« ルーフラック検討 | トップページ | オートポリス »

2013年10月19日 (土)

側板の検討

1019 アルミ板を手配するために、概略の形状を確認してみようと思って屋根に楕円パイプとサイクルキャリヤを置いてみた。前後方向の角材は位置決めと隙間確保の為の治具。
 取りあえずこんな感じか?。片側で200x300の板が必要と解ったので、A5052の5mm厚を左右分とクランプの分手配した。
 横に渡した楕円パイプの梁と側板の固定は溶接しようと思う。専用品なので汎用性を持たせる必要は無いし、溶接してラーメンに成れば少しでも強度と剛性が上がると期待できる。
 板のままでは寂しい気がする。アクセント的に肉抜きでも良いけど剛性が下がるのはヤナ感じ。金色に輝くポルシェのエンブレムとか付けたら嫌らしい。RUFと書いてみたけどSOHCなのにDOHCのエンブレムを付けたみたいで悲しい。
 結局PORSCHEの名前を入れる位がバランス的に良いのかもしれない。ドリドリ君を使って、良く見たら解る程度に1mmくらい彫り込んでみようか。

 昼はスイミング。仕事で基板を作っていたので出るのが遅くなり、始まる前の自主トレで距離を泳ぐことが出来なかった。
 スクールは前半が平泳ぎで後半がクロール。平泳ぎは久し振りだったのでキックが全然進まなかった。クロールは片手クロール系のドリルの後で25mを12本、50秒サークルで。
 直前のドリルを意識して、最後までフォームが崩れないように気を付けて、そして頑張って泳ぐと言う指示。解ったような解らん様な気分でスタート。
 昨日の自主トレで肩が疲れていたけど、割りと最近は調子が良いのでタイムも悪くは無かった。最初は19秒か20秒くらいだった。そしていつもの様にガクッと落ちずに徐々に落ちてきて、最後でも22秒くらいで泳げたと思う。

スイム 2.2km

|

« ルーフラック検討 | トップページ | オートポリス »

コメント

強度と剛性が上がると思う期待に反して、、
その楕円アルミパイプは、
道路の窪みにはまった衝撃とともに、
武骨なトーションバーなるバネのせいもあって、、、
あなたの期待を ものの見事に
グニャリと 打ち砕くんでしょうね!!(汗)

投稿: MASA | 2013年10月19日 (土) 22時30分

 本当はもう少し厚みが有るのが欲しかったけど、現実的な価格で入手できるのがこれしか無かったわけで。
 スキー板は行けると思うけど、自転車が左右にブルブル震えて傾くんじゃ無いかと、ちょっと心配。

投稿: みつやす | 2013年10月19日 (土) 23時18分

背後に写ってるのは、福知山でしょうか?
今日は、いつものスクータで福知山に行くか、若松に行くか考えてましたが、若戸海底トンネル行って来ました。125cc以下は無料の処置がとられてました。
以前、消防車が転倒した車線は渋滞が酷く、逆の若松側->戸畑間を通りました。読み?は正解でした。海面下の距離は短距離でした。橋を通るよりトンネルの方が便利そうなので、もう2車線くらい増やしてもバチが当たらないと思いましたが・・・。

投稿: そクラテす | 2013年10月20日 (日) 17時08分

 これは六ヶ岳の南側です。うちから見ると福智山はもっと左側に成ります。

 前回トンネルを通ったとき、ボーッと走っていたら埋め立て地の方に行ってしまいました。二島方面に行くには早めに意識して左折しないと駄目ですね。

投稿: みつやす | 2013年10月20日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルーフラック検討 | トップページ | オートポリス »