« 専用ケースだぜ | トップページ | プローブの補正はやっておきましょう »

2012年3月27日 (火)

箱の奥から変な物が

0327 割りと大きな箱で仕事の荷物が来た。インボイスみたいな明細が張り付けてあったので、ふーん、とか思いながら品物を少しずつ出していったら、一番下からこんな物が出てきた。
 ちなみに相手はオシロ屋さんじゃない。アッテネータがどうたらこうたら・・・と書いてある。うちもオシロ屋さんじゃ無いけど、どうしようか。
 全体を見るために引きずり出してみたら、プローブの線がACコードと一緒に裏面の4個の脚に巻き付けてあった。こんな収納は初めてみた。いや、これはいかんだろ。プローブの同軸の芯線はすっごく細いので、緩く巻いてプチプチの封筒に入れるくらいの気遣いが必要かと思いますわ、某社長さん(笑)。

 最近の常でフォームとか動きを意識して走った後は筋肉痛が酷い。ランとか自転車はできる気がしないのでプールへいった。とうぜん軽トラで。
 前半は抵抗の少ない姿勢を感じながら泳いだ。どうしてプルブイを付けたら楽に速く泳げて、キック有りにしたら遅くてキツくなるのだろう?そんなことを思いながら。
 後半は手の力を本当に抜いてしまって、腹の下だけとか最後のプッシュだけとか、力を入れた時と入れないときが明確に解るようなかきかたをしてみた。
 このくらい極端にやると鈍い私でも解る。当たり前だけど凄く速度の増減を感じる。スクリューとか外輪船みたいに連続じゃ無いのだから、当たり前と言えば当たり前かもしれない。
 この速度が増減している感覚は良いことなのだろうか?もっとスムーズに連続して進むべきなのだろうか?それとも力を意識する瞬間に加速するのが良いのだろうか?今度のレッスンで聞いてみよう。

スイム 3.5km

|

« 専用ケースだぜ | トップページ | プローブの補正はやっておきましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 専用ケースだぜ | トップページ | プローブの補正はやっておきましょう »