« エリサ様 | トップページ | 溶加棒は半田もしやすい »

2011年8月21日 (日)

サーメットのろう付け

08211 少し前からやっていたのだけど、なかなか思うような結果が出なかった作業の一つ。サーメットチップをシャンクにろう付けしてバイトを作ること。
 今作っているのは刃先高さが10mmとか8mmの小さいヤツという事も有りそうだけど、被接合材の熱容量が小さいためにろうを挿したら温度が下がるようで上手に溶け込んで行かなかった。
 そこで色々と工夫してみて、線の銀ろうをハンマーで叩いて平らなきしめん状にして、それの両面にフラックスを塗ってシャンクとサーメットチップの間に鋏んでおくことにした。その状態でちょっと遠くをバーナーで炙っていくと、全体が適温に成ったときに銀ろうが綺麗に流れて隙間を接合してくれた。
 写真の向かって右側は廃材の超硬チップを使ったバイトで削った部分で、左側が同じく廃材のサーメットチップを使ったバイトで削った部分。
 サーメットの方が明らかに光沢がある。表面荒さとか円筒度とかは解らないけれど、そのあたりに大差ないならサーメットの方が加工後の見栄えが良い。
08212  こちらは別の小さな旋盤での試験切削。グルグル0号というか嫁さんによるとプチグル君に成る予定の機械。
 こちらでもハイスや超硬に比べて見た目の仕上がり具合がよい。それと油をささなくても適当に削れてくれる所も有りがたい。ハイスではそう言う訳にはいかないし。

 朝から雨が酷くて練習会は中止になった。気温も低いので自主トレで外に出ようという気にも成りにくい雰囲気。適当に仕事をしたりガレージの片付けをしたりした。
 16:00頃になって一息ついた。天気は相変わらず悪いので泳ぎに行くことにした。B&Gは丁度休憩の時間帯なので、ちょっと割高だけど飯塚のプールへ。
 久し振りにこっちで泳いだ。緑地の50mほどの新鮮さは無い。ここではパドルは使えないのでプルの練習はプルブイだけでやった。
 手の掻き始め。キャッチというのかその前の段階なのか良く解らないけれど、ちょっと思うところが有ってその部分を注意しながら泳いだ。

スイム 3.1km

|

« エリサ様 | トップページ | 溶加棒は半田もしやすい »

コメント

昨日ドシャ降りの中カヌーの大会に行ってきた
600メートルの下りだったけど優勝できた
ただ商品が梨と日本酒だったのは理解出来ん
小学生に酒あげても喜ばんわっ

投稿: 越前会長 | 2011年8月22日 (月) 07時40分

 AKBに落ちたから、後はカヌーで国体からオリンピックでも期待するしかないな。
 梨の酒蒸しでも作れっちゅう事やろう(笑)。

投稿: みつやす | 2011年8月22日 (月) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリサ様 | トップページ | 溶加棒は半田もしやすい »