« パイプレンチは赤が基本 | トップページ | 600mmができた »

2012年4月23日 (月)

角が2個ある理由

04231 今日の内容は、180度クランクのツインエンジンの点火系で悩んだ経験が有り、一昨日のオシロの画面の続きとして見てもらわないと解りにくい話だったりする。あつしさんが寝られなく成るかも(笑)。
 1気筒分のピックアップ波形と点火コイルのイグナイタ側波形はこんな感じになる。カム軸で600rpmくらいなのでクランク軸なら1200rpmのアイドリングと言ったところ。
04232  次の画面は少し進角が進んだ時で、ピックアップ波形だけ倍率を拡大してある。そうすると急峻なピークの立ち上がりの前に、少しなだらかな丘のような部分が見えてくる。
 もう一つ気になるのはその前のマイナス側の小さな負の方向への山。山と言うよりも海溝とでも言った方が良いか?
04233  次は進角が最大近くまで進んだ時の画面。1回ごとに前後にずれているのが気になるけど、これは後で述べるようにピックアップ系の機械的誤差の為と思われる。
 急峻な立ち上がりの前の丘の高さがずいぶん高くなっていて、その部分に反応してコイル通電のオフ、すなわち点火が行われている事が解ってくる。
 点火のタイミングに関しては、コンパレータで単純に電圧の大小を比較して行われている様に思える。
04234  じゃあ、その元ネタの波形はどうやって作っているのか?としばらく悩んでいたら、ふとこういう配置に気がついた。
 基本はNo.1気筒のピックアップ電圧。それにNo.2気筒のピックアップ電圧を反転させて重ねてみると・・・倍率を調整したら何となくそれっぽい波形になりそう。
 測定点はピックアップの出口なので、イグナイタ内部のコンパレータ入力地点では少し違って滑らかな波形に成っているんじゃ無いかと思われる。
 とりあえずこの方式で低速から中速までに急速に進角し、その後は一定で変化しない波形が出来そうではある。

 ここまで来て必要のない捨て火の部分が見えてきた。最初はクランク軸検出だったのかどうかは解らないけれど、少なくともこの回路構成では常に90度ずれた「相手気筒」のピックアップ波形が必要になる。
 なかなか巧妙な仕組みで感心した。でも問題もある。上にも少し書いたけど、自分だけじゃなくて相手との関係で進角が決まるので、要求される全体の精度が高くなってしまう。
 これは自作のXS650用のフルトラでも同じような方式で回転数を読み取って居るので良く解る。自分がずれても相手がずれても自分の点火時期が狂ってしまう。
 だいぶ勉強に成った。学校の勉強で反転回路とか加算回路とか出てきてもやる気は出ないけど、こんな形で出てくるとワクワクする。

 筋肉痛が治らない。最近はいつも筋肉痛が2日間くらい続く。これが加齢と言うものか?笑っている場合じゃ無いけど、あせって無理したら逆効果に成ることくらいは解る。
 仕方ないから?きょうはひとりでに動くバイクに乗った。アメリカ人はモーターバイクと言うやつ。ボールネジ式のクラッチレリーズに交換してから、短い距離の試走しかしてなかったのを思い出して。
 天気がよいので風防を外して走り出した。天気がよいなら風防はない方が気持ちがよい。何となく雰囲気で自転車で行った小石原に行ってしまった。
 自転車で行くよりも遠い気がする。距離感が破壊されてきたようだ。

|

« パイプレンチは赤が基本 | トップページ | 600mmができた »

コメント

月曜日からハードな仕事でヘロヘロになって帰ってきたら、アタマがこんがらがりそうな宿題が待っていた気分です。
が、趣味のバイクの事となると気分はぜんぜん違いますね(笑)

3回、じっくり読み直して、ようやく分かったような気がしました(笑)

日立?デンソー?ヤマハ?の人は面白い事考えるなぁ〜と感心し、それを読み解くみつやすさんはすごいなぁ〜と。

RDも捨て火していますが、単にシリンダー内の残ガス清浄目的じゃなかったんですね。

投稿: あつし | 2012年4月24日 (火) 01時18分

 私が乗っていた初期のRDはクランク軸に2個ポイントが付いていて、各気筒の圧縮上死点のみで点火だったような記憶が有ります。
 捨て火有りのタイプはコイルを1個にしたかったのか、ピックアップを1個で「角」を2個という構成にしたかったんでしょうか?

投稿: みつやす | 2012年4月24日 (火) 08時31分

RDの最終型はマグネットローターでCDIになり、ローターに2個の突起があって、1個のピックアップで検知していますが、下死点でも火を飛ばしています(笑)

IGコイルが1個でハイテンションコードが2本出ているので勝手に火が飛んじゃうワケですが、単純にIGコイルを2個にしたくなかった?コストダウンのため?という微妙な感じです。

初期型RDのフレーム形状を継承しているのでIGコイルを2個置く事は可能でした。
そうすると、CDIの回路も2気筒分離点火の仕組みが必要になるからかも知れません。

###

東芝はサイリスタの生産をやめてしまいました。
まだ十分手に入るのですが、この先10年後とか20年後(←まで乗るつもり(笑))のコトを考えると、フルトラ点火に丸ごと換える方が良いのかなぁ?と悩んでいます(笑)

投稿: あつし | 2012年4月24日 (火) 09時59分

 なるほど、そういう構造に変更になっているんですね。コスト、小型軽量化、そのあたりが目的でしょうか。

 サイリスタは海外のメーカが数社有りますので大丈夫だと思います。
 マイコンとかその開発環境の方が先に無くなるような気がしていますので、私のXS650もディスクリートのフルトラに変更しておいた方が安心かも(笑)。

投稿: みつやす | 2012年4月24日 (火) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイプレンチは赤が基本 | トップページ | 600mmができた »