« 小径木にクサビを打ち込む | トップページ | クリスマスは餅つきの準備 »

2012年12月24日 (月)

axe handle

1224 うっすら雪が積もっているし、ほぼ1日中雪がちらついてメチャ寒かった。でも切り倒した栗の木を持って帰る予定にしていたので、凍えながら作業した。
 軽トラ2台分運んだら玉切りにした分がほぼ無くなったので運搬は終わり。足場が悪い中で軽トラまで運ぶのが意外と疲れる。
 栗の木は取りあえず下ろすだけで、先に貰ってきた樫の木を割ってしまおうと思って薪割りを開始。試しに700円の斧を使ってみたら悪くない。
 樫の木は割りやすい。枝打ちしていない杉や檜に比べたらかなり簡単に割れる。栗の木はもっと簡単。軽く斧を当てただけでパカーンといく。。。調子に乗って割っていたら怪しかった柄が折れた。

 斧の柄は意外と高い。あまりに高かったら薪用の樫の木から削りだそうと思ってホームセンターへ。1,000円台だったので労力と比較検討の上、購入することにした。
 帰りにエイミーの家の様子を見に寄ってみた。なんかメチャ忙しそう。私が行ったときは昼の時間帯が終わってホッと一息の時だったけど、それ以降だけで20枚くらいオーダーが溜まっているとか。テレビの影響力は凄い。
 パパも出てきたので今後は英語しか喋らないと宣言し、先日の牡蠣のお礼を言った。取りあえず伝わったと思う。一緒にいた婆ちゃんは「通じちょるばい」と喜んでいた。
 斧の柄を買いに行った話になり、「斧の柄」が解らない。stem of axeとかwood bar of axeとか苦労していたら「ハンド」と言う。手で持つところ?と確かめたいのかと思い、聞き直したら今度は「ハンドゥ」と聞こえる。2秒くらいして「ハンドル」の事だと解った。
 難しい。カタカナとローマ字を覚える前に英語と出会っておきたかった。

 今日はプールが開いているけどリズム的にはランの日。リズムを優先して暗くなる前に走りに出た。今日も脚は痛くない。そしてゆっくり走っているからキツクもない。こういう練習が好きだ(笑)。
 少しだけコースを変えて、西中から引き返さずにワンジルロードを通ってトヨタグランドに行き、トヨタ工場の外周路をぐるっと回って帰ってきた。
 良い調子だ。でも無理はしない。無理と言うよりも頑張らない。年とったら限界を超えた感覚が鈍くなるので、迷ったら楽な方を選択する。まあ若い頃から楽な方ばかり選んで来たけどね(笑)。

ラン 10km

|

« 小径木にクサビを打ち込む | トップページ | クリスマスは餅つきの準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小径木にクサビを打ち込む | トップページ | クリスマスは餅つきの準備 »