« 30km走 | トップページ | ぶれない男 »

2012年7月 1日 (日)

ちょっとしたジャングルだ

0701 ここ数日は空いた時間に家の廻りの草刈をしている。基本的に家の廻りの草刈をすると、怒りとか、絶望とか、とまどいとか、躊躇とか、ポジティブとは縁遠い感情がわき上がってくるのだけど、最近はちょっと違ってきた。
 もの凄い量の木々。爺さん婆さんがせっせと苗を買ってきて植えた木々。ほんの少しだけ切って喧嘩になり、その後は数ヶ月間お互いに憂鬱にさせてくれる木々。酷いのは処理するけど、基本的には爺さん婆さんが死ぬまで放っておこうかな・・・と考えてきた。
 でも気持ちが変わってきた。死ぬのは何時だ?、私はその頃70歳とかに成っている可能性がある。そんな歳の自分が多量の木々と格闘して処理することは不可能だろう、と。
 今の年齢であっても、家の廻りの草刈とか生垣の手入れだけで丸々1日掛けても終わらない。もう止めようや、こんな生活。もっと作業しやすいように木々を処分していこう。まだ元気のある今のうちに。

 隣の人が言っていた。「婆さん、はよ死にない」と言う位じゃ無いと駄目だと。この家は近所で唯一、ひ孫までの4世代が同居している家。動物としての命の継続とか、人間として世代間の引き継ぎ、等が上手く行っている家とも言える。
 反対に独身の息子と母親だけの家も多い。うちの婆さんに言わせると「よう言うこと聞くよか息子やったとに、なし嫁さんが来んとやろうか?」と言う感じの家。
 嫁さんの方は直ぐに解る。年老いたメスに支配されているオスに魅力を感じる若いメスは居るわけが無いから。でも「婆さん、はよ死にない」の方は実感としてなかなか解らなかった。
 でも最近は少し解った気がする。ある流れを何処かで断ち切る、新しい世代へ権力や支配力を委譲する、そう言うのは社会的な生活の中では意外と進めにくいのでは無かろうか。ゴリラのボスが喧嘩して替わるよりも難易度が高かろう。
 その辺りを何とか進めるための、内なる気合いの掛け声というか、家中にみなぎる勢いというか、そう言う物を代弁した言葉じゃ無いのか?と。

 と言うことで、「婆さん、はよ死にない」と何回も呟いて勢いを付けて、裏の方の家に近い方から木を切っていった。
 柿の木を2本、ダイダイを1本、キンカンを1本、スモモを1本、梅を1本、良く解らん中くらいのを数本、生垣になりかけのツツジを20株くらい、その間のボケ?を数株、こんな感じ。
 それでもこの位の面積しか片付かない。理由は木の下に木が植えてあって、その下にも木が植えてあるから。だからどの木も不健康な感じでスクスクは育っていかない。
 でもだいぶ日が当たるように成ってきた。私が子供の頃はこの部分は全部畑だった。私の戸籍上の婆さんがマクワウリとか作っていた。
 その場所に戸籍上の両親が色々な木々を植えていって、さらにドンドン隙間にも苗を植えていって、温室を作って、管理できなくなってブルーシートの物置に替えて、さらに管理できなくなって草ぼうぼうに成ったのが現在。
 だから私の代で全部の木を切ってしまって原っぱにしたとしても、自然としては2世代前の状態に戻るだけだったりする。そう考えると山とか畑の神様も文句は言わないだろう(笑)。

 まあ、取りあえず作業の1日だったけど、いつもの様に肉体的よりも精神的にくたびれ果てた。数日は鬱というか前向きに成れない気分が続きそうだ。。。
 40ccくらいの強力な草刈機でも買って気張らししようかね(笑)。

|

« 30km走 | トップページ | ぶれない男 »

コメント

そう言えば 我が家にも
「婆さん、はよ死にない」って
言ってる 婆さん居るけど、
早々そのようになるようには
思えないほど しぶといですぜ!!
優しくして 諦めさせて
彼岸に渡すか!  
なんて考えても見ましたが、、、、、
嫌味も 長生きの秘訣かもよ!!(笑)

投稿: MASA | 2012年7月 1日 (日) 22時37分

 それは健全な家庭ですね。そして、それを聞いている爺さんと若い爺さんの方が先に死にます(笑)。

投稿: みつやす | 2012年7月 1日 (日) 22時58分

いっそのこと
ユンボの先にごっつい草刈機を付けて
それをGPSで精密誘導して植木(果樹)を切り倒して
俺知らんもんね!
で、心身ストレスなく広い敷地から空を仰ぐ
なんてね?

投稿: 山向うの住人 | 2012年7月 1日 (日) 22時59分

 ユンボの先にチェンソーが付いたヤツは有りますね。それと掴みがついたユンボが有れば無敵です。
 機材的には、ハハハ。

投稿: みつやす | 2012年7月 1日 (日) 23時11分

「婆さん、はよ死にない」とは、奥が深い言葉だと。標準語に直訳すると、「婆さん、早く死ね」となるもニュアンスが違う。ここは方言の柔らかな表現の方が大人びている気がする。「婆さん、はよ引退せんね、後は子供たちがなんとかやるばい」と解釈したらよかろか(^J^)
追伸:MASAさんは、YahooブログでXSのことを記事にしている方でしょうか?
何時かお会いしたな(^J^)

投稿: ラ・モート | 2012年7月 2日 (月) 08時23分

 言った本人の真意は分かりませんが、まあ人生は色々有って面白いです。

 MASAさんはご想像の通りです。いつも変な時間に(笑)来ますよ。

投稿: みつやす | 2012年7月 2日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30km走 | トップページ | ぶれない男 »