« 血液サラサラなのに、オイルはドロドロですか? | トップページ | solid state DME relay »

2013年8月 8日 (木)

アイドルなんとかバルブの向き

0808 アイドルコントロールバルブとかISCVとか色々呼ばれている部品。アイドリングの時にスロットルバルブをバイパスする空気量を調整し、所定の回転数を維持するための可変式のエアバルブ。手元のパーツリストでは「idle-speed adjuster」と成っている。
 先日エンジンルームをボーッと眺めていたら妙なことに気がついた。バルブに付いている矢印の向きが「下から上」に成っていたから。
 この写真で上がエアクリーナで下がマニホールドだから、空気は上から下に流れる。バイパスする空気も当然上から下に流れる。でもバルブの矢印は下から上???
 流体機器の矢印は普通は流れの方向だろうと思ったけど、もしかして取付の向きで上を示して居るのだろうか?とかも考えた。もし逆にしたらBOSCHのステッカーが見えなくなるし。
 でもやっぱりおかしいような気がしたのと、ホースバンド3個で簡単に変更できたので逆にしてみた。外したときに内部を掃除したけど特に汚れては居なかった。これは以前キャブクリーナを使ったからかもしれない。
 端子の抵抗を測定し、電圧を印加してバルブの動きを見た。正逆を逆にしたら内部の円筒形のバルブが時計回転と反時計回転で逆に動く。これをアナログ的に制御するんだろうか。それともPWMか。いずれにしてもバルブにフィードバック機構は無いので、クランク回転数をフィードバックして制御するんだろう。
 上から下向きに取り付けてエンジン始動。冷えているときのアイドル回転数が少し高い。今までは1050rpmくらいだったのが1200rpm位になった。30秒から1分くらいかけて800rpm位まで徐々に下がるのは同じ。
 あとの変化としては、始動時に瞬間にかかることが3回に1回くらい出てきた。今までは安定して1秒くらいでかかっていたけど、向きを変えてからは3回に2回は1秒かかって、残りの1回は0.2秒でかかるかんじ。
 それ以外は大きな変化は感じない。不調では無いから今の向きが間違いでは無いと思うけど、正解だとも言い切れない。

 あまりにも暑いのでランも自転車も止めてプールに行った。ピッタリが無かったけどB&Gに行って千円札を出してみた。今度はちゃんとおつりを出して「ありがとうございました」と言った。やれば出来るじゃないか(笑)。
 アップの後は適当にドリルを繰り返し、途中でキックの感触が良かったので残りはずーっとキックを主体に練習してみた。
 ゆっくりと力を入れてないのに、今までの力を入れているときと変わらないくらい進む時がある。でもいいぞ!と意識しだしたら崩れて駄目になる。難しい。でも何か変化が起こり始めて居るのは確かだ。
 来年の俺は違うよ。ヘヘヘ。

スイム 2.0km

|

« 血液サラサラなのに、オイルはドロドロですか? | トップページ | solid state DME relay »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液サラサラなのに、オイルはドロドロですか? | トップページ | solid state DME relay »