« あっけない | トップページ | レギュレータの接点を交換 »

2012年8月28日 (火)

晴耕雨読

0828 今日は何となく自転車に乗りたい気分だったので、仕事が終わってから自転車に乗ることにした。でも天気が不安定なので赤木峠をグルグル走ることに。
 赤木峠は鋪装の補修工事がかなり終わっていて、今までに比べたらロードバイクでの走行が劇的に快適になった。
 当面の目的は筋トレなので、アウタートップでウンガーッと漕いで登った。2本登って次は片足漕ぎ。負荷を増やすと言うよりもドリルのつもり。
 一気に登れなくなる。比較的平坦な最初の1kmくらいに限定しているのにこれだ。情け無い。安井さんは片足なのに所山の激坂を登る。やってみて解る。凄すぎる人だ。
 4本だったか6本だったか忘れたけど、急に雲が広がってきて大粒の雨が降り出した。直ぐに止みそうな感じはなかったので、あっさりと諦めて帰った。
 帰ってから少しだけバーベルを使った筋トレをやりかけたけど、何となく中途半端な気がして今日は止めにした。

 そう言えばFJ1200のキャブを付けたとき、大きく空ぶかししてもピストンバルブがほとんど上がって無かった。エンジン回転数をそれなりに上げているのに。
 低速域のジェット類はそれなりに合っている感じだったけど、ピストンバルブ上のスプリングは相当違っているのかもしれない。そう思って各部の寸法を測定してみた。
 そして寸法とか質量とかばね定数を表計算に入れて、全閉と全開時にピストンバルブを下向きに押す力を出し、ダイヤフラムの面積差から要求される吸入負圧差を出してみた。
 私のXS1はスプリングを色々と弄っているので参考に成らないけど、純正のままのTX650とかGX250とか、その辺りのデータと比べてみた。
 ベンチュリー径とか形状とかの難しい部分は無視しているけど、大まかな方向性としてはTX650にFJ1200のキャブをそのまま付けた場合、全開でもピストンバルブは少ししか上昇しない計算に成った。XS1でも同じような傾向だと想像できる。
 と言うことで、スプリングを数本作ってピストンバルブがそれなりに昇降する様なセッティングを出す必要が有る。排気量こそ似ているけど、それ以外は相当違うエンジンのキャブを流用しているのだから、まあ、そのくらいの作業は必要に成ってもおかしくない。

バイク 15km

|

« あっけない | トップページ | レギュレータの接点を交換 »

コメント

XS1用 BS38の純正スプリング、、
余分が有るけど、、、 入用??(2個)

投稿: MASA | 2012年8月28日 (火) 22時46分

 欲しいです・・・と言うか、是非測定したいです。FJ1200のキャブで遠出が出来るように成ったら伺います。

投稿: みつやす | 2012年8月28日 (火) 22時57分

今度持って行きます。。
と言うか 突然不意打ちするかも。。
(ワクワク)

投稿: MASA | 2012年8月28日 (火) 23時28分

 不意打ちされても、誰かみたいに昼間っからキャブを洗っていたりしませんよ(笑)。

投稿: みつやす | 2012年8月29日 (水) 08時18分

完全にハマってしまいましたね。ここまで来たら後へは引けません!次号期待してます。
追伸:ダイナミックバランスもそのうちにお願いしておきます (^。^?♪

投稿: ラ・モート | 2012年8月29日 (水) 21時41分

 あとはあまり大きな変化は無いと思います。「ばね定数低くした」「自由長が長いのを作ってみた」・・・みたいなのが続くだけで(笑)。

 バランサの方ですが、バランサ側の取り付けフランジが想像以上に大きくて、素直に作ったら材料の壮大な無駄になります。それとうちの旋盤ではサイズ的に加工ができません。。。
 と言うことで少々悩み中です。

投稿: みつやす | 2012年8月29日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっけない | トップページ | レギュレータの接点を交換 »