・・・どうでも良い話を延々と続けているのだろうか?

|

« 単独試運転完了 | トップページ | 作業納め »

コメント

 20年後の健康食品CMソングは、各世代を簡潔に表現していながらも、意味深くなかなか良い詩ですね。ほんとうの意味での理解はその世代を渡ってこないと理解できないだろうな。私は、70才以上の部分はわからない。そして、20代の若者にこの詩を紹介しても30代以上は未知の世代であり、20代を何と表現したらよいのか、困惑するだろう。「今は今でしょう!」って言われそう。

また、このCMソングは、ジャニス・ジョプリンが歌った、The roseの詩にフィーリングが似てますね。♪Some say love、it is a river・・・♪ 

良いお年をお迎え下さい(o^-^o)

投稿: ラ・モート | 2013年12月31日 (火) 10時09分

 今YouTubeで聞いてます。確かに歌詞のイメージが似てますね。いい感じです。

 私は若い頃は何も考えずに好きなことばかりして生きてきました。55歳に成っても大して変わってませんけど(笑)。健康食品を買う年代まで生きていたら目出度い事です。

 来年もよろしくお願いいたします。

投稿: みつやす | 2013年12月31日 (火) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単独試運転完了 | トップページ | 作業納め »