« 電話が多い日 | トップページ | ジョン万次郎なら「ジューイン マシー」 »

2011年12月20日 (火)

薪ストーブと蚊取り線香

1220 薪ストーブの上の扇風機の位置を動かしたので、部屋の中の温風の流れにどんな変化が起こったか気になっている。それを何とか可視化しようと蚊取り線香を引っぱり出してきた。
 正確に言うと11月の暑い日に蚊が出て使った後、そのままで出したままのヤツをストーブの所に持ってきた。
 最初はストーブの吸気口の辺りとか、煙突の接続部とか、そう言うミクロ?的な流れを見てみた。まあ予想通りだったけど面白かった。
 次は扇風機を止めたり回したり首を振ったりと条件を変え、部屋全体の空気の流れを見てみた。煙は1mも行かないうちに消えてしまうので、あまり広範囲に見ることは出来ない。
 それでもだいぶ流れが解ってきたけど、当初の予想とは大きく違っていて面白いと言うかちょっと落胆した。扇風機は予想した流れを作ることは出来て居らず、変な方向にかき混ぜて居るだけだった。
 一番良くないのはストーブ周辺の上昇気流に逆らう方向に風を送ろうとしている事だろう。いっそのこと扇風機の向きを変えて、上空の暖気を下に吹き付ける方が良いのかも知れない。それって一般的なシーリングファンじゃ無いか?ハハハ。

 今日は1日中出たり入ったりの1日だった。なんとか今年中に外注仕事を終わって貰うために、色んな所を軽トラで回った。そして最後の発送が1個だけ集荷に間に合わなかったのでヤマトの営業所まで持っていった。
 ヤマトの営業所はプールに行く道の途中に有る。と言うことでプールの用意をしてヤマトに行き、そのままプールに直行した。サラリーマンなら「直退します」と言う所か。
 キックだけの呼吸のドリルに加えて、今日は手のかきの軌跡を意識してみた。臍の下をかく。最後まで押す。その時に前に延ばした手の指先を引っ張られるような感じ。
 何故なのか理由は解らないけれど、臍の下をかこうと思ったら体がグラグラして上手く行かない。どうしてだろう?体の真下の方が変なモーメントは発生しないはずなのに。手の角度とかで自分から変な分力を生み出しているのだろうか?

スイム 3.2km

|

« 電話が多い日 | トップページ | ジョン万次郎なら「ジューイン マシー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電話が多い日 | トップページ | ジョン万次郎なら「ジューイン マシー」 »