« はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン2012・・・長い | トップページ | ユンボのオイル交換 »

2012年6月19日 (火)

1kpで1時間

0619 攣ったところは局部的に痛みが残っているけれど、その御陰で?体全体はあまり疲れは無い様な気がする。
 でも脳みそに疲れが出ているのか、仕事でちょっとした小さなプログラムを作って小さな問題を処理しようと考えて居たのだけど、夜中までかかっても出来なかった。最初の基本方針が良くなかったような気がしている。

 脚を激しく使うことは避ける意味で、B&Gに行ってプルブイ主体で泳いできた。アップの後は50mを60秒サークルでグルグル。先生は50秒で戻ってきて1時間くらい続けろと言うけれど、そんなのは今の私には出来ない。
 続けられそうな強度で泳いでみると54秒で帰ってくるのが丁度よい感じだった。それでもキツクは無いけど5分くらいで嫌になってきて、なんとか耐えてみたけど25分が限界だった。
 あとは片手クロールとか軽めのドリルをやってお終い。その間ずっとプールは私の貸し切り状態だった。いつか潰れるかな・・・ここも。

 家には広島から嫁さんが貰ってきたお菓子類が沢山ある。運動量が少ないのに食べてしまうので何とか消費しないと行けない。と言うことで晩飯の後はエアロバイク。負荷はかけたくないので一番軽い負荷で1時間回してみた。
 うちのエアロバイクは定出力と定トルクの二つのモードが有るけど、マニュアルトレーニングだと定トルクになる。範囲は0-6.0kpまでで0.5kp刻み。回転数は40rpm-110rpmらしい。だいたい不満は無いけど0.5kp刻みが0.1kp刻みならもっと良い。
 前から疑問だったkpという単位について調べてみた。例によってネット上は玉石混合の混沌とした世界なので、他の資料とかも見ないと勘違いすることが多い。少し疑問が残っているけど今の時点で一番それっぽいと思えるのは以下の通りだと思う。

 1kpは力の単位で、重力単位系で私が知っている1kgfとか1kg重の別名である。キロポンドと読むらしい。どうしてポンドとか紛らわしい名前にしたのかは解らない。基本的に重力単位系とか美しく無いので嫌いだ。キロは1000倍の意味なので拘れば小文字で書くべき。

 kpだけでは力なので回転数をかけても仕事やら仕事率には成らない。この部分にはペダル1回転で6m進むと言うコンビ暗黙のギヤ比が有るらしい。

 機構的な物を要約すれば、競輪選手がペダル1回転で6m進むギヤ比を持ち、全くロスの発生しない自転車の後にタイヤを引いて練習していると考えたら良い。そしてそのタイヤの発生する水平方向の抵抗を、Nではなくて重力単位系で考え、さらに呼び方をkgfでは無くてkpと呼んでいる。

 これからエアロバイクが吸収しているパワーP(W)を負荷F(kp)ペダル回転数N(rpm)から算出するには、P=Fx9.81x6xN/60=0.981xFxNとなる。運動中のバカ頭用に0.981≒1と考えれば、出力は負荷のkpの値に回転数を掛けたら良いと考えて置いても大きな間違いには成らない。

 実際もだいたい合っている。0.5kp設定で80rpmで漕いでいると、出力の値は40Wを示している。
 仮に最大負荷の6kpで100rpmを回した場合を想定すると600Wに成ってしまうわけだけど、この機械は最大の計算とか表示が300Wまでなので300W以上は何ワットなのか解らない。感覚的には300W以上もリニアに増えている感覚は有るけど。

スイム 2.0km
バイク 28km

|

« はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン2012・・・長い | トップページ | ユンボのオイル交換 »

コメント

つくばではいい機器がいろいろ使えて天国でした。

参考までに、2007年のVO2Maxが420W
hawaiikona.cc/log/archives/2007/07/718-1.html

瞬発系とか
hawaiikona.cc/log/archives/2007/05/522-1.html

おもしろかったです。

投稿: 鬼 | 2012年6月20日 (水) 11時15分

 何回振り返っても良く解らん経歴の人ですが・・・(笑)。
 羨ましいですね。出力側の定量的な評価だけじゃなくて、人体側も測定できるとか。
 無酸素領域までやるならパワーマックス必要ですね。私は400Wの75XLで行けそうですが。

投稿: みつやす | 2012年6月20日 (水) 12時25分

SI単位系が、かわってますよネ~。
rpm
kgf・・・って昭和時代の話。
平成?になって単位が変わってます。

引越しした性もあり、昭和時代の物は、
もう使ってないカモです。

頭の中だけでしょうか・・・・。w

投稿: そクラテす | 2012年6月20日 (水) 17時09分

 全部SIでやってくれると美しくて楽なんですけどね。直線運動だろうが、円運動だろうが、仕事(仕事率)=力x距離(速度)、仕事(仕事率)=トルクx角度(角速度)、でお終いですし。

 私が高校の時の物理はSIでした。単位という物の美しさに感動しました。でも大学の材力の先生が重力単位系の人で凄い違和感だったのを覚えています。実務系では今でもGD^2とか使う人が居ますね。

投稿: みつやす | 2012年6月20日 (水) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン2012・・・長い | トップページ | ユンボのオイル交換 »