« 大阪から福岡へ | トップページ | 冬は0Wだなあ »

2013年12月16日 (月)

ガソリン? or 電気?

1216 昨日の大阪からの帰り道、佐波川だったかSAの中に設置して立った電気自動車用の充電スタンド。
 妙なところに車が止まっているので見ていると、リーフがスルスルと発進していった。後にはこんな景色を残して。
 気になったのは料金のこと。黄色のボックスの何処にも料金の事が書いてない。もしかして今は只なんだろうか?それとも実際に稼働させたら液晶画面に金額が出るとか?。でもお金を入れる口も無かったけど。

 昨日は疲れていたので帰宅後にガソリンを入れたりしなかった。でも高速道路単独のデータに興味が有ったので、まだ残っていたけど今日の昼間にいつものJAスタンドまでガソリンを入れに行ってきた。
 53.87L入った。走行距離は611.1kmなので帰路の燃費は11.34km/Lと成る。守口のあたりのスタンドで満タンにして、吹田まで下道を通り、吹田から若宮ICまで高速を走った。
 100km/h~110km/hを目標に走ったけど、妙な流れに掴まった後とかは130km/hくらいまで出したりした事も有った。あとは前日と同じように強い北西季節風を受けていたので、帰りに関してはこの風がマイナスに働いたと思われる。
 この速度域で11km/h台が出るとなるとランティスと大差ない感じになってしまう。ランティスの2000ccがイマイチなのか、ポルシェの3200ccが良くできているのか?。
 その前に乗っていたCR-XのSiは130km/h巡航で13km/hは走っていたので、それには届かないけれどポルシェも良くできている。当時のカタログに「ポルシェ911カレラは、一段ととパワフルで燃費性が優れていることを主眼に開発されました」と書かれているだけの事はある。

 ここで距離計の誤差について計算してみた。プロアトラスで昨日のコースを測定すると586kmと出る。それに対して距離計の表示は611.1kmなので4.3%過大表示という事に成る。
 CGのフルテストでは、84年式のカレラに215/60VR15を履いた状態で4.1%過大表示と成っていたので、プロアトラスの精度は解らないけど4%くらい過大表示の癖が有るのかも知れない。
 と言うことで往復のデータを4%補正してみると、行きの燃費が10.05km/Lで、帰りの燃費が10.90km/Lと成る。JAスタンドと守口のスタンドでオートストップの精度が違っている可能性が有るので、往復の差に関しては精度が悪いかもしれない。
 行く前と帰ってからは同じJAスタンドの同じ給油機で入れているので、オートストップの精度は近いと思われる。この間の総合燃費は1270.9kmを116.98Lなので10.86km/Lと成る。これを4%補正すると10.45km/Lが最終的な今回の大阪往復燃費と成る。
 と言うことで、カーグラが書いているように80km/hで我慢の走りを続けなくても、廻りの流れに乗って走っていても満タンで800kmを走ることは可能だと思われる。

 週末は全く動いていない。それなのに食う方は通常以上に食い続けた。寒いし体全体を運転の疲労感が包んでいたけど、仕事が終わってからは軽く走ることにした。
 体をほぐしたりカロリーのバランスを取るだけなので、軽めに西中往復の8kmを走ってお終い。故障の気配も無いのでこの位の距離が良いかも。

ラン 8km

|

« 大阪から福岡へ | トップページ | 冬は0Wだなあ »

コメント

 確か,今は電気スタンド(笑)は無料だったはずですよ.電気を売るには許可が必要で,電気事業者(中電とか九電とか,東電,・・・)しか許可されていなかったはずです.

 こういった法整備が進まないから電気スタンドが増えず,そのためにEVの普及に時間がかかっているわけですね.

投稿: とみかず | 2013年12月16日 (月) 23時32分

 只ですか!、ちょっとリーフに興味が湧いてきました。まだ買い(え?)ませんけどね。

 法整備インフラ整備に関しては、トヨタ様がオール電化車を出さないと駄目でしょうね。

投稿: みつやす | 2013年12月16日 (月) 23時50分

この辺で充電できない地区は、鞍手町と小竹町と宮若市だと思います。
佐波川インターは2-3年前までは牛丼は、カードで食べる事ができる唯一のインターだったです。夏は、蕎麦とか出てたと思います。もっと昔は、あそこに食堂? レストランがなかったです。
少し前までは、周南・下松・防府まで調子に乗って卓球に行ってました。そのころは、広島や岩国まで行こうとしてましたしー。

江戸の方じゃコンビニにも充電設備がある ところも存在する様です。
5年くらい前?郵便局の自動車を全部電気自動車にするって計画があったのにどこからか、よこやりがあった様です。・・・・・・といった政治背景もあり、電気自動車に対する争い?ねたみ?もある様です。

グライダーの話じゃないですが、あまり大きいと着地点も選べず方向修正が難しいのでしょうー。

投稿: そクラテす | 2013年12月17日 (火) 02時26分

 佐波川の食堂は妙な感じでした。吉野家の屋号が上がっているのに、メニューの大半は蕎麦とか天丼だったりして。
 防府マラソン帰りと思われる人が2名居ました。

投稿: みつやす | 2013年12月17日 (火) 08時16分

うちの大きい方のバイク(ヨーロッパの赤白国旗の国製造)も120〜130km巡航の燃費が良好です。
あちらの高速道で多用する速度域なのでしょうか?
ちなみに、走行距離について、国産のバイク用のラリーコンピュータの距離校正(10m単位)は、日本の高速道路のキロポストを基準にするようになっているようです。
あと、ガソリンの計量器、航空部時代の後輩が杷木町でガソリンスタンドを経営していていろんな話を聞きましたが、店によってはかなり・・・・があるようなので、
燃費計算は相対値ですね。
あと自分と周囲への心の安らぎとか?!

おととい、子供の小学校の校区の餅つき大会があって筋肉痛です。今年の年末もよろしくお願いします!

投稿: sun.one | 2013年12月17日 (火) 08時26分

 想定された巡航速度は解りませんが、ポール・フレール氏の著書や当時のカタログを見る限りでは、向こうの人はスポーツモデルに対して日本人以上に燃費効率を気にしている事を感じます。
 私も技術的な観点から、パワーは有るけど燃費が悪いエンジンは美しく無いと感じます。

 距離の誤差に関して、内部のギヤか検出部の信号か、何処かで修正して±1%くらいに成らないかな?と考え中です。
 ガソリンの方はタンクで買ってきて測定してみましょうか。

 餅つき、例年通り30日の予定です。JR50も準備万端でお待ちしてます。

投稿: みつやす | 2013年12月17日 (火) 08時50分

聞いた話なんで信憑性は???なんですが。。。

プリウスは誤差10%(多い)らしいです(笑)
つまり、それだけ長距離を走ったと錯覚させて、燃費がイイと思わせる・・・w

スピードメーターの誤差も10%以内だったら法的にもOKでしたっけ?

投稿: あつし | 2013年12月18日 (水) 10時23分

 商売ですからそのくらいの事はやるでしょうねえ(笑)。

 速度計はプラマイ側で許容範囲が違っていたと思います。それに関連すると思いますが、タイヤの外径にも許容範囲が有って最近は厳しくなりましたね。

投稿: みつやす | 2013年12月18日 (水) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪から福岡へ | トップページ | 冬は0Wだなあ »