« トルクアップ | トップページ | TIG溶接機のIGBT化 »

2013年9月25日 (水)

セレンは何故赤い?

09251 変なオッサンが持ってきたケース。変な電池に使うから、中に14.20V以上は上がらない回路を組み込めと言う。車体側配線の電圧降下は少ないけど、少しだけ見込んで14.15Vくらいが良いかも。とか。
 そんな細かいことを言っても、負荷によって検出部分の電圧変動が結構あるし、温度が変わればバッテリーの特性も変わるし、回路素子の温度常数だって±ゼロじゃ無い。
 それっぽい温度補正に成りそうなサーミスタは手持ちに無かった。注文しても少し時間が掛かるので、最初のヤツはツェナーを複数組み合わせて積極的ではない温度補正で行くことにした。
 電圧変動は有るけど、使用中の温度上昇によって制御電圧は14.10Vとかに下がる方向なので取りあえずは安全に使えると思う。将来の改造に向けて充填はホットボンドにして置いた。

09252  こっちは古い本田のレクチファイヤ。オリジナルはセレンで4枚の金属板が一定の隙間で並んでいた。
 再生するときに金属板1枚に1個のショットキーダイオードでも付けてブリッジにしようか?と思ったけど、どういう使い方をされるか解らないので耐圧の低いショットキーは少しだけ怖い。
 それと1枚毎に1個のダイオードを上手に隠して取り付けるとか、販売する部品としては懲りすぎのような気がした。故障時の交換とかを考えると、金属板は両側の2箇所に集めて真ん中にブリッジユニットを入れる方法にした。こっちはタフな汎用ブリッジなので耐圧も電流も十分ある。まず壊れない。
 仕上げに赤い塗装をした。塗りながら思ったけどセレンはどうして赤なんだろう?オートバイのセレンは赤かオレンジ色しかみたことが無い。古い電源装置等でも赤ばっかりだった。ごく少数の違う色が有るかも知れないけれど、赤が大半を占めているのは確かだと思う。
 何か技術的な意味があるのか、それとも最初にセレン整流器を実用化した会社の製品が赤かったからか?

 夕方は雨が降っていたので外に出るのは止めて上記のセレン整流器の修理をした。終わってからも雨は止まなかったので、食堂に行ってエアロバイクを漕いだ。
 いつもは減量モードで楽に漕いでいるけど、今日は何となくトレーニングモードにした。私の実年齢を入れると減量モードだと心拍数が106拍くらい。トレーニングモードだと120拍くらいにコントロールされる。
 ちょっと低い気もするけど、最近は頑張っても強く成れない様な気がしているので、こうだ!とはっきり解るまでは緩くトレーニングしておこう。

バイク 25km

|

« トルクアップ | トップページ | TIG溶接機のIGBT化 »

コメント

セレンは何故赤いのか?赤い実を食べたからか?またして謎の解明は持ち越されてしまって残念。私のCLにもセレンが使われており、その昔、バイクのセレンを使って充電器を作ったのが懐かしい。一方、レギュレーターがないのだがローター型ACジェネレーターは、自動電圧制御するのでしょうか?

投稿: ラ・モート | 2013年9月26日 (木) 12時14分

 ラ・モートさんのセレンも赤かったですか?。赤い鳥を連想するのは何歳からでしょう、うちの息子世代に聞いたらガンダムネタを思いつきそうです。

 DCのダイナモに比べたら、ACジェネレータは過充電に対して自動抑制的な傾向は有ります。それに十分なバッテリー容量を組み合わせて充放電の収支を近いところに設定しておけば、レギュレータ無しでもそこそこ行けると思います。

 近い話として、永久磁石で常時フル発電の発電機を持ち常時点灯のモデルに対して、後付で消灯スイッチを付ける例が有ります。
 充電量が過大に成ってレギュレータの仕事が増え、結果的に焼損のリスクが高まります。
 消灯スイッチを追加しておいて、「○○のレギュは弱い」と言うオニイチャンはもう少し勉強すべきだと思います。

投稿: みつやす | 2013年9月26日 (木) 13時04分

赤なら 赤い靴~~~♪でしょ!!(笑)
それと ちゃんと 配線色も 純正色ジャン!!
今度また  白い粉 持って行って あげるからね!!
夫婦で
うつろな目で 待ってなさい!!
禁断症状は 出てないよね!!! ギャハハハ。

投稿: MASA | 2013年9月26日 (木) 19時02分

 成るほどそう来たか。。。誰もまともな理由を知らんのだな(笑)。

 配線色にまで拘ったから高いよ。夕方からXSのエンジンかけたので持っていこうかと思ったけど、薄着で寒かったから配達は後日のお楽しみ。

投稿: みつやす | 2013年9月26日 (木) 19時16分

セレンは赤くないですて

仕事で大きなセレン整流器を扱ってきましたが、
納品するメーカーによって
緑、薄い緑、グレー、青っぽいグレーと種々でした
大きな電話交換器の電源などでも赤ぽいのは皆無で
シックな色が普通でしたから、バイクや車関係が、
どうも派手な色でアピールかな?
ダイナモよりオルタネータが高級最新みたいな(確信ないけど)

投稿: 山向うの住人 | 2013年9月26日 (木) 21時07分

 赤いのはバイク・車関係が主ですか。古いダイナモじゃなくて「オルタネータに整流器が付いている!」とアピール。
 社外品のプラグコードに派手な赤や青が多いのと同じ理屈かも。何となく納得出来そうな流れが見えてきました。

投稿: みつやす | 2013年9月26日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルクアップ | トップページ | TIG溶接機のIGBT化 »