« 滑りから転がりへ | トップページ | 3種目目は木こり »

2012年2月18日 (土)

削りまくった

02181 M8用のTスロットナットの寸法で、ねじだけはM6の物が必要に成った。廃材を漁ってみると以前貰った18x12のキー材が出てきたのでそれから加工。保管が悪くてちょっと錆びているけど気にせずにそのまま。
 両側の肩をエンドミルで落として凸形状の断面にし、適当なピッチでΦ5の下穴を開け、M6のタップを立ててからバンドソーで切り分けた。最後にバリとか端面を軽く仕上げてお終い。
02182  こっちは例の中国娘に使う部品。図面を書いて発注しても良いのだけど、こういう作業も好きだし、ドリドリ君の実際の能力の検証にも成るので試作の一部は自分で作ったりする。
 寸法指定で買ったSS400の角材の一面をΦ80のフェースミルでガーッと削る。うちにある最大のバイスでも咥えられなかったので、口金を外してなんとか固定した。ちょっとインチキだ。

02183  エンドミルで段付き加工。ドリドリ君は大きめのヤツでも所詮ミニ工作機械なので能力は低い。だからこんな加工の時はバンドソーで1mmくらい予肉を残して切り取り、残した肉だけをエンドミルで削り取る。
 能力が高い機械であっても、只の角材に比べたら比較的時間が掛かる加工で有ることは確か。6面フライス加工の材料が2,000円で買えても、この手の加工を追加すると一気に7,000円とかに成るのも良く解る。
 そんな感覚を養う意味でも、設計者には自分で手を動かした経験が必要だと思うのだけど、広島で仕事をしていた会社では自分のスパナすら持たないと言う機械設計者が沢山いた。私が人事ならそんな学生は東大卒でも絶対に採用しないのだけど、自分の会社じゃ無いのだから要らぬ心配だ(笑)。

 今日はほぼ1日中作業場でゴリゴリやっていたし、夜は部落の会合が有ったのでトレーニングとしての運動は無し。

|

« 滑りから転がりへ | トップページ | 3種目目は木こり »

コメント

>自分のスパナすら持たないと言う機械設計者

アマ無線機メーカーの設計に知り合いが居ますが、
300/f の波長計算を知らず、半田付けさえまともにできず、
さらには4アマ...(^^;

かくいう私も、仕事で重厚長大な機械を毎日相手にしてた時は、
休みの日にバイクや車いじり一切やりたくなかったですねw

投稿: flhtc1340 | 2012年2月18日 (土) 23時23分

 仕事でやってしまうとオフの時は別のことをしたくなったりしますね。

 上手に出来なくても良いと思うのですが、学校の実習以外はその手の事に触れた事が無いままに設計の方面に進むのは、うーんと言う気分に成ってしまいます。
 福大の先生が「電子工学科の3年生が半田とはどういう物ですか?」と聞いてきて落胆したという話をしていましたが、ねじを弛めたことの無い機械工学科の学生も沢山居ることでしょうね。

投稿: みつやす | 2012年2月18日 (土) 23時59分

>ねじを弛めたことの無い機械工学科

某灯台卒で機械工学専攻してた子が、現場へ研修来た時に、
ナットやワッシャの表裏知りませんでした...
工具の使い方もほぼ知らなかったし、
小学生に教えるような気分になった事があります
今の学校って、ホント何教えてるんでしょうかね?w

投稿: flhtc1340 | 2012年2月19日 (日) 11時35分

 日常も拍車をかけているような気がします。電子・電機・機械、どんな物を見て高度に成りすぎて子供が弄ろうという気分には成らないでしょう。
 さらにゲームとかテレビではポイントやアイテムやスペックを獲得したらなんとか成るような流れが有るし。
 若者をものづくりの現場へと叫んでいるのはマスコミや評論家や政治家を志した人達だし。
 今は時代背景が不幸なのかも知れません。その手の分野にとって。

投稿: みつやす | 2012年2月19日 (日) 14時29分

X3型も在るんですね!羨ましいです。
machの4軸目(A軸)は挙動が怪しいので
Y軸変換で使っています。
今度は旋盤ですか?更に羨ましいです!!

投稿: riki | 2012年2月19日 (日) 18時45分

 はい、これは俗に言うX3タイプに成ります。輸入元によって詳細仕様は違ってきますが、カローラとスプリンターの違い程度です。
 ミニ機の範疇であれば、かなり変な設計がしてあっても大質量が正義を実感しますね。

 この関係、楽しいと言えば楽しいのですが、仕事なので胃が痛かったり妥協点に悩んだりで苦しみも多いです(笑)。

投稿: みつやす | 2012年2月19日 (日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滑りから転がりへ | トップページ | 3種目目は木こり »