« 疲れた夜はラジオ | トップページ | 面倒な男 »

2012年8月 6日 (月)

20℃くらい違う

0806 塩ビ系ホースはヤバイとか、オイル吹いても助けてやらんとか、色々書かれたので不安になってホースを注文した。十川ゴムのF-15で内径9mmのヤツ。
 これだと最高使用温度が100℃で、最高使用圧力が1.5MPa。使用温度の方がギリギリな気がするけど、工業用品のスペックなのでかなり余裕が有るだろうと勝手な判断(笑)。
 そう言えば龍谷の航空部に十川君というのが居て、ここの御曹司という話だった。社長かどうかは知らないけれど平の取締役くらいにはなっているだろうから、破裂したら文句を言おう。

 そのF-15-9が17:00ピッタリに来た。これはバイクの神様のお告げだと思い、直ぐにホースの交換作業を行った。曲げRが少し小さすぎて断面が扁平に成っている。今日のところは仕方ないのでこのまま。
 簡単にオイル漏れを確認したけど問題ないので、今度は今までよりも遠くまで試験に出掛けることにした。目的地は先日と同じで小石原。峠が目的じゃなくて飯塚の街中の渋滞が目的。
 オイルクーラの試験なのだから油温計が必要だけど、私のXSにはシリンダ温度計しか付けていない。仕方ないのでその温度でエンジンの状態を想像しながら走った。
 平地でも軽い起伏の道でも、オイルクーラ装着前に比べたらシリンダ温度が20℃から30℃くらい低い。条件が全く同じでは無いので定量的な数値の信頼性は低いけど、どう見たって15℃は低い。
 オイルクーラでシリンダ温度がここまで変化することに驚いた。スズキの技術者が油令エンジンでいいやん。と考えたのも十分理解できる。
 幸袋から飯塚の川土手の道、そして201号の交差点も全てじっと待った。こういうシチュエーションだとファン無しの空冷は厳しい。装着前に比べて温度差は5℃から10℃くらいの感じ。走行風が全く当たらない事とか、アイドリングでオイルの循環量が少ない事が、装着前との差が小さい原因だと思う。
 渋滞の連続でもオイルクーラによるシリンダ温度低下を期待するなら、電動ファンでも追加するしか無いと思う。温度で制御したら面倒なので、ニュートラルランプに連動で良かろう。
 渋滞中のシリンダ温度は劇的には下がらなかったけど、油温はそれなりに低い状態に維持できていたと思われる。それはクラッチの感触とかギヤの入り・抜けの感触が加熱っぽい感じに成らなかったからの想像。
 渋滞の後は再び効果を感じた。走り出した後のシリンダ温度の低下が早い。これはオイルクーラに依ってオイルとか腰下の金属部分の温度が低めに維持されて居た事と、走り出した後のクランクケース表面からの放熱よりも、オイルクーラからの放熱の方が効率がよいからだろう。

 そんなことを考えながら嘉麻峠を登った。遠賀川源流の水は水害の影響で涸れていたので道の駅まで行った。トイレに行ってホッとしてコーヒーでも飲もうとしたけど、自分はケニヤ人ランナーで有ることを思いだしたので、ミルクティーにした。
 今日は走ってないけどミルクティーで十分なトレーニング効果が得られたと思う。

|

« 疲れた夜はラジオ | トップページ | 面倒な男 »

コメント

この前は 私はイタリア人って 言ってなかったっけ???
何人??  変人!!(爆)

投稿: MASA | 2012年8月 6日 (月) 22時14分

 女性が目の前に居るとイタリア人に成ります。

投稿: みつやす | 2012年8月 6日 (月) 22時20分

そういえば、BMWのフラットツインも空冷と言っているものの、大昔のモデル以外はヘッド回りは油冷ですね。でも今年後半か来年あたりには、水冷化だそうです。

先日、うちの小さなYAMAHAくんは、炎天下の市街地走行後、エンジンが再始動不能に・・・燃料ポンプ内のインペラだかシャフトだかが熱変形で回らなくなるそうで、2時間ほど放置で幸い再始動できましたが、めでたく燃料ポンプ無償交換となりました。
林道でなくてよかった!

投稿: sun.one | 2012年8月 7日 (火) 01時15分

 二重空冷まで作った本田宗一郎には悪いですが、病巣にピンポイントで届かせるには空気じゃ難しいですね。そう考えると彼はどうして油令の方向に向かわなかったのか不思議です。

 奥様の気持ちと子供の信頼感は、無償交換では修復できません・・・。

投稿: みつやす | 2012年8月 7日 (火) 07時50分

順調な仕上がりで何よりかと思われます。NBRをご使用と思われますが、おごってバイトン等どうでしょう。形が単純なので、銅または、アルミパイプの曲げもありかと。完成したら、DT君と阿蘇に行きましょう(^。^♪

投稿: ラ・モート | 2012年8月 7日 (火) 08時10分

 私の自作品とか怪しい配管金具に比べたら、このホースは十分信頼性が有ると思います。最後に壊れる部分ですね、たぶん。
 目玉金具が入手できたら、OSTをロー付けして、亜鉛メッキの黒色クロメートで処理してお終い。と思っているのですが売っているところが見つかりません。
 自分で削りだした方が早いかも??

 広島の変なオジサンが普通のバイクを買うそうで、もう少し涼しくなって彼の慣熟も済んだ頃に、何処かに行きますか?
 今は嘉麻峠に入るまでが地獄です。

投稿: みつやす | 2012年8月 7日 (火) 08時20分

W800本日納車されました。
午前中は雨で、昼から少し乗り回してみました。まだならし中といいながら、最大トルク発生は2500rpmなので、あまりストレスを感じません。人間もならし中なので、渋滞にはまるときついです。

投稿: 楽々園の秀 | 2012年8月11日 (土) 19時13分

 おめでとうございます。と言って良いのかご愁傷様なのか(笑)解りませんが、取りあえず復帰をお祝い申し上げます。

 取りあえず明日は大島・・・は海水浴で混雑しているから、芸北の方をぐるっと回るパターンでしょうか?

投稿: みつやす | 2012年8月11日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲れた夜はラジオ | トップページ | 面倒な男 »