« イワイ詣で | トップページ | 晴耕雨読 »

2012年8月27日 (月)

あっけない

0827 昨日の久留米往復で今のXSの状態はだいたい解った。ほんの少しフィーリング的に改善したい所は有るけど、基本的に好調。
 全ての始動はキック1発でかかったし、信号待ちのアイドリングもアクセルを煽ってやる必要も無かった。右折待ちでは怖いのでアクセルを握っていたけど。 
 後は燃費計算だけで、これはもうしばらく走ってリザーブに成ってからガソリンを入れて計算しようと思っていた。そして今日は草刈をして筋トレをしてシャワーを浴びる予定だった。でも現実は違った。
 仕事が一息ついてXSのガソリンタンクの中を覗いてみた。エンブレムのくぼみとガソリンの残量に関して、しばらくメモを残していた時のデータが有る。それと照合したら今の段階で25km/Lくらいのイメージ。悪くても22で良くても28と田舎道の普通のデータと思えた。
 そこまで解ってきたので燃費のデータ取りはどうでも良いような気分になり、作りかけのBS38の様なキャブレターを付けて見ることにした。いつもの様にその時の気分でやっている事が滅茶苦茶だ。ハハハ。

 インシュレータに合わせたリングは装着していたので、エンジン側の取り付けは直ぐに終わった。アクセルワイヤも微調整で使えた。でもエアクリーナ側は少しだけ問題発生。
 新しい方はエアクリーナ側の口径が2-3mmデカい。そしてキャブの長さが10mmくらい長い。口径の方はクリーナケースのゴムを外したら丁度よくなったけど長さは駄目。
 こんな事ならボロボロのクリーナケースとか買っておけば良かったな。。。と思いながら、1個しか無い今のを改造する気には成らなかったので、何とか入った側面のボルト1個だけで止めてテスト開始。
 チョークの連結まではしたけど、引いた状態でロックは出来ない。と言うことは手で引き続ける必要が有る。左手でチョークを引きながら右足でキックする。かなり厳しい体勢だ。
 でもあっけなくエンジンは始動。そしていつもの感じでチョークをチョンチョンと動かしながらアクセルを煽り、少しだけエンジンが暖まった所でアイドルの調整。
 排圧で適当にバランスを調整し。GX250用に作ったキャブ調整用L型ドライバで濃度を調整した。少し薄いかな?と言う気がしたけど、他車種のキャブを付けただけで微調整モードに入る事自体が凄いことだ。
 アクセルを締めたときに少しだけパンパン言うけど許容範囲。と言うことで走りに行ってみた。時間も無いし遠くまで行くのは怖いので赤木峠とかトヨタの廻りをぐるっと。
 割りと普通に走る。フィーリング的におかしな所は有るけど、この位のバイクに乗っているヤツは沢山いる。そんな感じ。アクセル全開の急加速では4000rpm位で回転が鈍る。こちらはちょっと濃い?良く解らんけど全開にすることはほとんど無いのでどうでも良い。
 アイドルの安定感はかなりの物。今の本物のBS38は内部の段付き摩耗が酷く、段差を磨いたりバルブの位置を調整したりで苦労して今の状態まで持ってきた。それに比べて数段上の安定感が有る。ボディーの変形や摩耗を修正出来ない限り、キャブは新しい方が良いのだろう。
 こんな感じで取りあえず動いてしまった。エアクリーナがきちんと付いて居ないこと、サイドカバーの前側がキャブに干渉して付かないこと。その辺りの対策は必要。
 スクリューをだいぶ戻したような気がするので、次の段階としてはスロージェットを少しだけ大きくしてみようかな?と言うのが今後の宿題。時代が新しいので南海部品に売ってそうな気がする。

|

« イワイ詣で | トップページ | 晴耕雨読 »

コメント

報復行動に出ました!!(笑)orz

投稿: MASA | 2012年8月27日 (月) 23時51分

*ユニークなキックスタートですね。先日、DVD「世界最高速のインディアン」の中で、一生をバイクに捧げた主人公が、前かがみに乗った状態で、左手でキャブを塞ぎながら、後向きにキックしてました。観てみますか? *回転を上げるとこもってしまうのは、CB君の過去でもありました。ジェットニードルのクリップを一段上げただけでも効果ありました。MJを替えたいところ。*キャブは消耗品のようですね。高年式であれば、キースターの燃調キットもありますし。*何でもどんどん怖いもの知らずのようにトライする姿勢は”リスペクト”ですぅ(^。^♪

投稿: ラ・モート | 2012年8月28日 (火) 07時55分

>MASA さん
 夜中に卑怯なヤツめ!
 80歳に成ってXSのキャブが歪んで・・・と泣きついても無視するからね(笑)。

>ラ・モート さん
 見てないです。噂は聞いて面白そうだなと思ってますけど。かなり近い体勢だと思います。でも非常に体に負担がかかりますので、このままでは体幹の何処かを故障します。

 キャブの方は遊びの要素が多いですが、オイルの方はかなり危機感を感じてます。あと数年で固いオイルを容易に安価に入手できる環境が減少してくるだろうと思います。特別な行為や物を使わずに維持できたら良いな、と。

投稿: みつやす | 2012年8月28日 (火) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イワイ詣で | トップページ | 晴耕雨読 »