« クリスマスは餅つきの準備 | トップページ | 栗の木は割りやすい »

2012年12月26日 (水)

ソデイカ

1226 でっかいイカをもらった。貰ったのはイカの一部なので全体像は解らないけれど1m以上有ったらしい。それを解体した一部を貰った。
 とても我が家だけで食いきれる量ではないので、近所の家とか長濱の家に持っていった。そして残りは冷凍した。冷凍したら味が変わって美味しくなるらしい??。
 今日の分は小さく切って天ぷらに成った。悪くはないけど味が大味だ。もっと小さいイカのゲソ天の方が好きだ。こいつはステーキとか、八宝菜やパスタの具にしたら良いかも。刺身は美味しくない様な気がする。
 名前はソデイカ。津屋崎の海岸で拾ったとか(笑)。これは本当らしくて、マジの人は道具を用意して海中に漂っているのを引っ掛けて取るらしい。そこまで必死じゃ無い人は散歩しながら打ち上げられるのを拾うとか。

 夕方に成って荷物の配達が有ると連絡が入ったので、プールの予定だったけど行かずに仕事をして待っていた。でもなかなか来ない。結局19:10頃に成って配達された。
 仕事で使う部品だし、まあ待っていた品物なので配達自体は嬉しいのだけど、中途半端な時間はなんとか成らんのか?と思ってしまう。でも神様が休んでおけと言っているのだと信じておこう。

|

« クリスマスは餅つきの準備 | トップページ | 栗の木は割りやすい »

コメント

☆魚が死んで、水死体となっているのを見たことがない。たぶん鳥か、他の魚の餌になってしまったのだろう。このでっかいソデイカは、「何のために生まれてきたか」と推測すれば、食物連鎖上、他の多くの動物の餌になる為、なのだろうか。☆そんな人生があってもいいか、役に立てたのだから。

  トタン屋根車庫の厭世詩人より

投稿: ラ・モート | 2012年12月27日 (木) 08時43分

 浅瀬に産卵のために来た後の話なので、子孫を残す仕事をして、私の胃袋に収まって・・・、悪くない人生(イカ生)だったんじゃ無いでしょうか?

投稿: みつやす | 2012年12月27日 (木) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスは餅つきの準備 | トップページ | 栗の木は割りやすい »