« 光安発條 | トップページ | スリップサイン »

2012年8月31日 (金)

ミクニのパイロットジェット

0831 仕事が溜まっていてバタバタしていて、空いた時間にXSのキャブのセッティングでも・・・と言う時間が無かった。
 そんな一日だったけど、夕方に変なオッサンが雑多な荷物を持ってきてくれた。ダウンじゃないベスト、DVD、ばね、どれも私にとって大事なもので助かった。ありがとうございました。
 で、晩飯を食ってホッとしてからDVDを見ることにした。私のパソコンは古いし、居間のテレビの方が画面も大きいのでそっちで。プレステの操作は解らんので三男を呼んで操作して貰って一緒に見た。
 例の世界最速のインディアン。もう少しメカっぽい所が有るともっと嬉しかったけど、そうすると一般的に受けなくなるから駄目なんだろう。オートバイ版の老人と海みたいな物を感じて面白かった。
 でも、これはオートバイの映画じゃ無くて老人向けの娯楽映画だ。これを見て普通の若い人は面白いと感じ無いだろう。いや若いライダーでさえ面白いと感じないんじゃないか?そんな気もした。

 私は老人なので少しだけモチベーションが上がり(笑)、夜中にXSのスロージェットを交換した。今のキャブはミクニだからパイロットジェットと呼ぶべきかもしれない。
 FJ1200のキャブにはXS1と同じような感じのジェットが付いていた。これは用品店で売っている「ミクニ パイロットジェット 大」と言うヤツに似ているけど少しだけ違う。
 多少の違いを無視すれば付けることは出来るけど、番手の系統が違うので一緒にしてセッティングをすることが出来ない。FJ1200とかXS1のシリーズの番手で42.5番の場合、用品店の「ミクニ大」だと22.5番前後の呼び方に対応する。
 あと、側面に穴が有るか無いかの違いも有る。これは穴が有ったとしてもFJ1200の場合はねじ山経由の燃料が追加で通って来るだけなので、ねじ山の状態に依っては無視しても良いような気がする。
 でも調子が悪いときに不安項目が少ない方が有りがたいので、写真のようにACコードの素線をグルグル巻きにして半田を流したり。

 今の状態はアイドリングでパイロットスクリューを4回から5回戻さないといけない。そして2000-3000rpmの辺りでイマイチ感触が良くない。丁度バイパスポートが生きている辺りだと思う。
 この様な状態から標準の42.5番を50番に大きくし、パイロットスクリューは2.5回戻しにして組み込んでみた。今日は遅いのでここまで。

|

« 光安発條 | トップページ | スリップサイン »

コメント

インディアン見て モチベーション上がったなら、、  キャブレターのボディーとか 鋳造で作ってよ~~~~!!(笑)
映画中の 爺さんだって 朝飯食いながら
ピストン作ってたジャン!!
似たような 使えないパイロットジェット
何個か有ったなぁ~~~。。。。

投稿: MASA | 2012年9月 1日 (土) 16時06分

 エンヤ15(19だったか)のキャブならドリルとヤスリで作った事が有るんですが、高校の頃に。
 鋳造は面倒だからNCの削り出しで作ってみますかね、手始めにカブのキャブから。性能はイマイチでも見た目が凄くて中にベアリングを10個くらい使ったら、売れて売れて御殿が建つかも(笑)。

投稿: みつやす | 2012年9月 1日 (土) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光安発條 | トップページ | スリップサイン »