« 宮島トライアスロン | トップページ | 二晩で4万円 »

2013年6月24日 (月)

ブレーキ専用工具?

0624_2  今日はゆっくりしようと思っていたら、今日中に発送する仕事が有ってバタバタしてしまった。
 数日はトレーニングは中断なので、仕事が終わってからはポルシェの残りの作業をやっつけることに。今日はブレーキのO/H。数日かかるかも知れないけれど。
 出品者も書いていたけど引きずりが酷い。4輪中2輪はジャッキアップしてもホイールを手で回すことが出来なかった。
 ネットに転がっているマニュアルを見ていくと、ピストンがパッドを押す面に切り欠きが有る。これはたぶんシムが半分だけに入れてあったり、4ポッドの2組のピストン径が違っているのと同じ理由だろう。ロータの抵抗で食い込み勝手に成る方向の力を弱めに押すための処置。
 その向きを決めるのに20度にカットした専用工具が有るらしい。理屈にさえ合っていれば良いので廃材の鉄板を切って作った。
 その上の塩ビ管のリングは後輪用のダストブーツ挿入ジグ。指で押してもなかなか入らなかったので、4箇所も在ることを考慮してサイズの合ったリングを作った。
 その右のゴムチューブは外した配管からの液漏れ防止用。フレア加工した配管のエンドにゴムチューブを被せて反対側を結んだだけ。
 左端は良くあるパッドを押し戻す工具。元はスキー板のチューニング用バイスだけど、もう使うことは無いので加工して幅の狭いバイスにして使っていた。それがこの用途にも使えたと言うこと。
 夜を徹して全部やるほど若くないので未着手のヤツも有るけど、固着していてもなんとかエアーでピストンが出るくらいだった。車体に付け直して油圧で出す程じゃ無かったので一安心。
 ピストンに損傷は無いけど、キャリパのシリンダ出口は状態が良くない。シールより内側には損傷が無いので短期の使用には問題はないけど、長期的には入口の部分に再び錆が発生するだろう。
 その辺りの変化を極力防止するために、RD250の時に買った?年代物のモリラバーグリスを、この部分やダストブーツの中に充填してから組んだ。どの程度効果が有るか?

|

« 宮島トライアスロン | トップページ | 二晩で4万円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮島トライアスロン | トップページ | 二晩で4万円 »