« 帰宅日も仕事 | トップページ | 光軸の測定 »

2013年7月16日 (火)

一酸化炭素濃度測定

0716 車検前の確認事項の一つとして排ガスのチェックをした。そう、うちにはCOテスタが有る。それもハンディータイプの(笑)。
 画像の機械は、XS-1のキャブ調整に使おうと思って買っていたガス漏れ検知器。新品でリチウム電池の接続すらしてなかったけど、法令上の取付期限を過ぎて居たのでジャンク品だった。
 XS-1だとアイドルを相当真面目に調整しても「ピピピ、ガスが漏れていませんか!」と声が出る。フルトラで良好な点火で有っても。
 ところが軽トラだと鳴らない。キャブの癖に生意気だ。当然のことながらインジェクションのランティスでも鳴らない。と言うことは、自動車のCOテスタとして凄く大まかな基準には成ると言うことだ。匂いをかいでフラフラするとか死にそうに成ることで判断するよりは科学的だと思う。
 と言う前提条件の上でポルシェを測ってみたら鳴らなかった。1985年式と新しくはないけど、Lジェトロニックだし触媒も付いている。最低限の仕事はしていると判断した。

 残るはHCだけど、こちらはよさげな代用品を見つけることが出来なかった。あまりに高いとジャンクのHCテスタが買えてしまうし。
 残りのHCの方は匂いで判断。大ざっぱに言えば燃えてないガソリンな訳だから、匂いをかいでガソリン臭かったり油田の匂いがしたらHC濃度が高いはず??。こちらは全然科学的じゃない(笑)。
 軽トラよりも極端に臭いとは感じなかったので、たぶん同程度の排ガス浄化は出来ていると判断した。たぶん、問題なく車検は通ると思う、いや、思いたい。

|

« 帰宅日も仕事 | トップページ | 光軸の測定 »

コメント

そのCOテスターに酸素濃度レンジはないですか?もし、あれば空燃比の濃い薄いを測定してみたいのですが(o^-^o)

投稿: ラ・モート | 2013年7月18日 (木) 10時46分

 残念ながら警報の有無だけです。でも2個セットなので1個は分解してセンサ出力が取り出せないかな・・・と考えながら1年が過ぎました。

投稿: みつやす | 2013年7月18日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰宅日も仕事 | トップページ | 光軸の測定 »