« 1段+手動逃がし | トップページ | エンドミルも行けるかも? »

2013年3月24日 (日)

キツイ筋トレ

0324 朝起きたら予想通りに脚が怠い。特に足の裏が痛怠い感じがあるので走るのは止めにした。と言うことで仕事と家の廻りの事をする1日に。
 一番大変だったのが写真の玉切り作業。奥の方に見えているのが今日切った部分で平均的な直径で60cm有る。20インチの中国製チェンソーでも両側から切らないと届かない。
 それよりも大変なのが田んぼの中にべったりと置いてあるので、土を切らないように玉切りしていくのが一苦労。長さが40-50cmくらいに切ったヤツでも転がすのがやっとだから、5mくらいの幹が動くわけがない。。。
 更に大変なのが手前のヤツ。測ったら80cm有った。二股に別れている所は80x100cmくらい有りそう。こんなものどうして切ったら良いのだろう?

 切り口を見ると驚く。これを倒した本職は長いチェンソーで片側から切っている様に見えるから。80ccくらい有ったのだろうか?作業を少しだけ見に行ったけど、この部分を切るときは見てなかった。
 道と家の横という事も有ったけど大がかりな作業だった。大型のクレーン、高所作業車、掴みの付いたユンボ、予備のユニック、作業員が7-8名に交通誘導が2名。クレーンだけで時間1万の8万くらい掛かるんじゃ無いか?と思っていたら、全部で30万くらい掛かったらしい。
 大きな木を見上げるのは気分がよいけれど、家の近くに植えるのは考え物だ。後世に負担ばかり残してしまう。朽ちて自然に倒れても誰の邪魔にも成らない位置に植えるべきだ。そして、そう言うシチュエーションこそ大木が絵になる様な気がする。

 仕事と作業で疲れたのでトレーニングは止めにしようかと思ったけど、こう言うのはカロリー的にはあまり消費していないのも事実だし、トレーニングしないとお菓子が食えないのでエアロバイクだけ漕ぐことにした。
 晩飯の前に1時間。御飯3杯くらいの表示が出たので晩飯の後で食卓の籠に入っていたお菓子を食べた。アスリートとは言い難い生活だ。

バイク 22km

|

« 1段+手動逃がし | トップページ | エンドミルも行けるかも? »

コメント

☆木を倒すという行為は、大きな木と比ぶれば、小さな人間にとっては、非常に達成感のある仕事だと思います。
☆一方、自然に対する人間の身勝手さを感じます。昔の樵(きこり)は、ちゃんと、心得ていたのでしょう。

☆最近、晩飯のご飯の量を1/4程に減らしました。効果が出てますよ。間違っても
食後のお菓子など、良い子は食べませんもんねo(^-^)o

投稿: ラ・モート | 2013年3月25日 (月) 18時13分

 木を切って家を造る、燃やして煮炊きする。と言う行為は動物で言うと牛を殺して食べたり皮を剥いで利用するに等しい行為でしょうね。動かないから感じる物が少ないだけで。

 動いた日は御飯を普通に食べて、食後にお菓子を食べて良いルールに成ってます(笑)。動かないときは御飯を普通の量だけです。1/4は死んでしまいそうです。

投稿: みつやす | 2013年3月25日 (月) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1段+手動逃がし | トップページ | エンドミルも行けるかも? »