« 勝てんかもしれん | トップページ | 大きなものから小さなものまで »

2011年12月26日 (月)

ポート研磨に相当か?

1226 薪ストーブの煙突を1段延長してみた。今までは数年前に自作した2重煙突のままで、ストーブとの接続部を入れて5段だったと思う。それに1段を追加した。滅茶苦茶単純化すれば、煙突内の気体の浮力は2割程度増加することに成ると思う。
 材質は今までと同じでSUS430の0.3mm。厚みも薄いしSUS304とか316Lとかに比べたら耐蝕性も劣るとは思うけど、今までのが十分使えているのでそれと同じにしてみた。
 106mmと150mmの間に入れた断熱材はグラスウールと思われる建築用の安いヤツ。黄色い色が抜けて真っ白に成っているけど、こちらも現状で大きな問題は無いので同じ物。
 日暮れ前に作業した。そして夕食前にどのくらい使い勝手が変わっているか期待して着火。点火直後の引きが強い気がする。でもこれは精神的なものが大きいと思う。他のパラメータが多数有る条件下で、1つを20%変えたくらいではっきり解るとは思えん。少なくとも悪くは成ってないから失敗では無いと思う。
 シングルキャブのままでポート研磨をしてみました、的な作業かな?とか思った。

 今日は自転車。前にも書いたけどガシガシ漕ぐんじゃ無くて水泳のドリル的に考えながら漕いでみた。ちょっと用があったので峠の上の家に行って帰ってきて、残りの時間は家の坂を登ったり降りたり。
 水泳は先生がメニューを考えてくれたり指摘したりしてくれるけど、バイクには先生が居ない。と言うことは自分で悩んで試行錯誤するしかない。難しいとは思うけど、今の私のバイク力をアップするにはそれしか無いような気がして来た。
 根拠はプールの廻りのオッサン達。数年間見てきたけど、ただただ泳いでいるオッサン連中は速くなっていない。下り坂に有る我々の年代では単純な繰り返しだけでは速くならないのだと思う。かといって負荷をかけても超回復で強くなるとは限らないし、強度を見誤ると故障する。
 そうなるとメニューを工夫して、他のオッサン連中が気付いていないような、やらないような、放置しているような、そんな部分を弄っていくしか無かろう。
 強い人は若い頃に気付いたり、無意識のうちにやっているんだろうけど。

 晩飯の後でケーキが出てきた。アイスクリームのケーキだった。26日に成ったから半額だったらしい。定価ベースで考えてもかなり美味しかった。我が家は浄土真宗なのだから25日に拘る必要は無い。来年からクリスマスは26日にしよう。

バイク 8km

|

« 勝てんかもしれん | トップページ | 大きなものから小さなものまで »

コメント

はじめまして、いつも楽しみに拝見させて頂いております。
薪ストーブの話題、参考になります。
ところで、ロケットストーブなるものをご存知ですか?
薪の消費が1/5程度で
熱回収率が非常に素晴らしいみたいです。

投稿: goutou | 2011年12月27日 (火) 05時22分

 こんにちは、みつやすです。

 現物を見たことはないのですが、ネット上ではたまに登場するので興味を持って眺めています。
 環境的には製作・設置に適している気がするんですが、直ぐに暖かく成らない?所と、料理が出来ない所、炎が見えない所、その辺りが気になって実際に手を出すまでには至ってません。
 使っている人が居たら見に行きたいです。

投稿: みつやす | 2011年12月27日 (火) 08時05分

お返事ありがとうございます(^^)
私も実物を見てみたいです
みつやすさん宅の敷地の環境は確かに適しているかもしれませんね、羨ましいです。
室内に製作している方も居るようで、
Youtubeにも最近たくさんアップされてきています

投稿: goutou | 2011年12月27日 (火) 10時30分

*プールサイドのオツサンの一人です。単純な繰り返しだけでは、確かに旨くならないですね。私の場合は、卓球なんですが、向上心、探究心がないと人より旨くはならないようで。もっと激しくは、「何くそ!」とか、負けたら、「復讐するは我にあり」とか、血相を変えるぐらいの覇気が必要かと。でも年齢相応にとの言葉もありますので、ぼちぼち一歩一歩でしょうかね?!

投稿: ラ・モート | 2011年12月27日 (火) 18時13分

 そんな感じですよね。方向性とか内容に関してはよく考えて、練習を継続するには強い心で。

 「バカは強く成らん」と言うのを実感します。ついつい単に必死なだけの動作を繰り返してしまいます。そして歳を取ってきてその傾向が強くなったような気もします(笑)。

投稿: みつやす | 2011年12月27日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝てんかもしれん | トップページ | 大きなものから小さなものまで »